ブランド品を買うのが楽しいフランス旅行

ファッションブランドの宝庫

フランス旅行

フランス旅行

フランスと言えば、日本の観光客が行ってみたい国の一つでしょう。特に、女性が観光客の大半を占めています。その理由は、やはりファッションブランドのブランド品を買うためでしょう。
フランスは、ファッションブランドの宝庫と言えるでしょう。非常に多くの有名ブランドが並んでいます。代表的なものには、ルイヴィトン、エルメス、カルティエ、シャネルなどがあります。
これらのファッションブランドは日本を始め、世界的に有名です。このブランド品を買うために、多くの日本人観光客がフランスに訪れています。

ブランド品のバッグや洋服、アクセサリーなどを現地で買えるのは、大きな楽しみです。自分のためのショッピングはもちろんの事、友人や知人からも「あのバッグを買ってきて~~」なんて言われている事でしょう。
現地の観光も、もちろん楽しいと思います。ですがフランスと聞いたらブランド品というイメージが強いです。なのでどうしても、買い物が注目されてしまうようです。
なお、現地で購入した商品は、日本まで持ち帰る事になります。そうする際、守るべき注意事項があると思います。念のため、気をつけましょう。

現地でブランド品を購入するメリット

フランスを始めとするブランド品を購入できる外国に行った際、現地でブランド品を買って日本に持ち帰って来る人が多い、と聞きます。海外の現地でブランド品を購入するメリットには、どんな事があるでしょうか。

まずは、日本では販売されていないモデルを買えるというメリットがあります。現地で日本未発売のモデルを買えるなら、買っておきたいと思うのが自然な気持ちでしょう。
あと、現地で買うほうが安く買えるという点もメリットと言えます。日本と同じ商品が、現地だと安く買えたりします。同じ商品なら、安いほうが良いです。
その他、海外旅行の思い出の品として、「現地で商品を購入したいという気持ち」もあるでしょう。やはり形ある物で思い出を残したいからです。

ブランド品が「お金持ちである」というメッセージに?

もしもフランスに旅行する際、ちょっと覚えておきたい事があります。それはフランスの現地で、日本人の観光客が多数のブランド品を身に付けて歩く事が、「私はお金持ちです」というメッセージになってしまうという事です。

日本では、例え高校生がヴィトンを持っていても特に問題ないという感じかもしれません。しかしフランスの方たちから見れば、違和感があるようです。海外の現地でブランド品を持ち歩く事は、現地の人から見ると「ちょっとおかしい」と思われてしまう場合があるようです。
もしかしたら「お金持ちである」というメッセージは、盗難などの危険な目に遭う確率を上げてしまうかもしれません。現地の治安状況に対して、気をつけてください。

趣味
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム