布団の寿命を延ばす「打ち直し」

布団の寿命を延ばす方法

長い間愛用してきた布団が「もう寿命かも?」と感じる時がある、と思います。ふんわりしたボリューム感がなくなった感じがする場合や、布団の中に入っていても以前より温かくないと感じた場合などです。そんな「くたびれた感じ」のする布団は、寿命が近づいていると言えるでしょう。

布団の掃除布団は適切に「手入れ」を行なう事で、長く使えます。数十年に渡って使い続ける事も可能と言われています。「布団の手入れ」と言ったら、乾燥させる事ホコリを取る事などがあります。定期的にそうしましょう。

「顔」や「首回り」から出る汗が布団に染み込み、布団が汚れてしまう事も多いと聞きます。なので、布団カバーを掛けておきましょう。カバーについては、適切に洗濯してください。

生地の補修

ついうっかり何かの拍子に布団の生地を傷つけてしまったら、そのまま放っておかず、すぐに補修したいです。傷ついた部分から中身が飛び出してきたり、そこからダニなどが内部に侵入したりするからです。
破れているという見た目の「かっこ悪さ」だけなら、我慢できる人もいるかもしれません。ですが、破れた所からダニが侵入してくると聞いたら、そんな布団を着て眠りたくないと思う人は多いでしょう。

補修の「やり方」で最も良いのは、「生地そのもの」を丸ごと取り換えるという方法です。専門店に依頼して、きちんと修理をしてもらう事が一番良いと思います。

あとは市販の補修シートを使って補修したり、思い切って買い替えるという選択もあるでしょう。買い替えるのは、もったいない気もします。だけど布団が結構古くなっているなら、引き取ってもらって新しい物を買っても良いでしょう。近年では、宅配を利用した布団の引き取りサービスもある、と聞きます。そのようなサービスを利用しても良いと思います。

クリーニング

その他の「布団の寿命を延ばす方法」として、「クリーニング」や「打ち直し」という方法があります。

布団の内部が汚れてしまったら、洗濯する事になります。専門店に依頼して、クリーニング(丸洗い)をしてもらいましょう。
実際にクリーニングをすると、「汚れ」を落として、ボリューム感を復元できる場合があります。ただしクリーニングをしてもあんまりボリューム感が戻らないなら、打ち直しする事を検討してください。

打ち直し

布団をまるで新品みたいにリフレッシュさせたいと願うなら、打ち直しする事になります。「布団の打ち直し」については、布団の専門店に依頼する事になります。専門店なら、布団をしっかりと再生できます。
「打ち直し」について簡単に言うと、布団の中の綿(または羽毛など)を取り出して洗浄して、改めて布団の生地に詰め替える事を言います。打ち直す事で、布団の寿命を延ばす事ができます。

なお近年では一昔前と比べて、布団の価格は安くなってきたと思います。例えば通販では、激安価格で販売されていたりします。昔の人たちは、「布団の打ち直し」をして長持ちさせてきました。ですが現代では、買い替える事が多いようです。

しかしそんな現代でも、「布団の打ち直し」を行なって、末永く使っている人がいると聞きます。古くなったから捨てて新しい物を買うという方にも、今一度、打ち直しして使い続けるという選択肢を検討してほしいです。
良心的な「お店」なら新品の布団を買うよりも、お安く打ち直ししてくれると聞きました。ぜひ一度、地元の布団専門店に問い合わせてみましょう。

くたびれた布団では、やはり快眠できない場合が多いようです。良質な睡眠を得るには、良質な布団が求められます。
ここで紹介したような「布団の手入れ」を行なう事で、布団を良い状態のままで数十年に渡って使える、と思います。



タイトルとURLをコピーしました