部屋のニオイを消せる「キャンドルの消臭効果」

キャンドルの炎で「香り」を満たす方法

部屋の中を、お気に入りの「石鹸の匂い」や「コロンの香り」で満たす方法があります。それは、キャンドルを使う方法です。ほのかに香らせることができます。

石鹸を使う場合は、カッターナイフなどで削って器に入れます。この器をキャンドルホルダーの横に置きます。そうするとキャンドルの炎によって、石鹸の入った器が温められます。よって「石鹸の匂い」が、ほのかに香ります。

コロンの場合は、部屋に少量をスプレーします。このままでは、「匂い」はきついでしょう。なのでキャンドルを灯します。そうすることにより、「匂い」を和らげることができます。

キャンドルの消臭効果

クリスマスの時などに使われるキャンドルには消臭効果がある、と言われています。「キャンドルそのもの」の香りによる消臭や、火を灯すことによる消臭効果を期待できます。

例えばキャンドルを削ってパウダー状にした、パウダーキャンドルを香り袋に入れます。そして、洋服と一緒に「引き出し」に収納すれば、洋服が「ほのかに香る」ようになります。

キャンドル

キャンドルには、「香り」が付いている物もあれば付いていない物もあります。あまり「香り」がないキャンドルでも、火を灯すとある程度の消臭作用があるようです。

様々な食材を取り扱うキッチンで、キャンドルを灯している場面を見た事があります。そして、キャンドルに火をともしながら料理している方がいる、と聞いたことがあります。
これは、「臭い消し」の効果を期待しているのかもしれません。

このようにキャンドルは、消臭目的でキッチンや玄関の靴箱、部屋の消臭に使えます。
例えば玄関は、靴の「くさいニオイ」が溜まる場所と言えます。玄関は、家族以外の人も訪れる場所です。なので、ぜひ消臭しておきたい場所です。
パウダーキャンドルの香り袋を玄関の靴箱に収納したら、クサいニオイを軽減できるでしょう。

ニオイを出さない「火の消し方」

ただし「ろうそくの火」を消した際、嫌なニオイが出てしまう場合があります。例えばキャンドルの炎に向けて息を吹きかけて消すと、必ずと言って良いほど嫌なニオイが出ます。
ニオイの原因は、白く気化したロウです。「臭い消し」のために「ろうそく」に火を灯していたのに、消火の際に嫌なニオイが出てしまうのは、ちょっとがっかりします。

実は、なるべくニオイを出さない消火の仕方があります。それは、「キャンドル火消し」という道具を使って、火を消す「やり方」です。この道具を使えば、嫌なニオイを軽減できます。

また、太いキャンドルの場合では、ピンセットを使ってキャンドルの芯を溶けたロウの中に倒し込む「やり方」があります。こうすると嫌なニオイを軽減できます。
なお、倒した芯は、元通りに戻してください。倒し込んだままでは、次回に火をつける際、困るからです。

【まとめ記事】嫌なニオイを何とかしたい、部屋の消臭対策

家に住んでいると、その家には必ずニオイがあります。 食べ物の匂いや、ゴミのニオイがします。トイレやペットのニオイもあります。 部屋のニオイが気になるなら、消臭…