夏の季節は注意、キャンドルの保管場所

なるべく品質を保ちつつ、キャンドルを保管できる場所を知りたいです。

キャンドルの保管場所は、涼しい場所が良いです。

涼しい場所で保管したら、キャンドルが高温で溶けることを防げます。

涼しい場所で保管

キャンドルの保管については、日本ならではの問題点があります。

日本は特に夏の季節、高温多湿だからです。
キャンドルは高温で保管すると溶けてしまいます。

よってキャンドルの保管場所は、涼しい場所を選ぶことになります。
夏の季節では、特に涼しい場所を選びます。

なお、キャンドルの保管では、底が水平な容器を使うと良いです。
真っ直ぐなキャンドルを、その容器の中に倒して保管しておきます。

念のために、容器の中に乾燥剤を入れておくと、キャンドルを良い状態のままで保管できます。

未使用キャンドルを保管

キャンドル

キャンドルを購入する場合、セット品を購入することが多いと思います。
バラ売りされている1本だけを購入する事は、あまりないでしょう。

そしてアロマやヒーリングでキャンドルを使う場合も、一度に何本も使う場面は少ないです。

以上より、未使用のキャンドルをしばらくの間「保管する」ことになります。

そして保管する際は、やはり涼しい場所で保管することになります。