高校受験の地理対策

日本地図高校受験の地理では、まずは「日本から覚えていく勉強方法」が有効です。
もちろん、世界地図をしっかり覚える必要があります。でも最初に、自分たちが住んでいる日本から覚えてゆくほうが、より有効な方法と言えます。

歴史は暗記学習と言われていますが、地理も同様に、その勉強方法は暗記学習となります。
国の名前や首都、県庁所在地、地形の名前など、覚えれば覚えるだけ高得点を狙えます。なので、勉強の方針を立てやすいと言えます。

なお、高校受験の地理で最初に覚えておきたいのは、都道府県の位置と県庁所在地です。その後、世界全体の国名と首都を覚えて、地域ごとの地形などを覚えていくと良いでしょう。

地理には、自分の生活に密着している所と、全く密着していない所があります。なぜなら、普段「○○県」などと聞いても、実際その県がどこにあるか?という事は、話題になりにくいからです。
自分が住んでいる都道府県の近くなら、位置関係がわかるでしょう。しかし遠くだと、よく知らないでしょう。さらに世界になると、もっと知らないでしょう。

最初は知らない場所だらけだと思います。ですが、しっかりとテストの点数を取るためにも、地理で覚えておくべき場所を把握しておきましょう。

高校受験の地理は、比較的点数が固まりやすい分野です。ここい言う「固まりやすい」とは、特別に高い点数や低い点数が少ないという事です。
点数の「ばらつき」が少なくて、受験生の多くが60点から80点の範囲に収まるといった感じです。その点数の集団から一歩抜け出す事、例えば90点を取ると、高校受験の合格に繋がります。

※この記事は2008年当時の記事になります。