素敵なプレゼント品の一つ・香水

プレゼント品の一つ・香水

プレゼント品の一つとして、香水があります。バレンタインデーなどの機会に「香水をプレゼントしてみたい」と思っている人がいる、と思います。
香水のプレゼントは、日本ではそれほど一般的ではありません。しかしヨーロッパでは、親しい人への贈り物として広く定着しています。
女性なら、自分が選んだ香水を彼が付けてくれたら、やっぱり嬉しいでしょう。相手が香水を使っていない場合でも、ほんのり香るセンスの良い香水なら「きっと喜んでもらえる」と思います。

香水のボトルに対して、自分のメッセージを刻むこともできたりします。オリジナルなメッセージ入りなら、特別な一品になるでしょう。香水を使い終えても、ボトルをインテリアとしてディスプレイできます。
ちなみにボトルは、記念品などの贈り物として利用されることがあります。例えばウイスキーが好きな方に対して、ウイスキーボトルに「お祝いのメッセージ」を彫刻して贈ったりするそうです。ボトルは、とても喜ばれる贈り物と言えるでしょう。

男性が欲しくないプレゼントの一つ・香水?

「男性が欲しくないプレゼントランキング」という「ある調査」では、香水が選ばれていました。香水を愛用している人にとっては、ちょっと意外な結果かもしれません。

相手の男性が普段から付けている香水を知っているなら、それをプレゼントすることは問題ないと思います。しかし香水を付けない人に贈る場合は、慎重になったほうが良いかもしれません。先程のランキング調査を考慮すると、男性に香水をプレゼントすることは、ちょっと難しい事だと思います。

ちなみに欲しくないプレゼントのランキングに、下着も入っていたそうです。下着については、好みがあります。トランクス派やブリーフ派を始め、生地や素材への「好き嫌い」があるでしょう。

あと、これは香水に対しても言えることかもしれませんが、それほど親しくない女性から下着をプレゼントされと、「なんで?なぜ?という気持ち」がするでしょう。贈り物については、やはり慎重に選びましょう。

女性なら、きっともらって嬉しい香水

今のところ彼女と仲が良いけれど、もっと仲良くなりたい。そんな時はプレゼントが良いでしょう。特に女性の方は、好きな男性から香水のプレゼントをもらえたら、とても嬉しいと思います。

ただし「香水選び」は、結構難しいです。驚かせたい、サプライズを演出したいと男性の方は思うかもしれませんが、失敗した時のリスクは大きいです。事前に欲しい香水を彼女に聞いておくほうが、無難だと思います。

記念日の贈り物・香水

香水は、幅広い年代の女性から高い支持を得ている商品です。なので、彼女に誕生日プレゼントを贈る場合、香水を贈っても良いでしょう。とても仲の良い女友達に贈る誕生日プレゼントとしても、香水なら問題ないでしょう。

女性に対して需要のある物ということで、プレゼントの選択肢の中ではインテリア雑貨と同じくらい汎用性がある商品と言えます。

男性に香水を贈るのも良いでしょう。例えばバレンタインデーなどの機会で、親密な交際をしている彼へのプレゼントとして、香水は良い贈り物です。

日本では香水をプレゼントすることは、それほど一般的ではありません、でもヨーロッパではクリスマスやバレンタインデー、誕生日などの大切な記念日に、香水をプレゼントすることが一般的となっています。

なお、香水を購入する際は、実際に「香り」を確かめてから購入するようにしましょう。例えば百貨店の香水売り場などに行くと、香水が置いてあると思います。一度、「香り」を嗅いでみましょう。

ホワイトデー

ホワイトデーのプレゼントでは、ランキングなどを見ると「アクセサリー」や「お菓子」などが上位に入っているようです。その他のプレゼントとして香水も良いと思います。

香水は「その香り」だけでなくて、名前やボトルの形などにもコンセプトがあります。ホワイトデーに贈る相手にピッタリな香水を、選びましょう。自分の想い(メッセージ)を伝えられる、と思います。
また、店によっては、香水のボトルに名前、メッセージなどを刻んでくれるサービスがあるそうです。このような香水は、特別な日のプレゼントに「とてもふさわしい」と思います。

ホワイトデーのような大切な日に、ぜひ素敵な香水や花を贈りましょう。最近では、男性がホワイトデーの贈り物として、女性に男性用の香水をプレゼントしたりする事例も見られると聞きます。
女性が、男性用の香水を使ったりする場合もよくあるそうです。なので男性用の香水でも、特に問題ないそうです。
その逆もあるそうです。女性が男性に対して、女性用の香水を贈ることもあります。

香水をプレゼントする際は、バラの花も一緒に贈ると喜ばれるでしょう。バラの花言葉で、一般的に知られているものは、「愛」や「恋」です。好きな女性に贈る花としては、最適な花と言えます。

クリスマス

香水

香水ボトルのイメージ画像

香水は「香り」だけでなくて、ボトルのデザイン性が良いから飾るのも綺麗です。クリスマスのプレゼントに香水を贈るのは、とても素敵だと思います。

クリスマス限定品の香水は、特に印象的なデザインで作られています。

例えば2006年の冬に、ディオールから発売されたクリスマス限定のミッドナイトチャームは、人気の商品となりました。
銀色のボトルは巻貝のような形であり、所々に丸いガラス窓が開いていました。その窓から、中の紫色の香水が見える仕組みになっています。
まるでクリスマスの夜空に輝く星たちを、イメージしたようなデザインです。
「その香り」も、冬の夜の華といった感じに仕上げてあります。

また、エスティローダーからは、クリスマス限定の練り香水が発売されました。生産数がとても少なくて、手に入れることは困難ということでした。
入れ物がまるでオブジェのようで、ハープや蝶、蓄音機、盆栽などをデザインした物でした。どれもキラキラしていて、眺めるだけで幸せな気分になれそうです。

もしも彼女が香水を苦手でないなら、飾りのオブジェとしても素敵なクリスマス限定の香水を、プレゼントしましょう。

プレゼント品の香水選び

「香水選び」は、なかなか難しいものです。相手の雰囲気に合った香水を探していて、わからない時は、店員さんに協力してもらいましょう。
プレゼントする相手のイメージを、店員さんに伝えてみましょう。香水選びのプロなら、何種類か選んでくれるはずです。その中から「気に入った香り」を選べば、おそらく間違いはないでしょう。

あと、小物のアクセサリーも、一緒に贈っても良いかもしれません。ユニセックスなデザインの物なら、男女どちらでも使えます。相手とお揃いのアクセサリーとなります。ちょっと素敵です。

プレゼント用の香水を選ぶ際、時間に余裕があるなら、「気になる香り」をいくつか選んでサンプルをもらうと良いです。
「色々な香り」がただよう店内よりも、家でゆっくりと「香り」を試してみたほうが、「贈る相手に合った香り」を見つけやすいでしょう。

バラの花も添えて贈りましょう

香水と一緒にバラの花をプレゼントすると、もっと喜ばれるかもしれません。やはり物品だけでは、味気ないかもしれません。プレゼントする際、物だけを贈るよりもバラの花も添えて贈るほうが、印象を「より良くできる場合」があります。

バラの花は結婚式のような祝福の場でも用いられる花です。結婚式場のテーブルを華やかに飾りたい時や、結婚指輪を保管しておくリングピローにも、バラの花が使われていたりします。何かをプレゼントする際も、バラの花を添えることで「より一層気持ちが伝わる」でしょう。

一般的に女性は、小物よりも大きな物をもらうと嬉しいそうです。よって花束を贈る場合、大きめの花束を贈ると良いでしょう。両手一杯の花束は、「嬉しさ」をアップさせるようです。
余談になりますが、小物を喜ぶ女性は、大人と言いますか精神年齢が高いそうです。「子供っぽさ」を感じられない「お姉さんタイプの女性」には、小さな物をプレゼントすると良いかもしれません。

カップルフレグランス

相手に贈る香水だけでなくて、自分用にも香水が欲しいと考えている人は、カップルフレグランスを検討しましょう。
カップルフレグランスとは、香りは別々ですが、香水の名前と発売日が同じ香水のことです。カップルで付ける事が前提となっている香水です。

カップルフレグランスなら、「お互いの香り」を引き立てたり、「一体感のある香り」になったりという効果があります。これなら、デートの時にもピッタリです。
カップルフレグランスの定番と言えば、カルバンクラインです。その他にも、色んなカップルフレグランスがあります。探してみましょう。クリスマスや誕生日などの二人の記念日に、一緒に「素敵な香り」を付けてみましょう。お互いの距離が「もっと近づく」と思います。

プレゼントに香水を贈りましょう

プレゼント用の香水

近年では香水の楽しみ方にも、色んな楽しみ方が登場しているようです。

一般的には、香水は男性用と女性用の物に分かれています。しかし最近では、男女の区別なく香水を楽しんでいる方も多いと聞きます。女性が男性用の香水をつけたり、男性が女性用の香水をつけたりという事も珍しくないそうです。特にカップルにおいては、同じ香水をつけている事もあるそうです。

その他の楽しみ方には、香水の瓶をインテリアとして飾って楽しむという方法もあるようです。特に若い女性の間では、可愛くてデザイン性の高い香水の瓶を部屋の中に飾っている人がいる、と聞きました。香水を買う際、瓶のデザインが良い事も重要視されているようです。
以上のように、香水は楽しめる物と言えるので、贈り物に向いている物だと思いました。

「自分が好きな香り」である事

人気の香水だからという理由だけでプレゼントすると、がっかりさせてしまう事もあります。前提としては、自分が「気に入った香り」である事です。
香水を贈る場合は、必ず試嗅(しきゅう)をしましょう。プレゼントすることは、自分のセンスを示すことでもあります。可能なら香水の販売店舗に行って、実際に「香り」を確かめておくと安心です。

ただし「香水の香り」については、やはり人それぞれ「好みの香り」があります。よって香水をプレゼントする際は、相手の「香りの好き嫌い」を知っておくと良いです。そして、相手の「好きな香り」を選んで、プレゼントしてください。その際も試嗅して、「香り」を確認しておきましょう。

なお、香水を始めとする「香り」は、さりげなく香るほうが良いと言われています。キツいニオイは、かえってイメージダウンとなってしまうからです。
香水をプレゼントする際に、「さりげなく香るように使ってください」と伝えておくと良いでしょう。

お試しでプレゼント

女性の中には、「彼に香水をプレゼントしてみたいけれど、彼は香水なんて付けないから……」と考えている方が多い、と思います。
そんな時は「試しにプレゼントしてみる」といった雰囲気で、贈ってみましょう。
それで、彼が「香水の良さ」をわかってくれたら嬉しく思えるでしょう。彼も香水が香るたびに、あなたのことを思い出して嬉しく思うはずです。

ちなみに香水の購入方法には、通信販売という方法があります。通販では、価格の安い物が見つかると思います。
ただし通販では、試嗅をできません。商品の説明文を読むことで、ある程度「香りの事」がわかるかもしれません。だけど確実とは言えないです。その点に注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました