女の子を産み分けるためのピンクゼリー

「産み分け」で大事な「排卵日の特定」

排卵検査キット

「女の子の産み分け」を考えている場合、排卵日を特定することが大事と言えます。
その際に便利な検査キットとして、市販の排卵検査キットがあります。排卵検査キットはネット通販やドラッグストアなどで購入できます。

この検査キットを用いた検査の仕方ですが、尿を検査シートにつけて、2秒から3秒待って取り出します。その後、検査シートの対象線と検査線を確認します。
正確な検査方法は、それぞれの排卵検査キットの説明書で確認していただきたいのですが、説明書に書いてある通りにチェックすれば、排卵の時期がわかると思います。

検査キットにおいて陽性反応が出たら、24時間から48時間以内に排卵が起こることを示しています。つまり「この検査結果」を参考にすれば、陽性を示した日に性交をすると妊娠しやすいと予想できます。

基礎体温の測定

「産み分け」を試みる際、毎日基礎体温を測って、排卵を推測することも重要と言えます。
基礎体温を測る「大切さ」は、「産み分け」や「妊娠」のためだけではありません。基礎体温を測ることは、自分の健康を管理したり婦人病に気づく「きっかけ」になったりと、とても大切なことと言えます。

確かに大切なことなのですが、毎日欠かさず測ることはちょっと大変です。そんな時、自動的にデータを記録してくれる婦人体温計を使うと便利でしょう。

女の子を妊娠するためのピンクゼリー

女の子女の子を妊娠したい場合、有効な手段の一つとしてピンクゼリーを使う方法があります。ピンクゼリーはイギリスで開発された、女の子を妊娠したい場合に使うゼリーです。

性交前にピンクゼリーを使用することによって、子宮頸管や膣の中が酸性の状態になります。
女の子を作るX精子にとって有利な状態になり、よって女の子が生まれやすくなるとされています。

使い方

ピンクゼリーの使い方については、産婦人科によって指導の内容が少し違うようです。

一般的には、排卵日の2日ほど前に使用します。
排卵日の2日前に使用する理由は、女の子を妊娠しやすい時期にセックスをすることで、より効果的に女の子を産み分けるためです。

  1. ピンクゼリーを使用する際は、まずは注射器にピンクゼリーを5mlから7mlほど取ります。
    ピンクゼリーが固まっている場合があります。なのでコップに熱湯を入れて、ゼリーを容器ごと3分から4分つけて溶かしてください。
  2. ピンクゼリーの温度を確かめた後、なるべく膣の奥のほうに注入します。
  3. それから注入したゼリーが戻ってこないように、高い位置に腰を上げます。5分ほど、腰を上げたまま待ちましょう。
  4. 約5分ほど経過したら、その後性交をしてください。

確率

なお、ピンクゼリーを使用して「産み分け」が成功する確率は、約80%くらいと言われています。

入手先

ピンクゼリーは、「SS(Sex Selection)研究会」に加盟している産婦人科で入手すると良いでしょう。
また、産婦人科が通信販売を行なっている場合があります。その通販を利用しても良いでしょう。

専門医に相談しましょう

なお、妊娠というデリケートな出来事に関する「取り組み」なので、心配なら産婦人科医などの専門医に相談するほうが安心できる、と思います。
基本的に「産み分け」は、専門医の指導の下、実践すると良いでしょう。

性の健康
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム