ダイエットに良いと言えるコーヒー

ダイエットに良い飲み物・コーヒー

「コーヒーは、ダイエットに良い飲み物だ」
 

コーヒーそんな意見をよく聞きます。コーヒーの「どんな点」を、ダイエットに良いと言っているのでしょうか。多くの場合「脂肪燃焼の効果」を期待できるため、そう言っているようです。
確かにコーヒーの成分には、脂肪燃焼の効果があると言われています。脂肪の燃焼は、痩せる事に繋がります。なので、ダイエットの効果を期待して良いと思います。

その他には、「リラックスできて食べ過ぎを防げる」という意見もあるそうです。人によっては、緊張や不安を強く感じる場面で食べ過ぎてしまう方がいるようです。たぶん食べる事で、ストレスを解消しようとするようです。
ダイエット中においても、ストレスは大敵と聞きます。コーヒーを飲むことで心が落ち着くなら、ダイエットを続ける際、良い影響があると思います。

近年では、通勤途中で朝コーヒー、オフィスの休憩時にもコーヒーを飲むというビジネスマンが多い、と聞きます。これだけ身近になった飲み物であるコーヒーを、ぜひダイエットにも活用しましょう。

基礎代謝をアップさせるコーヒー

基礎代謝をアップさせる飲み物の一つに、コーヒーがあります。そんなコーヒーに含まれているカフェインという成分には、体の中に溜まっている脂肪をエネルギーとして消費させる働きがあります。なので、ダイエット効果を期待できます。
そしてコーヒーは、カフェインだけでなくてクロロゲン酸も含んでいます。これら2つの成分の効果により、脂肪燃焼の促進を期待できます。

期待できるカフェインの効果

コーヒーのカフェインは、基礎代謝を上げてくれます。

つまり、痩せにくい体質を痩せやすい体質に変えてくれます。脂肪の燃焼率向上を期待できます。
ダイエットでは、脂肪を燃焼させるための運動も大切ですが、脂肪を燃焼させやすい体を作ることも大切です。脂肪を燃焼させやすい体を作るには、基礎代謝をアップさせることが一番です。

コーヒーでより一層、基礎代謝を良くするためには、以下のような点に気をつけてください。

  • なるべく砂糖を入れないこと(ミルクについては、入れても良いです)。
    砂糖に関しては、カロリーゼロの砂糖みたいな甘味料もあります。砂糖の代用品としてカロリーゼロの甘味料を使っても良いでしょう。
  • 浅煎りコーヒーを選ぶこと(深煎りコーヒーよりも、約2倍の効果があるそうです)。
  • 入浴や運動の前に飲むこと。

なお、カフェインは、3時間ぐらいで体内から消えてしまいます。もしも一日の起きている間で、ずっとカフェインの効果を得たい場合は、5杯ぐらいを飲むことになるでしょう。ですが、あまりお勧めできません。コーヒーは、1日に2杯から3杯くらいにしましょう。

ちなみに、コーヒーを1日に何杯も飲むと健康に害を及ぼす場合があります。コーヒーに含まれているカフェインは、鉄分の吸収を阻害してしまうからです。なので、骨粗しょう症や心臓発作を引き起こす可能性が考えられます。飲み過ぎには注意してください。

アメリカンコーヒー

数あるコーヒーの中で、アメリカンコーヒーは、カフェインがたくさん含まれている物です。カフェインの量が多いほど、脂肪の燃焼効果も高いと期待できます。コーヒーで痩せたい方は、アメリカンコーヒーを飲むと良いでしょう。

コーヒーを飲むタイミング

コーヒーを飲むと蓄積された脂肪が分解されて、血中に脂肪酸として放出されます。その時に運動をすれば脂肪がどんどん燃えて、さらにダイエットの効果を得られると言えます。
コーヒーでダイエットする場合、運動することが必要です。コーヒーを飲むだけでは、最大限の効果を得られないからです。

ダイエット目的でコーヒーを飲む際、それに適した飲み方があります。一般的には、

食後や運動の前後、入浴する前に飲むと良いとされています。

カフェインの効果が出て来るのは約30分過ぎ、と言われています。なので運動や入浴する30分前に、カフェインを摂取する事を心掛けましょう。

なお、ご存知だと思いますが、カフェインには覚せい作用があります。なので夜に飲むと、眠れなくなってしまう場合があります。時間帯に注意して、コーヒーを飲むようにしてください。

運動前のコーヒー

有酸素運動をする際にコーヒーを飲むと、体脂肪の燃焼効果を高めることができます。そして、ダイエットの効果を期待できます。

ちなみに有酸素運動だけでも、ダイエット効果があります。コーヒーを飲んでカフェインを摂取すると、さらにダイエット効果を得られるということです。カフェインを取ることで交感神経が刺激されて、「脂肪を分解させる働き」が促進されるからです。

コーヒーを飲んでからカフェインが全身に行き渡るのに、30分くらい掛かります。その頃になると、脂肪を分解するリパーゼという酵素が活性化されます。これが、脂肪の燃焼に繋がります。
この脂肪燃焼に有酸素運動を加えると、ますます新陳代謝が良くなります。体が痩せやすい状態になっていきます。

ウォーキング前のコーヒー

健康のために、ウォーキングを続けている人が増えているそうです。
ウォーキングを始める「きっかけ」は、健康診断で太り過ぎを指摘されたから、高血圧を改善したいからなど、様々だと思います。

ダイエットが目的でウォーキングを始めるなら、歩く前にコーヒーを飲んでみましょう。コーヒーには、脂肪燃焼の効果を期待できるからです。
これは、コーヒーに含まれているカフェインという成分の効果のためです。カフェインには、アドレナリンというホルモン分泌を促す作用があります。
このアドレナリンには、「脂肪の分解を促進する働き」があります。よって、運動を始める前にカフェインを摂取していると、摂取しなかった場合に比べて、効率的に脂肪が燃焼されることを期待できます。

ダイエット市場でも注目のコーヒー

カフェイン成分の入ったコーヒーが、ダイエット市場において注目を集めていると聞きます。その理由は、カフェインの脂肪燃焼効果です。
カフェインは、「脂肪分解酵素リパーゼという酵素を活性化させる働き」がある、と言われています。この働きは、体の中に溜まっている脂肪の分解に繋がるそうです。よってカフェイン入りのコーヒーはダイエットに役立つと期待されています。

その他のダイエットに役立つ効果というと、食事の前にコーヒーを飲むと食欲を抑えられるという効果があります。腹八分目、つまり「食べ過ぎ」の防止に繋がるので、ダイエッターには嬉しい飲み物です。

一般的に、大豆などの豆類は体に良い食材と言われています。コーヒーはカカオ豆から作られた飲み物なので、健康飲料と言って良いと思います。そんな健康に良い飲み物であるコーヒーが、脂肪の燃焼にも良いと言われたら、ますます飲んでみたいと思うでしょう。

メタボ対策コーヒーも登場

健康診断でメタボリックシンドロームと判断された人は、医師から食生活の改善を指導されると思います。私も以前、かかりつけの医師から痩せるようにと言われました。
実際に食生活を改善したり運動するように心掛けると、メタボを改善できるようです。しかし何の対策も取らずにメタボを放置しておくと(「メタボの度合い」を進行させると)、将来、動脈硬化となって心筋梗塞や脳梗塞になってしまう危険性が高まる、という事です。そんな事を聞くと、やはり「何とかしなければ」と思いました。

もしもコーヒー好きの人なら、メタボコーヒーというメタボ対策を意識したコーヒーがあります。通販などでも販売されている物で、結構な人気だと聞きました(通販サイトの売上ランキング・上位に、ランクインしたりしています)。

ただし気をつける点は、このメタボコーヒーを飲んだからと言って、メタボ対策が終わりという訳ではない点です。総合的なメタボ対策の一部に過ぎないからです。他のメタボ対策と共に、メタボコーヒーも活用してゆくと良いでしょう。

コーヒーでダイエット!

コーヒーコーヒーとダイエットの相性は、なかなか良いと思います。先程言ったように、カフェインには脂肪の燃焼効果を期待できるからです。
実際にダイエット用コーヒーが商品化されており、売上ランキングの上位に登場したりしています。

実は先日、通販でダイエットコーヒーを買いました。食物繊維とギムネマが含まれているダイエットコーヒーです。味は少し甘くて、コーヒーというよりキャラメルのような味でした。
近頃飲み続けていますが、まだ、凄く痩せたとは言えません。だけど体重の増加は止まったように思えます。

一日に何杯もコーヒーを飲むという、コーヒー好きの人がいると思います。そんな方は、コーヒーを活用してダイエットしてみましょう。