睡眠に良い、栄養豊富な食生活

栄養豊富な朝食熟睡するための食生活のポイントは、やはり栄養のバランスに気をつけることです。
野菜や果物、炭水化物、鶏肉や魚などから、タンパク質、ビタミンやミネラルなどをバランス良く摂取することが大切です。

体に良い食べ物の一つは、黒っぽい色の物です。
パンにおいて、食パンのような真っ白なパンよりも、胚芽パンのほうが栄養があります。
お米についても、白い「お米」よりも玄米のほうが豊富な栄養素を含んでいます。

あと、ぐっすりと眠るためには、カルシウムをしっかり取ると効果的です。
カルシウムには「気持ち」をリラックスさせて、穏やかに眠れるようにする作用があります。

とても忙しい現代人は、理想的な食生活を送るのが難しいかもしれません。
もしも食事で栄養バランスを整えることができない場合は、サプリメントを使って、食生活では摂取できない栄養素を補っても良いでしょう。
なお、サプリメントは、夜よりも朝に摂取したほうが効果的だと言われています。

食生活で気をつける点

脂肪が多い食べ物を、出来るだけ避けましょう。特に揚げ物を食べると、油をたくさん取ってしまいます。注意が必要です。
「刺激的な香辛料」や「にんにく」などについては、夕食では食べないようにしてください。

栄養だけでなくて食事の量についても、気をつける必要があります。原則としては、朝は適量、昼食はたっぷりと食べて、夕食は少量となります。

朝は食欲がない、忙しくて時間がないという理由から、朝食を取らない人がいます。
このような人の中には、昼食や夕食を「多め」に食べることがあり、それが体に負担を掛けることになります。そしてそのことは、睡眠にも悪影響を与えています。特に夕食を「多め」に食べることは、睡眠に悪い影響を与えます。

夕食の取り方

食事の仕方において快眠できる事を優先する場合、就寝時間の3時間前には食事を済ませておくと良いです。夕食では、脂っこい物は消化されにくいでしょう。なので、さっぱりとした物、例えば和食を食べるのが良いと思います。

食べ物の消化については、食べ物が胃に入って消化されるまでには、最低3時間くらいはかかると言われています。そして食べ物が胃に入ったままの状態で就寝しても、寝ている最中も食べ物を消化しようとするため、身体が活動を続けます。つまり寝ていても、身体は活発な状態です。
よって、快眠するという事を第一に考えると、寝る時刻より3時間以上前からは、食べないほうが良いと言えます。

あと「食べ過ぎ」も睡眠にとって悪い、と言われています。消化器官に負担をかけてしまうからです。質の良い睡眠を取るために、程々に食べるようにしてください。

以上の事に気をつければ、健康的な食生活となり、良い睡眠を取れるようになるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました