孫コピーを規制しているダビング10

ダビング10のコピー規制

コピーされたDVD

たくさんコピーできたらいいのに……

コピーワンスでは、一世代のみコピーが可能となっています。それとは違ってダビング10では、二世代目のコピーまで許可しているのでしょうか。

実際のところ、許可していません。
コピーワンスと同じように、一世代目のコピーが行なわれた時点で、そのデータをコピー不可として処理します。

コピーワンスとの違い

ダビング10がコピーワンスと違う点は、デジタルチューナー搭載のハードディスク録画機器に保存した時点では、一世代目のコピーとしないという点です。

ダビング10は、新しく作られたルールと言えます。その「きっかけ」は、地上デジタルテレビジョン放送の登場でしょう。地デジの録画に関して、新たに設けられたルールと言えます。

放送や録画に関して技術がどんどん発達したのですが、その技術による弊害(高画質でコピーできてしまう事)を抑え込むための制度と言えるかもしれません。ちょっと皮肉を込めて言えば、便利になった分だけ「不便にする仕組み」と言えるでしょう。

別メディアへの移動が可能

ダビング10では、デジタルチューナー搭載のハードディスク録画機器に保存した時点では、一世代目のコピーと見なしません。
これによって、デジタルチューナー搭載のハードディスク録画機器については、次のコピーが一世代目のコピーとなります。なので、別メディアへの移動が可能となっています。

ただし、デジタルチューナー搭載のハードディスク録画機器から別のデジタルチューナー搭載のハードディスク録画機器に移動させた場合は、その時点でコピー不可のデータとなります。
以上が、ダビング10の大まかな仕組みです。

孫コピーを規制

ダビング10という仕組みでは、孫コピーを規制しています。その仕組み自体は、それほど複雑ではありません。基本的には、ワンスコピーと同じだからです。

ワンスコピーは、一回だけコピーが可能という仕組みに思えます。しかし厳密には、「一世代のみコピーが可能という考え」の下で設計されています。例えば地上デジタルテレビジョン放送の番組をDVDレコーダーやハードディスク録画機器に録画した場合、これを一世代目のコピーとします。

この時点で、録画された放送データはコピー不可のデータとして処理されます。よって、DVDレコーダーやハードディスク録画機器から別のメディア(DVDなど)へ、録画できないことになります。

消費者にとっては不便なコピー規制

個人的には、コピー規制は利用者にとって不便だと思いました。だけど、もう20年以上、ダビングをしていないので、個人的に困る事はないです。近年ではテレビの録画も、週に2番組くらいです。それほどテレビを見ないので、コピー規制に関しては他人事となっています。

そんな状況だけれども、「ダビング10という仕組み」がもう少し消費者にとって優しいものであってほしいと思います。ダビング10がテレビ業界の売上を守るための規制だとしても、一般の人にとっては魅力がない、と言えるでしょう。

家電
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム