コレステロールを下げると言われている「緑茶」

コレステロールを下げる「お茶」

たくさんある「お茶」の中には、コレステロール値を下げる効果を期待できる物があります。ウコン茶やシイタケ茶、松葉茶やトウモロコシ茶などです。これらの他にも、コレステロール値を下げると言われている「お茶」がいくつかあります。なので、お好きな「お茶」を選べると思います。

私は最近通販で、京都の「お茶屋さん」から健康茶を定期購入して、毎日飲んでいます。それだけでは、健康状態が変わらないかもしれません。ですが健康改善のために、自分がやれる事から実行してゆこうと思っています。

カテキンを含む緑茶

コレステロールが体内で増加すると、体に大きな影響を与えると思います。
そんな時に、お勧めの飲み物は緑茶です。日本人なら、多くの人が「お茶」を飲むので、緑茶も飲みやすいでしょう。

誰でも気軽に飲める緑茶には、コレステロールを減らしてくれる効果があると言われています。

緑茶

緑茶には、カテキンという成分が含まれています。これが、「悪玉コレステロールを抑える働き」をしてくれるそうです。

このように緑茶に含まれている成分の中に、コレステロールが体内に吸収されることを抑えてくれる成分があります。
体内に吸収されるコレステロールが少なくなれば、体内のコレステロールが過剰な状態になるのを防ぎ、体が健康な状態になってゆくと思います。

茶葉から抽出した緑茶を、飲みましょう

しかし緑茶を飲む時、注意してほしい事があります。

緑茶は、きちんと茶葉から抽出した物を飲む様にしてください。

ペットボトルの「お茶」を、なるべく飲まない様にしてください。ペットボトルの「お茶」は緑茶というよりは、清涼飲料水として売られている飲み物です。なので、緑茶本来の成分が含まれていることを期待できないと思います。

そういうことより、茶葉から入れた緑茶を飲む事を「お勧めしたい」です。しかし外出中などでは、なかなか茶葉から入れた緑茶を飲む事は難しいと思います。
なので家に帰ってきたら、一杯だけ茶葉から「お茶」を入れる習慣をつけましょう。そうするだけで、体の健康状態も違ってくると思います。

ただし、コレステロール値を下げる効果については即効性を期待できません。しばらくの間、緑茶を飲み続ける事で、効果が少しずつ出てきます。気長に飲み続ける様にしましょう。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム