憧れる人が多い楽器・ギター

ギターは弦楽器

楽器には、様々な物があります。その種類を考える際、音の出し方で分類する方法があります。

ギター例えばギターは、弦を弾いて音を出す弦楽器に分類されます。弦楽器とは、弦を弾いたりこすったりして音を出す楽器です。専門的には、弦鳴楽器と呼ばれているそうです。よく知られている物には、フォークギターやクラシックギター、マンドリンや琴などがあります。また、バイオリンのように弓を使って音を出す楽器も、弦楽器と言えます。

太鼓のように叩いて音を出す物もあります。打楽器と呼ばれている物です。日本の楽器では、和太鼓や鼓などがあります。
他にも「空気の流れ」で音を出す物もあります。例えばリコーダーです。小学生の時、音楽の授業でリコーダーを吹いた事のある人は多いでしょう。たて笛や横笛、ハーモニカなども、「空気の流れ」で音を出す楽器となります。

ギターに使われている木材

マホガニーという木材は、ギターによく使用されている物です。ほとんどのネックは、このマホガニーで作られているそうです。
このマホガニーを響板として表板(おもていた)に使っているギターは、柔らかくて温かみのある音色になる、と言われています。なのて、とても人気があります。

その他、ギターやバイオリンの表板などに使われている木材には、マツやスギがあります。マツやスギはとても軽量であり、とても柔らかい木材です。試しに爪で押してみると、簡単にへこんでしまうくらいに柔らかいです。

楽器では主に、まっすぐで均一な木目の材木が使われています。それぞれの木材によって、楽器の音色は違います。その「違い」に、ぜひ興味を持っていただきたいと思います。

木材と音色

楽器の材料として、木材が利用されている事が多いと言えます。例えばギターやバイオリン、ピアノや木琴などで木材が使用されています。木材が楽器の材料として使われるのには、やはり利点があるからだそうです。木材は加工がしやすくて、良好な振動特性を持っているからです。

また、楽器に使用されている木材の種類により、音色が違うと言われています。音色が違うと困る、という考え方があります。だけど逆に面白い、と考える人もいます。
なお、著名な音楽家になると、自分が使用する楽器にどのような木材が使用されているのか、気にすると聞きました。木材と音色には深い関係があるので、気にするのも当然なのでしょう。

今後、木材から作られた楽器を実際に見る機会があったら、その木材の種類にも注目してみましょう。お気に入りの音色が見つかるかもしれません。

演奏するのは難しい

楽器の演奏については、やはり難しいと思っている人は多いと思います。「演奏の難しさ」で言うと、弦楽器は難しいほうの楽器と言えるでしょう。正確に音階を再現するために、正確な指の動作が必要になるからです。

ちなみに弦楽器には、大きく分けて指で弾く物と、弓を使って音を出す物があります。
ギターについては、指でつま弾くことで音が出ます。メロディーは、その「弦の長さ」を変えることで作られます。「弦の長さ」を変えることによって、音が変わることになります。

なお、指で弾くタイプの楽器は、弾いた時の音が「そのまま残る」と言えます。一方、弓で弾くタイプの楽器は、連続的な音を出せます。その連続的な音より、「奥深さ」を感じる音色を出せると言えます。

大人の習い事

学生だった頃、独学でギターをやっていた。だけど今は、全然やらなくなってしまった。やはり社会人になってからは、ギターの演奏をやめてしまう方が多いようです。
しかし、もう一度演奏したい。そう思っている人も結構多い、と聞きます。

大人の習い事として常に人気のあるものの一つに、音楽があります。特にギターは、憧れる人が多い楽器と言えます。ギターの演奏は、大人の習い事としてお勧めです。なぜなら、指先を使うからです。脳の活性化にとても良い、と言えます。
さらに音楽を演奏すると、気分が良くなります。なので、日ごろのストレス解消にもなるでしょう。
昔を思い出して、もう一度ギターの演奏をやってみましょう。きっと楽しいと思います。もしも上手に演奏できるようになったら、人前で演奏を披露できます。そして充実感を味わえるでしょう。

ギター教室

ちなみにギター教室の様子を聞いたところ、結構年配の人が多く見られるという事でした。昔からギターを習いたいと思っていたが、なかなか実現できなかった。だけど、やっと始められるようになったという人が多いようです。
思い立ったが吉日と言われているように、ギターに興味を持ったその日に習い始めるのが良い、と思います。だけど現実では、仕事や家庭に忙しくて趣味の時間がなかったという方が、多かったようです。
例え定年後でも、新しい事にチャレンジするのはとても素敵だと思います。思う存分にギター教室で、演奏を楽しんでいただけたらと思います。

ギターの弾き語り

ギターを弾く姿は、やっぱり「かっこいい」と思います。別に有名なミュージシャンに限らず、どんな人でも、ギターを演奏している姿は魅力的と言えます。「ギターの弾き語り」ができたら、異性からも注目されるでしょう。

注目されることが多いためか、「ギター弾き語り」に関する本がたくさん出版されています。書店に行った際、目にした事のある人もいると思います。
そのような本では、誰もが知っているヒット曲をギター・ソロにアレンジしたものを収録していたりします。中には、模範演奏のCDがついている本もあります。あのヒット曲を自分も弾き語りしてみたい。そんなニーズに答えるため、数多くのギター弾き語り本が販売されています。

ちなみに音楽CDにおいても、「ギターの弾き語り」は注目を集めているジャンルと言えます。多くのミュージシャンたちが、「ギターの弾き語り」を収めた曲を出しています。興味ある方は、ぜひ一度聴いてみましょう。ご自身のギター演奏で参考にできる点が見つかるかもしれません。

ボーカルに「お勧め」

ボーカルの方に「お勧めの楽器」と言ったら、何があるでしょうか。ここでは、ぜひギターをお勧めしたいと思います。
例えば歌の練習を行なう時、ギターがあれば自分で弾きながら歌うことができます。もちろんピアノでもキーボードでも、自分で弾きながら歌う事ができると言えます。ですが、ギターのほうが手軽だと思います。

アマチュアバンドのボーカルの中では、「ギターだけは弾けます」と言っている人が多い、と聞きました。ボーカルとギターの相性は、かなり良いと言えます。

なお、ボーカルの方がギターを始めとする楽器を弾く事は、音感を鍛えるのに役立つと思います。そしてコード進行についても理解が深まり、曲の事をより深く理解できるようになると思います。
第一希望はボーカルだけど、実は楽器演奏にも興味があるという方は、ぜひギター演奏もやってみましょう。

ギターの購入

もしもギターを購入したいと思ったら、まずは楽器店に行きましょう。楽器店の店員さんなら、その店にある楽器の事、ギターの事をよく知っていると思います。色々と質問できて、購入の際、参考になるでしょう。

本格的ではなくて何となくギターを弾いてみたいと思う人にとっては、新品のギターを購入するのに抵抗を感じるかもしれません。ギターを始め楽器の値段は、そんなに安くないからです。
音楽に対してプロ意識がある人なら、高額な楽器を購入することに迷いはないでしょう。ですがちょっとだけ興味がある、趣味としてカジュアルにやってみたい場合、購入の費用を抑えたいです。

そんな場合、選択肢の一つに「中古の楽器」があります。楽器店を始め、リサイクルショップなどにも、中古楽器が置かれています。中古のギターなら、お手頃な価格で買えると思います。
ただし、リサイクルショップなどに置かれている中古楽器は、ほとんど「手入れ」がされていないでしょう。「表面の汚れ」は拭き取られていると思いますが、新品の楽器と比べて満足できる音が出ない可能性があります。「音の良さ」を気にするなら、中古楽器の購入に気をつけましょう。

ギターの練習場所

思いっきり音楽を楽しみたいとギターを買ったら、次に考える事は練習の事でしょう。実際にギターを弾く事はもちろん、ギターを持っていない時でもエアーギターで「指の運び」を練習するというイメージトレーニングも行ないましょう。より早く上達する、と思います。

ところでギターを始めとする楽器の練習は、近所迷惑という問題が起きてしまう場合もあります。特に住宅が密集している場合、楽器の音が「うるさい」と、近所から文句を言われてしまう事もあると聞きます。
可能であれば、音楽スタジオやカラオケボックスのような防音室になっている場所で、練習しましょう。

楽器演奏が上達するには、やはり毎日の練習が一番と言われています。思い通りの演奏を実現するために、ぜひ頑張ってみましょう。



タイトルとURLをコピーしました