育毛したい人こそ、食生活を改善しましょう

育毛に大切な正しい食生活

正しい食生活は、頭皮や髪にとって「とても大切」です。
もしも食生活が乱れていると、頭皮も荒れて、髪の毛に十分な栄養が行かないでしょう。
この状態では、例え育毛剤などで髪をケアしていても、十分な効果を期待できません。

栄養素が最後に届く場所・毛乳頭

実は、毛乳頭に届けられる栄養素は余り物です。
人間の体は、重要な臓器に対して、食事で取った栄養を優先的に送ります。生命を維持するためです。よって、生命維持において不要な物である髪の毛には、最後に栄養素が届けられることになります。

つまり十分に栄養を摂取していない状態だと、栄養が毛乳頭に届けられる前に、他の臓器で栄養を使い切ってしまうということです。これでは、いくら育毛剤で血行を促進して、髪の成長を促そうとしても、栄養をあまり含まない血液が頭皮にやって来るだけ、となります。

例えば無理なダイエットで食事を制限すると、髪の艶がなくなり、抜け毛・薄毛の原因となります。さらに無理なダイエットによるストレスも、抜け毛・薄毛の原因になってしまうでしょう。

生命を維持する際、毛髪は体の臓器よりも重要度が低いです。もしも食事制限をしたことで栄養不足になった場合、臓器への栄養供給が優先されます。つまり毛髪への栄養補給は、後回しになります。

よって偏食などにより栄養のバランスが悪い場合、毛髪は育たないでしょう。この事より過度なダイエットをしていると、毛乳頭に栄養がやって来ず、脱毛症になってしまう可能性があります。

ヘアケアと共に食生活を改善

健康的な男性薄毛や抜け毛の対策として、育毛シャンプーを利用することは大切です。しかし育毛シャンプーを使うだけでは、対策は不十分と言えます。

基本的には食生活を始めとする生活習慣を、良い状態にしなければなりません。例え信頼できる育毛シャンプーを使っていても、毎日の生活が不健康だと効果を期待できません。

正しい食生活は、髪を始め、体全体の健康を維持するのに「とても重要」です。毎日の食生活によって、髪に栄養を与えて、髪が健康になるようにすることが必要です。

しかし髪に良いという栄養素だけを、大量に取ることはいけません。大切な事は、様々な栄養をバランス良く取る事です。
育毛と体の健康のために、食生活について見直しましょう。

育毛に必要な栄養素

育毛・発毛において必要な栄養素を、ご紹介したいと思います。

タンパク質

タンパク質は、アミノ酸20種類で構成されています。その中の9種類は、体内で合成できない必須アミノ酸です。

髪の素となるメチオニンは、必須アミノ酸です。

なお、必須アミノ酸は、食事で取る必要があります。ただし「取り過ぎ」は、内臓脂肪の増加になります。適量を摂取するようにしてください。
動物性タンパク質は、肉・魚・卵・乳製品などから摂取できます。
植物性タンパク質は、大豆・納豆・豆腐などから摂取できます。

ビタミン

ビタミンA

ビタミンAは、乾燥症の頭皮やフケ症の人に効果的でしょう。
緑黄色野菜・うなぎ・レバーなどから摂取できます。

ビタミンC

ビタミンCは、血管や頭皮を丈夫にしてくれます。
野菜・柑橘類・イチゴなどから摂取できます。

ビタミンE

ビタミンEは、毛細血管を広げてくれる効果があります。よって毛乳頭まで、効率的に栄養を運べるでしょう。
魚介類・ナッツ・ごま・植物油などから摂取できます。

ビタミンB群

ビタミンB2とB6には、「皮脂の分泌の抑制」と「皮膚の新陳代謝を促進する」という作用があります。脂性や炎症を発症している場合に、改善する効果を期待できます。

ビタミンB2は、緑黄色野菜・レバー、卵・大豆・乳製品などから摂取できます。
ビタミンB6は、マグロ・かつお・いわし・さば、レバー・肉、バナナ・キャベツなどから摂取できます。

ビタミン不足

ビタミンを含む果物時々、若年層の薄毛が増加していると言われています。その原因の一つは、特にビタミンが不足していることと言われています。

レトルト食品やファストフードに偏った食事だと、ビタミン不足になるようです。ビタミン不足に「心当たり」がある方は、意識してビタミンを摂取しましょう。