育毛に大切、栄養バランスの良い食生活

育毛に大切な正しい食生活

髪や頭皮の健康を保つためには、しっかりと睡眠を取り、食生活を規則正しくすることが必要です。もしも睡眠不足が続いていると、髪の毛がパサつき、ツヤも失ってしまいます。
そしてコンビニ弁当やファストフード、インスタント食品という栄養の偏った食事を続けていると、髪にも体にも悪影響が出るでしょう。

一般的に加工食品には、動物性脂肪がたくさん含まれていて、カロリーが高い食べ物が多いと言われています。もしもこのような食事ばかりしていると、血液がドロドロになってしまいます。血液は、髪へ栄養を届けるという役割を果たしています。なのでドロドロな血液では、髪に充分な栄養を届けられないでしょう。

実際に食生活が乱れていると、頭皮も荒れて、髪の毛に充分な栄養が行かないでしょう。この状態では、例え育毛剤などで髪をケアしていても、充分な効果を期待できません。

栄養素が最後に届く場所・毛乳頭

毛乳頭に届けられる栄養素は、余り物です。
人間の体は、重要な臓器に対して、食事で取った栄養を優先的に送ります。生命を維持するためです。よって、生命維持において不要な物である髪の毛には、最後に栄養素が届けられることになります。

つまり充分に栄養を摂取していない状態だと、栄養が毛乳頭に届けられる前に、他の臓器で栄養を使い切ってしまうということです。これでは、いくら育毛剤で血行を促進して、髪の成長を促そうとしても、栄養をあまり含まない血液が頭皮にやって来るだけ、となります。

例えば無理なダイエットで食事を制限すると、髪の艶がなくなり、抜け毛・薄毛の原因となります。さらに無理なダイエットによるストレスも、抜け毛・薄毛の原因になってしまうでしょう。

生命を維持する際、毛髪は体の臓器よりも重要度が低いです。もしも食事制限をしたことで栄養不足になった場合、臓器への栄養供給が優先されます。つまり毛髪への栄養補給は、後回しになります。

よって偏食などにより栄養のバランスが悪い場合、毛髪は育たないでしょう。この事より過度なダイエットをしていると、毛乳頭に栄養がやって来ず、脱毛症になってしまう可能性があります。

薄毛になる原因の一つに、生活環境や食生活の乱れによって、体が栄養をうまく運べなくなっている点があります。栄養が頭皮に行き渡るまで、時間がかかります。体の中では、頭皮は栄養が最も遅く運ばれる部分です。よって食生活が悪いと、髪の毛まで栄養はなかなか届きません。

髪は、ケラチンというタンパク質から構成されています。偏食による栄養が不足した状態では、充分にタンパク質を取れません。なので、髪の毛が細く弱くなってしまいます。

ヘアケアと共に食生活を改善

健康的な男性薄毛や抜け毛の対策として、育毛シャンプーを利用することは大切です。しかし育毛シャンプーを使うだけでは、対策は不十分と言えます。

基本的には食生活を始めとする生活習慣を、良い状態にしなければなりません。例え信頼できる育毛シャンプーを使っていても、毎日の生活が不健康だと効果を期待できません。

健康な髪を育てるためには、ヘアケアを行なう他に、毎日の食生活を良くすることも大切です。正しい食生活は髪を始め、体全体の健康を維持するのに「とても重要」です。毎日の食生活によって髪に栄養を与えて、髪が健康になるようにすることが必要です。

ただし髪に良いという栄養素だけを、大量に取ることはいけません。大切な事は、様々な栄養をバランス良く取る事です。育毛と体の健康のために、食生活について見直しましょう。
実際に食生活を見直すことで、栄養のバランスが良くなります。そして髪の艶が良くなったり、抜け毛を予防できたりします。

加工食品に注意

育毛に悪い影響を与える食べ物として、加工食品があります。加工食品は塩分が多い、と言われているからです。
加工食品の一つに、ラーメン類があります。ラーメンのスープを全て飲むと、塩分の取り過ぎになると言われています。ラーメンが大好きな人は多いと思います。しかし育毛のことを考えると、スープを飲み干すことは止めておきましょう。

刺激の強い食べ物

育毛のことを考えると、刺激の強い食べ物を食べ過ぎないようにしたいです。コーヒーをたくさん飲んでカフェインを取り過ぎたり、コーラなどの炭酸類を飲み過ぎたりしてはいけません。
刺激のある香辛料や塩分には、「脱毛を促す働き」があります。なるべく避けることが望ましい、と言われています。

髪の毛に良い食品

育毛や抜け毛を予防するためにも、栄養バランスの良い食生活を心掛けましょう。髪が成長するには、ビタミンミネラルタンパク質を取ることが大切です。

食事食事では野菜や果物など、ミネラルやビタミンを多く含んでいる物を食べましょう。
栄養バランスの悪いレトルト食品やファストフードの「食べ過ぎ」に、気をつけてください。

ちなみに、頭皮や髪の毛に良い食品として以下のような物があります。

  • レバー、豚肉、牛肉赤身、海藻類、魚介類。
  • にんじん、緑黄色野菜、プルーン。
  • 卵、牛乳、チーズ。
  • 玄米、大豆など。

育毛に必要な栄養素

育毛・発毛において必要な栄養素を、ご紹介したいと思います。

タンパク質

タンパク質は、アミノ酸20種類で構成されています。その中の9種類は、体内で合成できない必須アミノ酸です。

髪の素となるメチオニンは、必須アミノ酸です。

なお、必須アミノ酸は、食事で取る必要があります。ただし「取り過ぎ」は、内臓脂肪の増加になります。適量を摂取するようにしてください。
動物性タンパク質は、肉・魚・卵・乳製品などから摂取できます。
植物性タンパク質は、大豆・納豆・豆腐などから摂取できます。

ビタミン

ビタミンA

ビタミンAは、乾燥症の頭皮やフケ症の人に効果的でしょう。
緑黄色野菜・うなぎ・レバーなどから摂取できます。

ビタミンC

ビタミンCは、血管や頭皮を丈夫にしてくれます。
野菜・柑橘類・イチゴなどから摂取できます。

ビタミンE

ビタミンEは、毛細血管を広げてくれる効果があります。よって毛乳頭まで、効率的に栄養を運べるでしょう。
魚介類・ナッツ・ごま・植物油などから摂取できます。

ビタミンB群

ビタミンB2とB6には、「皮脂の分泌の抑制」と「皮膚の新陳代謝を促進する」という作用があります。脂性や炎症を発症している場合に、改善する効果を期待できます。

ビタミンB2は、緑黄色野菜・レバー、卵・大豆・乳製品などから摂取できます。
ビタミンB6は、マグロ・かつお・いわし・さば、レバー・肉、バナナ・キャベツなどから摂取できます。

ビタミン不足

ビタミンを含む果物時々、若年層の薄毛が増加していると言われています。その原因の一つは、特にビタミンが不足していることと言われています。

レトルト食品やファストフードに偏った食事だと、ビタミン不足になるようです。ビタミン不足に「心当たり」がある方は、意識してビタミンを摂取しましょう。

手軽に栄養補給できるサプリメント

育毛にとって、規則正しい食生活は重要なことです。そうとわかっているけれど、実際に毎日、栄養バランスの良い食事をすることは、なかなか難しいです。現実には仕事が忙しかったりなど、色々とあるでしょう。思い通りに食事できないことが多い、と思います。

あと、どんなに食生活に気をつけていても、栄養が偏ってしまう場合があるでしょう。
そんな時は、手軽に栄養補給できるサプリメント(健康補助食品)の利用を考えましょう。通常の食事では摂取するのが難しい栄養分を、サプリメントなら摂取できます。
例えば、育毛を意識したサプリメントがあります。頭皮のケアを考えた場合、体の内部からの栄養補給は有効と言えます。育毛のサプリメントについても、検討してみましょう。

育毛サプリメント

育毛サプリメントは、体の内側から発毛を促進させる食品だそうです。最初に聞いた時、そんな事が本当にできるのか?と思いました。しかし発毛治療の専門業者が「そのようなサプリ」を販売している事より、確かな商品のようです。

サプリに含まれている成分には、ノコギリヤシなどが含まれています。このノコギリヤシは北アメリカで採取される天然の成分であり、育毛業界では「お馴染みの成分」ということです。

ちなみに育毛サプリメントの使い方は、育毛剤とセットで使うほうが育毛の効果は高いようです。個人差はありますが、いくつかのクチコミを見たところ、薄毛がやや改善された、髪の毛にボリューム感が出てきた、という感想がありました。

育毛業界は健康食品の業界に負けず劣らず、競争が激しい市場だと思います。育毛剤だけを出していれば「それで良し」という訳でもないようです。
頭の髪を元気にする物といったら、従来の育毛剤が思い浮かぶでしょう。育毛剤なら頭皮に直接振りかける事ができるので、納得できます。しかし育毛製品にも、サプリメントが登場しました。
育毛サプリメントという昔とは一味違う育毛製品を開発する事で、厳しい競争に打ち勝つ必要があったのでしょう。そして育毛サプリメントのような新たな商品は、利用者にとってもメリットがあると思いました。

今一度考えると「発毛の手当て」をするとは、育毛剤を使用して頭皮や髪の毛を直接ケアするだけではありません。生活習慣や食生活の見直しも大切です。バランスの取れた食生活を送れば、確かに心身ともに健康になれます。そうすれば、頭皮や髪の毛も元気になると言えます。