医療機関だけが行なえる、医療レーザーによる脱毛

医療行為に当たるレーザー脱毛

医者

永久脱毛の一つの方法であるレーザー脱毛は、一般的に言う「医療行為」に当たります。なので皮膚科や美容整形外科などの医療機関だけが、実施できます。

実はエステサロンでも、レーザー脱毛ができる場合があります。それはエステサロンが、レーザー機器などを扱う皮膚科・美容整形外科などと提携している場合のみです。
このような場合を除いて、医療レーザーの永久脱毛は、エステサロンではできないように決められています。

レーザー脱毛では、治療技術としてレーザーの出力や照射時間の調整、適切な冷却処置が必要になります。
これら治療技術が必要とされることから、レーザー脱毛が皮膚科などの医療機関で行なわれていることが理解できます。そして「治療」と呼ばれる理由も理解できます。

レーザー脱毛は「医療行為」ですが、残念ながらレーザー脱毛に保険を使うことができません。
保険が使える場合は、一般的に「美容目的ではない治療」である時です。永久脱毛は病気の治療ではない、ということになります。
ただし婦人病の一つ「多毛症」という病気があります。この治療にレーザー脱毛を使った場合、一部の医療機関では保険が使える施設もあるそうです。

医療レーザーの種類

医療機関による医療レーザーを使った脱毛があります(永久脱毛で行なわれる方法です)。
永久脱毛に使用する医療レーザーは「ちょっと怖い感じ」がしますが、危険な事ではありません。

医療レーザーとは、毛に含まれる「メラニン」という色素にだけ反応するレーザー波のことです。レーザー脱毛とは、この性質を利用して「毛根のみ」を破壊するものです。「皮膚」や「その周辺組織」を、傷つけることはありません。

なお、毛は成長期と退行期を繰り返しています。その成長期にレーザーを当てることで、再び生えてくるのを抑制する効果があります。退行期にレーザーを当てても、脱毛の効果はありません。

医療レーザーには、2つの種類のものがあります。
ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種類です。

ダイオードレーザーの特徴には、
出力の調節で脱毛効果が出にくい部位でも効果を期待できる、
などの特徴があります。
(ダイオードレーザーのダイオードとは、半導体を意味する単語です)。

アレキサンドライトレーザーは、脱毛効果だけではなくて「シミ」や「ニキビ」、「くすみ」や「小じわ」などにも効果があります。

脱毛の処置は、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーのどちらか、もしくは両方を使って行なわれます。
肌の色(色白・色黒)や肌質、毛の質(太さ・色合い)などを考慮して、これらレーザーを使い分けます。この両方のレーザーを使い分けることによって、ほとんどの人に対して同様の脱毛効果が出ます。
個人差はありますが、永久脱毛に至るまで大体6回から7回の治療が必要になるようです。

病院・皮膚科の永久脱毛

永久脱毛については、病院で受けたほうが安心であり安価です
もしも病院で永久脱毛をするなら、皮膚科に受診することをおすすめします。

料金

料金は、病院のほうがエステよりも安価ということです。※料金は、変動します。病院とエステそれぞれの最新の価格を、確認して比較してください。
受診の回数も、病院のほうが少ないそうです(例:エステで10回くらいの場合、病院は5回くらいで済むなど)。よって病院のほうが、短時間で済みそうです。

永久脱毛をする際に悩むことの一つに、どこで行なうかということがあります。
エステやクリニックなどの脱毛では、何度も通う必要がある場合、料金設定が曖昧で予想以上の「お金」が掛かってしまう場合があるそうです。

永久脱毛について不安を少なくしたい方は、病院での施術を検討しましょう。

医師によるレーザー脱毛

病院での脱毛には、基本的にレーザー機器を用います。エステなどのレーザーよりも、安心して施術を受けられます。
なぜなら、レーザーによる治療や脱毛などの行為は、医療行為だからです。医師免許状を取得した人だけがレーザー機器を扱うことができる、と定められているからです。
また、病院なら、基本的に何か問題が起きたら、その場ですぐに対応をしてくれます。なのでエステよりも安心できるでしょう。

レーザーによる脱毛処理に用いる医療レーザー機器には、様々な種類が存在しています。近年、最も注目されている機器が「ライトシェア」と呼ばれている機器です。
この機器では、1回の照射に対しておよそ1cm四方の範囲にある「毛根のみ」を壊す方法を、取っています(以前の機器では、毛を1本1本焼いていく方法を取っていました)。
よって以前よりも、より短い時間で広い範囲の脱毛処理を行なえるようになっています。
また、今までの方法で起きていた「ほくろ」などの黒色に反応することによる誤射は、完全になくなったそうです。より安全な機器となっています。

安全に永久脱毛をするためにも、ぜひ皮膚科に行ってみましょう。

男性でも行きやすい皮膚科

「俺の濃い毛をなんとかしたい」と、「顎」を触ってみたり、「すね」を触ってみたりしている男性の方は多いでしょう。

医者

ところで男性にとっては、女性ばかりのエステサロンという場所は、なかなか行きにくい場所かもしれません。
男性の脱毛において、エステサロン以外にも永久脱毛をしてくれる所があります。先程からご紹介している病院の皮膚科です。病院なら、男性でも行きやすいと思います。

繰り返しになりますが、皮膚科で永久脱毛をするメリットは「医療用レーザー脱毛」を使って脱毛できるという事です。
この「医療機械」は、医師のみが使用できます。医師がいないエステなどでは、医療用レーザーを使用できません。

医療用レーザー脱毛は治療の日数が少なくて、しかも安全に脱毛できます。
皮膚科なので、治療前後の肌のコンディションも考えてくれるでしょう。そして治療による肌のトラブルも、ほとんどないと思います。

人気がある医療レーザーの脱毛

医療レーザー脱毛は、エステサロンのレーザー脱毛より人気があるようです。
レーザー脱毛を行なうことは医療行為になります。なのでエステの施術では、行なう事ができません。一般的には医療機関である美容外科・皮膚科などで行なわれます。

医療レーザー脱毛でムダ毛を処理すると、エステで処理するより効果が早く出ると言われています。
例えばエステで脱毛する場合、2年間から3年間のコースというものをよく見かけます。医療行為で行なう場合、だいたい1年間くらいで終わるようです。期間や施術回数においては、医療レーザーを使うほうが「お得」でしょう。

この医療レーザーを使う脱毛は、医療機関だけが行なえます。医療機関なので万が一、レーザーによって火傷などのトラブルが起きた場合には、薬を処方してくれるなど、すぐに対処できる点が良いと思います。
安全を考えるなら、医者がいる施設でレーザー脱毛すると良いでしょう。

ちなみに実際のエステティックサロンでは、光脱毛を行なっている所のほうが多いようです。レーザー脱毛ではなくて、波長の幅が広い光で脱毛を行なっている所があります。事前の説明で、しっかり確認しておきましょう。

信頼できる医療機関を選びましょう

脱毛を行なう場合、安心できる医療機関を見つけるには、どんな点に注目すると良いでしょうか。

色々なチェックポイントがありますが、一つは「質問に対して、丁寧に回答してくれること」が挙げられます。こちらの疑問や不安に対して、はっきりと丁寧に答えてくれる機関を選びましょう。
また、危険性やリスクというデメリットについても、きちんと説明してくれるかどうかもポイントです。

質問されることを嫌がっている、こちらの話を聞いてくれない、良い事(メリット)ばかり話そうとする。このような機関を選ばないようにしましょう。
なお、クリニックや医療機関の「良し悪し」を見極めるためには、施術を受ける私たちのほうも脱毛について知識を持っていることが大切になります。

脱毛
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム