自宅で「くせ毛」を治したいなら、縮毛矯正シャンプー

縮毛矯正

縮毛矯正と聞くと、ストレートパーマの延長だと思う人が多いかもしれません。
この縮毛矯正とは簡単に言うと、

薬剤と熱とアイロンで髪を一度溶かして、強制的に髪の毛をストレートにして、それを固定することを言います。

縮毛矯正を行なった髪の毛は、半永久的にストレートになります。

デメリット

確かに半永久的にストレートになるのですが、以下のようなデメリットもあります。

  • 髪の毛へのダメージが、やっぱりあること。
  • 新しく生えてきた部分の髪の毛は「くせ毛」のままなので、その「くせ毛」が延びてきたら再び縮毛矯正する必要があること。
  • 美容院で施術するには、お金と時間が掛かること。

美容院でも希望通りにならない場合

多くの場合、美容師さんの言う通りにしておけば問題ない、と思います。ですが稀に、思った通りにやってもらえないこともある、と聞きます。相手はプロであることを理解しつつも、念のため、美容師さんに自分の要望をしっかりと伝えるようにしましょう。

専門的な技術を持っている美容院で縮毛矯正を行なった場合でも、
「髪の毛が折れてしまった
などのクレームが、出てくることがあるようです。

縮毛矯正の「良し悪し」は、技術によって決まると言えるでしょう。
熱を入れすぎた場合、タンパク質を溶かしてしまったり、変形させてしまったりします。
また、薬剤の使い方において、髪の毛を軟化させることが不十分な場合、どんなに熱を加えても髪の毛は伸びません。その逆に軟化させ過ぎてしまった場合、熱を加えるとチリチリになってしまう可能性が出てきます。

以上の事より、自分の思い通りに縮毛を矯正してもらうことは、結構難しそうな気がします。だけどそうは言っても、縮毛矯正は、美容院で専門的な知識と技術により施術してもらうことが最も良い、と言えます。

メリット

実際のところ、なかなか難しい縮毛矯正ですが、十分なメリットがあります。

縮毛矯正を行なった後では、髪の毛の状態はサラサラでツヤツヤになります。キューティクルもあるので、見た目は綺麗で若々しく見えます。
髪の毛の「真っ直ぐさ」も持続して、ドライヤーで簡単に乾かすだけで髪の毛がまとまります。必要以上に、ブラシで髪の毛を引っ張ったり伸ばしたりする必要はありません。

くせ毛に悩んでいる人で、いつも髪型が決まらずにイライラしていた人には、やはり「おすすめの施術方法」と言えるでしょう。今までよりも、手軽に楽しく「おしゃれできる」と思います。

縮毛矯正のシャンプー

シャンプー

美容シャンプーのイメージ画像

縮毛矯正用シャンプーとは、市販されている縮毛矯正の効果が得られるシャンプーのことです。

自宅で手軽に使えるというメリットがあります。くせ毛を扱いやすくしたい人は、このようなシャンプーを使うと良いでしょう。
費用についても、美容院に行くよりも安い金額で縮毛を矯正できると言えます。

しかし即効性はないようです。効果が現れるまで時間が掛かります(個人差があります)。

あと、やはり技術力を持っていない素人がやることになるので、美容院でやってもらった時と比べて、仕上がりに違いがあります。その効果が持続する期間も違います。

「仕上がりの良さ」や「即効性」を求めるなら、やはり美容院に行くことを「おすすめ」します。美容師さんの技術で仕上げてもらうほうが、良い結果を得られるからです。

ヘアケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム