症状・頭皮に合う育毛剤を選びましょう

自分の症状に合う育毛剤

育毛市販されている育毛剤には、様々なタイプがあります。自分の症状に合っている物を選んで、使用することになります。ですが人によっては、育毛の効果がなかったということもあるようです。

「育毛剤を、より効かせる」方法を、学ぶ必要があります。育毛剤を、ただ頭に振り掛けただけでは、効果を得られない場合があるからです。

育毛剤の効果を上げるためには、「自分の症状、頭皮を確認すること」が大切です。
今から使おうとしている育毛剤が、自分の症状や頭皮に効く物であるかどうか、しっかり見極める必要があります。専門医に相談すると良いでしょう。
もしも、いま使用している育毛剤であまり効果がないなら、処方の仕方を変える必要があります。

例えば頭皮の状態において、炎症・かぶれ・かゆみ・フケなどの症状があるなら、まずは頭皮の状態を正常に回復させてから、育毛剤を使用することになります。そうしないと、育毛の効果はないでしょう。

2種類のタイプ

抜け毛を予防するためには、普段のヘアケアが大切です。基本的なヘアケアと言えば、シャンプーやブラッシング、頭皮マッサージなどが挙げられます。その他には、育毛剤を使うというヘアケアがあります。

ところで育毛剤と言っても、数多くの種類があります。薄毛や抜け毛の原因は、個人により違います。なので、自分に合った育毛剤を選びましょう。
育毛剤の種類には、いくつかあります。その中の2種類について、ご紹介します。

細胞活性化タイプ

男性型脱毛症の人に向いているタイプです。
ビタミン類など髪にとって大切な栄養分を、補給できます。毛母細胞を活性化させる効果を期待できます。

皮脂分泌抑制タイプ

粃糠(ひこう)性脱毛症の人に向いているタイプです。
「皮脂の分泌を抑える働き」があります。頭皮を清潔に保ち、髪の成長を促す効果を期待できます。

異常が見られたら、専門医に相談しましょう

薄毛が気になり出すと、育毛剤を使用してみたいと思うでしょう。そうすることで、薄毛になる進行を遅くすることも可能です。

しかし頭皮のタイプは、個人によって違います。十人十色と言えます。
育毛剤に含まれている成分が自分の頭皮と相性が悪くて、頭皮の状態を悪化させてしまう可能性もあります。注意が必要です。

信頼できる企業が発売している育毛剤なら、しっかりと時間を掛けてテストして開発した物です。なので使った際に、トラブルが起きることはまずないでしょう。

ただし育毛剤の成分には問題がなくても、製造過程で加えられた添加物が、敏感な頭皮を痛めることもあるそうです。使用中にトラブルが起きたら、使用を中止しましょう。可能なら専門医に相談してください。

ヘアケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム