ヘッドホンの使用で気をつけたい症状

ヘッドホンの使用で気をつけたい症状

日常生活でヘッドホンを使う場面が、結構あると思います。ヘッドホンは、音をしっかりと聞くのに便利な機器です。しかし使い方に、気をつける点があります。

大音量で耳鳴り

日常的にヘッドホンで音量を上げて聞く事は、やはり耳に悪いです。耳に優しい音量で聞くようにしましょう。

「大音量の音を聞いていると、鼓膜に傷ができたりする」。こんな指摘があります。この指摘に対してびっくりした方もいる、と思います。
その他の症状には、音楽を長時間、大音量で聞いていると「耳鳴り」の症状が出て来る事があります。「耳鳴り」が続くと日常生活において支障が出ます。なので、すぐに耳鼻科に行って診察してもらいましょう。
ちなみに大音量とは、個人によって差があります。自分にとってツラい音量と感じたら、音量を下げましょう。

「耳鳴り」の音程

「キーンという音がする耳鳴りがした。ちょっと心配だ」。「耳鳴り」に悩む人は結構いるようです。
「耳鳴り」の原因を考える時、その音程に意味があるという指摘があります。
一般的には、高い音の「耳鳴り」がする場合は脳の状態と関連がある、と言われています。
反対に、ジージーという低い音の場合は聴覚に関する器官に異常があるだろう、と言われています。

ですが今のところ、原因の全てがわかっている訳ではないそうです(2010年当時)。「耳鳴り」に対して、決定的な治療方法が無いという場合もある、と聞きます。
しかし不安を感じる場合、まずは医者に診てもらうほうが良いです。これからも音楽を聴いて楽しむために、耳の健康に気をつけましょう。

大音量で難聴

鮮明で高品質な音を楽しみたい。そう思ってヘッドホンを使っている方がいる、と思います。そんな風に音に「こだわりのある方」に、気をつけていただきたい病気があります。難聴です。
難聴は年に関係なく、若い人にも見られる症状です。実は生活習慣が影響している、と言われています。ストレスや睡眠不足、不規則な生活は、耳に悪影響を与える要因です。耳への血流や耳の神経に対して、悪い影響を与える要因です。

あと、ご存知だと思いますが、いつもヘッドホンで大きな音を聞いていると難聴になってしまう、という指摘があります。音量は適量にして聞く事が大事です。
高品質な音を聞くには、耳が元気で健康である必要があります。耳の健康に良い生活を送るようにしましょう。

耳が疲れて頭痛

大きな音を聞く事は、時には頭痛の原因になったりもするそうです。また、精神的にも苦痛となったりもします。例えばライブハウスという大きな音の演奏を聞く場所に行った際、「耳がジーンとした」という感想を聞いた事があるかもしれません。
それと同じような事に、ヘッドホンで長時間、音楽を聴いている事も耳に負担を掛けます。耳が疲れて、頭痛になったりします。

目が疲れたという状態は、多くの方が気づくようです。ですが耳が疲れたという状態は、あんまり気づかないようです。耳は、常に様々な音を聞き続けています。なので、とても疲れています。耳を休めるようにしましょう。
耳を守る方法の一つに、耳栓があります。身近な騒音から耳を守るためなら、家の中でも耳栓を使いましょう。

耳栓

耳が疲れたと感じる時、耳栓をして耳を休めてみましょう
近年では、様々な種類の耳栓が登場しています。例えば、新素材を活用したイヤープラグ・クラシックという耳栓があります。これは耳の中に入れた後、耳のサイズに合わせてゆっくりと膨らむという新素材を導入した耳栓です。軽量であり、つけ心地も優しいと評判です。
その他にも、耳障りな高周波の騒音をカットしてくれる物や耳にツーンとくる痛み、耳鳴りという耳の不快症状を解消してくれる耳栓もあります。

耳栓を使うのは、飛行機に乗った際、気圧の変化で耳に生じる不快感を軽減させる時ぐらいだ。そんな意見もあります。ですが普段の日常生活においても、耳栓は活用できる物だと思います。

清潔に保ちたい、ヘッドホンと耳

ヘッドホンしている女性

ヘッドホンは、耳とピッタリ接するオーディオ機器です。なので普段から、清潔にしておくようにしましょう。
そして「耳そのもの」も、清潔にしておく事が大事です。ヘッドホンで音を楽しむなら適度に耳の掃除をして、耳の状態にも気を配りましょう。
清潔な耳に、清潔なヘッドホンを当てて、心地良く音を楽しんでください。



タイトルとURLをコピーしました