心や体の回復を目指すヒーリング

ヒーリング

ヒーリングとは、体や心に働き掛けることによって、

エネルギーや自分自身の治癒力を見つけ出して、
病からの治療や回復を目指してゆこうという「動き」のことです。

癒し最近、癒し系としてブームになっているようです。

ヒーリングという言葉は、リラックスするという意味から難病などへの治療という意味まで、幅広く使われています。

その内容としては、大宇宙の生命エネルギーを小宇宙である人間の体に同調させる事によって、体の本来のリズムを取り戻してゆきます。そして宇宙のエネルギーと一体になり、健康的な生活を送れるという事のようです。

欧米諸国においては、ヒーリングはすでに治療の一部として成り立っているようです。保険が適用になっている国もあるそうです。医療とヒーリングが連携して、病への治療を行なう例もあります。

ヒーリングでは自分の中に持つ力に注目してゆくために、治療や回復では自分自身の中にあるエネルギーに目覚めて、それを使うことで成り立ってゆきます。

ヒーリングの種類としては、気功ヒーリングや前世ヒーリング、近年話題のスピリチュアル・ヒーリングなど様々あるようです。

スピリチュアル

例えばイギリスでは、スピリチュアルは、ヒーリングなどによって広く知られています。しかし日本では、まだ否定的な医師が多いです。

このスピリチュアルには、「霊的な」という意味があります。しかし、医学上のスピリチュアルでは、「人間の力ではない」という深い意味が含まれています。
世の中には、科学で解明できない事が、まだまだあります。スピリチュアルも、その一つと言えるでしょう(2009年当時)。

日本においても、スピリチュアルが徐々に広まって来ています。テレビや雑誌で、スピリチュアルという言葉を見かけるようになりました。
ただし残念な事に、怪しい商売においてスピリチュアルという言葉が使われているようです。悪徳商法に気をつける必要があります。

ヒーリングの学び方

ヒーリングを学ぶ場としては、日本にいながら欧米トップクラスの講師から学べるヒーリングスクールがあります。また、インターネット上でも、ヒーリングの講座を受講できるようです。

教室で学ぶヒーリングの講座では、一度で完結するレッスンや週末に開講しているレッスンなどが、あるようです。また、ネット上からメールアドレスなどを入力することで、予約できる講座もあるようです。

ヒーリングスクールとしては、ライフスクールという学校もあります。
古代から受け継がれてきた「知恵の伝統」や「隠された教え」などの歴史を学び、自分自身の人生と統合します。そして、ヒーラー・ライトワーカー・アルケミストとして社会に奉仕するという目的を持つ、本格的なヒーリングスクールもあるようです。

ヒーリングのクラスでは、ガイダンスでの練習に加えて、透視の技術やハンズオン・ヒーリングなどを学びます。そして、安定して有機的な方法で「目に見えない世界やエネルギーの世界」を、自分の世界に導くようです。

以上のような講座に関するオープンスクールが年に2回ほど実施されている、と聞きます。興味のある人は、参加してみましょう。

ヒーリング
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム