一般の食品と「同じ」と言える健康食品

注目されている健康食品

健康食品近年「健康食品」が、消費者から注目を集めています。そのような状況を受けて、企業も健康志向の食品を次々と開発して発売するようになっています。

企業が消費者のニーズに合う商品を作るためには、市場調査が重要となります。健康食品項目に関する市場調査報告が、数多く発表されています。

ある健康食品のマーケット・レポートでは、ダイエット、オーガニック、サプリメントなどの項目に分けて、レポートが作成されています。結構項目を細かく分けて、報告しているようです。

店頭や通販サイトで見かける健康食品は、様々な調査を経て販売されている食品と言えます。ですが競争が激しい分野なので、良い食品でないと売れ続けることは難しいようです。
また、消費者側も健康について知識をつけることで、本当に良い健康食品を選ぶようにしたいです。

食品の一つと言える健康食品

例えば、生活環境の変化やストレスなどによって、頭痛や疲労などの体調不良に悩む事があります。そんな時、健康食品を利用する人もいるようです。

しかし健康食品には、体をすぐに健康にしたり不調を治す効果があると言えません。健康食品は、医薬品ではないからです。食品の一種です

もしも取り過ぎると、逆に体が不調になったりします。健康食品を利用する際、補助的に栄養を取るための食品と理解して、うまく活用しましょう。

薬を服用している人の場合、その薬が効かなくなる可能性もあります。健康食品が、薬の効き目に影響を与える場合があるからです。医師と相談した上で、利用するようにしてください。

ちなみに、健康に配慮した食品で有名な物に、特定保健用食品(トクホ)があります。この特定保健用食品は、明らかに健康に有効であるという食品の事を言います。

それに対して、一般的に健康食品と呼ばれている物は特定保健用食品ではありません。一般の食品に分類される物だからです。

医薬品ではない健康食品

健康食品の中には、血糖値を下げると「うたっている食品」があります。糖尿病の方なら、そういう商品に関心があったりするでしょう。
しかし、すでに医師の診察を受けていて薬を処方してもらっている人の場合、血糖値を下げる薬も飲んでいます。なので、血糖値を下げるような健康食品を利用すると、「低血糖になってしまう恐れ」があります。

健康食品の血糖値を下げる効果が、かえって糖尿病の人の健康を悪くしてしまう場合があります。健康食品を利用したい時は、必ず担当の医師と相談した上で利用してください。

健康食品の宣伝文句通りに、実際に血糖値が下がったという事例があったでしょう。ですが健康食品は医薬品ではありません。なので、病気を治す効果はありません
糖尿病の方にとっては、規則正しく食事をする、栄養バランスに気をつける、適度な運動をすることが、健康食品に頼ることよりも大切と言えます。

また、医師から薬を処方されていない人の場合でも、血糖値を下げる効能がある食品を大量に飲食してはいけません。そのような健康食品を複数利用することも、よくありません。思わぬ健康被害にあう危険性があるからです。

血糖が正常値の人においても、血糖値を下げる健康食品をむやみに利用することは危険です。
何よりも、その健康食品は本当に安全と言えるのか?いま一度、確認する必要があります。安易に信じないようにしましょう。

健康食品の販売会社

健康食品の販売会社は、薬事法の規制を受ける事になります。薬事法の目的は、消費者を守る事になります。消費者側に「食品と医薬品の違い」をハッキリと知らせる事で、消費者の健康を守る事を目指しています。

悪徳業者に注意

健康食品は健康維持のためだけに利用すると、割り切ったほうが良いです。
健康食品を取る事で病気が治るなんて宣伝されていたら、まずは怪しいと疑ってください。悪徳業者の粗悪な健康食品を購入しないように(食べないように)、注意しましょう。

怪しい業者と言えば、2つの選択を強要してくる業者は怪しいという噂を聞いたことがありました。選択肢が2つしかないため、業者の都合の良いほうに誘導されてしまうそうです。詐欺を行なう悪人は、口が達者です。お気をつけください。

医薬品で治す事

医薬品(薬剤)健康食品は一般的な食品なのに「病気が治ります」と言われて、それを信じ続けた場合、病気が「さらに悪化してしまうリスク」があります。

病気を治すなら、専門医の指導の下、医薬品で治すほうが治る場合が多いと思います。医療を受けて病気が治る可能性があるなら、そうするほうが良いです。

健康食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム