視力回復トレーニングになる、ゆっくりと「まばたきする」こと

日常生活で簡単にできる、ちょっとした視力回復トレーニングを知りたいです。

ゆっくりと「まばたきすること」は、視力回復トレーニングになります。
まばたきすることは、眼球周辺の血行を良くして、涙の分泌を促します。
これは、目の健康において良いことです。

日常生活で意識して、まばたきするようにしてください。
そうしたら、視力回復につながる可能性があります。

視力回復トレーニングになる、ゆっくりと「まばたきする」こと

まばたき
まばたき・イメージ画像

視力を良くしたいから、視力回復トレーニングを始めたいと思っています。
だけど面倒に思えて、何もしていません…。

そんな時は「まばたき」のトレーニングを、おすすめします。

「まばたき」は視力回復トレーニングの一つ、と言えるからです。

赤ちゃんでもできる簡単な動作の「まばたき」は、実は視力回復には欠かせない、とても大切な動作と言えます。

この「まばたき」というトレーニングを行なう場合と行なわない場合では、目の状態は全然違います。

普段の生活では、まばたきする際、素早くしがちかもしれません。

しかし視力回復トレーニングとして行なう時は、ゆっくりと目に意識を集中させて行ないましょう。

メモ花子

早く視力が回復しますように

そう願いを込めながら、丁寧に行なってください。

深呼吸しながら、目だけに意識を集中しながら、ゆっくりとまばたきします。
これを数回行なうだけでも、ずいぶん目の状態は違います。

まばたきする事は、目にとって良い事です。
これからは意識的に、まばたきをしてください。

目の周りの血行を良くして、涙の分泌を促す、目にとって大切な「まばたきすること」

まばたき
まばたき・イメージ画像

私たちは無意識のうちに、一日に何回も「まばたき」をしています。

まばたきするなんて当たり前のこと、そう思うでしょう。
しかし「まばたき」を、侮ってはいけません。

「まばたき」は、目にとって重要な働きをしているからです。

「まばたき」という動作は、眼球周辺の血液の流れを良くして、涙の分泌を促します。

  • 瞳に栄養を与えたり
  • ドライアイを防いだり

など、「まばたき」は目にとって重要な役割を果たしています。

以上より、充分な回数の「まばたき」をするように心掛けてください。

目が緊張している時、「まばたき」の回数は少ないです

「まばたき」は、毎日数え切れないほど行なわれています。
ですが目が緊張している時は、「まばたき」の回数は少ないそうです。

特に「どんな時に少ないか?」と言うと、例えばパソコン画面などを見ている時です。
パソコン画面を見る時は、凝視みたいになっています。

普段の生活をしている時よりも、「まばたき」の回数がとても少なくなっています。
VTD症候群(※)で悩んでいる人は、まさに「まばたき」が少なくてドライアイになっています。

※VDT(Visual Display Terminals)症候群:長時間、ディスプレイ画面を見る作業により、目や体や心に悪い影響が出る病気です。

目においては、ドライアイや目のかすみ、充血という症状が出ます。

長時間にわたってパソコンやスマートフォンの画面を見ている際、まばたきをしているか、気をつけてください。
画面を見ている時は意識して、まばたきするようにしましょう。

【まとめ記事】疲れ目対策など、将来にわたって目の健康を守る対策

目の健康を守るための対策には、以下のものがあります。 疲れ目対策のマッサージをすること。 目に良い栄養素を取ること。 視力回復トレーニングをすること。