ブルーベリーで「目の疲れ」を予防しましょう

「目に良い」と言われているブルーベリー

昔のことになりますが、イギリス空軍のパイロットが、薄暗い夜間飛行においても十分な視力を保っていました。

なぜ彼らの視力はそんなに良いのか、学者が調べると、彼らの好物はブルーベリーであり、毎日大量のブルーベリージャムを食べていることがわかりました。
そして、なぜブルーベリーが目に良いのかについて、さらに研究を進めました。するとブルーベリーに含まれているアントシアニンが目に良い、とわかりました。
この研究によって、「パイロット」と「視力の良さ」との関係がわかったのです。

ブルーベリー

目に良い食べ物で有名な物に、ブルーベリーがあります。昔からそう言われているブルーベリーは、目の健康を考えている方に「おすすめの食品」です。視力の回復をサポートしてくれる食べ物だと思います。

ブルーベリーとは、北米が原産の低木性果樹です。収穫の時に、実がブルーになることから「ブルーベリー」という名前が付けられました。目に良い食材ということで、とても有名です。

「目の働き」を活性化させるアントシアニン

ブルーベリーを食べると目が良くなると言われている「きっかけ」の一つは、ブルーベリーに含まれているアントシアニンという成分が、「目に良い働き」をするからです。

ブルーベリーにはビタミンAやビタミンB、鉄など、体に良いとされる栄養素が豊富に含まれています。
その中でもポリフェノールの一種であるアントシアニンという色素が、目の健康に関する色素として注目されています。なぜならビタミンAと同様に、

目の網膜色素の「再合成を促す働き」を、期待できるからです。

アントシアニンは、「目で見た映像を脳に伝える働き」を手助けする成分です。

なおアントシアニンは、目が疲れてから取るよりも、目を使って作業をする3時間ほど前に取るほうが、より効果があると言われています。

研究中

ブルーベリーが目に効くということは研究段階の話であり、まだ実証はされていないそうです(2012年当時)。その効果は少しずつ認められてきているので、将来ブルーベリーの効果が実証されると予想されます。

ブルーベリーで「目の疲れ」を予防しましょう

目の健康を保つためには、食生活において必要な栄養素を取ることが大事です。疲労回復しやすい体質にすることは、「目の疲れ」を予防する場合にも大切なことと言えます。

現在ではブルーベリーと聞くと、疲れ目の軽減に良い食べ物というイメージがあります。ですが一昔前の日本では、あまり知られていない果物でした。しかし現在では、目の健康に良い食品として広く知られています。

疲れ目対策として、毎日の食事からブルーベリーを取る事は理想的と言えます。例えば朝にトーストを食べている人なら、ブルーベリージャムをつけて食べてみると良いです。
もしも毎日の食事からブルーベリーを取れない人は、サプリメントから摂取しても良いです。ブルーベリーのサプリは、数多く市販されています。

眼精疲労の回復

毎日スマートフォンやパソコンを使っている人の中には、眼精疲労に悩まされている人も多いと思います。眼精疲労を緩和させる方法としては、その症状に適した目薬をさすのが一番良いとされています。

そして、目薬と同じくらいに眼精疲労の緩和を期待できる物に、サプリメントの摂取があります。サプリメントは手軽に摂取できて、服用を続ける事で改善効果も持続すると言われています。

眼精疲労の回復をサポートするサプリでは、ブルーベリーの人気が高いです。

アントシアニンという成分を含んでいて、この成分は眼精疲労の回復をサポートする成分だからです。眼精疲労に「お悩みの方」は、ブルーベリーのサプリを試してみましょう。