副作用が少ない天然ルテイン

マリーゴールド

天然ルテインは、主に緑黄色野菜果物、マリーゴールドなどの植物に含まれている天然色素です。

ルテインは、白内障などの目の病気を予防する成分として注目されています。特に副作用の少ない天然ルテインが人気です。

高齢化が進み、目の病気にかかる人が増えていることから、目の健康維持のために、特に中高年の方に天然ルテインの人気が高まっています。

期待できる効果

ルテインは目の内部に含まれている物で、紫外線やブルーライトなどの有害な光を遮断します。そうすることで、「目の疲れ」を軽減したり、活性酸素の発生を防ぐ効果があります。

ルテインには、光の吸収による酸化を抑える作用があります。この抗酸化作用によって、ブルーライトや紫外線などの光の影響を防ぐとともに、これらの要因による眼精疲労の軽減を期待できます。

また、加齢黄斑変性症や緑内障などの疾患を抑制する効果も確認されています。
さらに、スマートフォンやパソコンの使いすぎによるドライアイにも効果があるとされており、「目の疲れ」を内側から和らげてくれます。

体の老化防止

天然のルテインは、目に良いだけではありません。老化防止に非常に効果的であるため、体全体の健康にも良いです。

天然のルテインは成分として、カロテノイドの一種です。なので、もともと植物が紫外線から身を守るために作り出したものです。そのため、天然ルテインを摂取することで、紫外線による肌のダメージを防ぎ、「肌の若々しさ」を保つことができます。

普段から摂取することが大切です

ルテインは体内で生成できないため、緑黄色野菜や果物を食べて補うことが大切です。
ルテインは、緑黄色野菜や果物を食べたり、マリーゴールドなどの植物から抽出した天然のルテインを含むサプリメントから摂取できます。

ルテインを摂取しても、自然と体内で消費されて減ってゆきます。
例えば加齢や、喫煙などの不規則な生活習慣、目の酷使などにより自然に減少します。さらに、光を浴びることで起こる酸化現象を抑える際も、ルテインの数は減少します。
なので、毎日進んでルテインを摂取することが望ましいです。

天然ルテインの効果を常に最大限に発揮するためには、五色五味のバランスを保ちながら食事をすることが大切です。
主菜には卵黄の色が濃い卵料理を、副菜には「にんじん」や「かぼちゃ」の煮物を選ぶと、天然のルテインをしっかり取ることができます。

ルテインを服用後、天然のルテインは腸から吸収されて、最終的には目に到達します。強力な抗酸化物質として、活性酸素の発生による疲労や目のかすみ、炎症などを「抑える働き」をします。

吸収率の違い

ルテインの中には、石油から化学合成で作られた合成ルテインというものがあります。

天然ルテインと合成ルテインの違いは、その吸収率にあります。
天然ルテインは主にマリーゴールドなどの天然由来のものを使用しているため、体内への吸収が早くて効果も高く、副作用もありません。
一方、合成ルテインは、ルテインを合成したもののため、天然のルテインに比べて吸収が遅く、副作用が出ることがあります。

飲むタイミング

基本的に目の健康回復は就寝時に行なわれるので、寝る前に天然ルテインを十分に摂取することが重要です。
ただし、1日分を就寝前に服用すると、吸収されるまでに時間がかかります。なので天然のルテインを使って、睡眠中に目の健康を回復できなくなる可能性があります。

サプリメントについては食後に摂取すると、体内の消化が促進されている状態なので吸収されやすいです。
この理由から、天然ルテインは各食事において2~3回に分けて摂取すると良いです。