ビタミンB1・B2・B12など、疲れ目対策で大事な栄養素、ビタミンB群

普段の食べ物を工夫することも、疲れ目対策であると聞きました。
疲れ目を改善したい場合、どんな栄養素を取ったらいいですか?

疲れ目対策では、ビタミンB群が大事です。
例えばビタミンB1とB2には、視神経の働きを高める効果を期待できます。

ビタミンB1とB2を取るために、普段の食事で豚肉やサバなどを食べましょう。
目に良い栄養素を取るようにしたら、疲れ目を解消できる可能性があります。

ビタミンB1・B2・B12など、疲れ目対策で大事な栄養素、ビタミンB群

疲れ目対策には色々とありますが、食べ物を工夫することも疲れ目対策の一つです。
食べ物は身体の健康を始め、目の健康にも関わりがあります。

なので疲れ目の人は、毎日の「食生活を見直すこと」が大事です。

目の健康に欠かせない栄養素としてビタミンがあります。

その中でも疲れ目対策には、ビタミンB群が大事です。

ビタミンB1ビタミンB2は、

  • 視神経の働きを高めたり
  • 視力低下を防ぐ働き

を期待できます。

豚肉など、ビタミンB1を多く含む食品

ビタミンB1は

  • 豚肉
  • 玄米
  • 枝豆

などに多く含まれています。

ビタミンB1を多く含む食品
ビタミンB1を多く含む食品

網膜の働きを助けるなど、ビタミンB2

ビタミンB2には、

  • 網膜の働きを助ける効果
  • 目の充血を解消する効果
  • 視力回復の効果

を期待できます。

レバーなど、ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2は、以下の食品に含まれています。

  • レバー
  • サバ
  • 納豆
ビタミンB2を多く含む食品
ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB12など、疲れ目改善を期待できるビタミン入りの目薬

ビタミンと言えば、目薬にビタミンが使われていたりします。
例えば、赤のビタミンが使われていたりします。

ここで言う赤のビタミンとは、ビタミンB12のことです。

このビタミンB12は、毛様体筋に直接作用します。
なので、目の神経機能を回復させる効果を期待できます。

疲れ目の原因の一つは、目の酷使による毛様体筋の疲労です。

よって、毛様体筋に直接作用するビタミンB12は、疲れ目改善の効果を期待できます。

眼科でもらった眼精疲労用の目薬、ビタミンB12の点眼水

眼科の目薬
眼科の目薬

私事になりますが、以前、眼精疲労について眼科で相談したことがありました。
私は普段から仕事や趣味で、長時間パソコンを見つめていることが多いです。そのため、目がとても疲れていました。

その当時の診察では、眼精疲労用の目薬をもらいました。赤色の目薬でした。

その目薬はサンコバ水と呼ばれている、眼精疲労に対するビタミンB12の点眼水でした。
調節力の改善効果がある目薬ということです。

診察料は、確か1000円以下でした。
意外と安かったので、たまに眼科で目を診察してもらうのも、いいなと思いました。

目の周りにある筋肉を解きほぐす、眼精疲労用の目薬

一般的に眼精疲労で眼科に行くと、内服薬や目薬が処方されます。

例えば内服薬では、疲れ目の症状に合わせてビタミン錠剤を処方してくれる場合があるそうです。

目薬には様々な種類がありますが、眼精疲労用の治療には、

  • ビタミンB12
  • 調節賦活剤

このような成分が入っている目薬が、処方されることが多いです。

眼精疲労用の目薬をさすことで、

  • 目の周りの筋肉の緊張がほぐれて
  • 血行が良くなるため

眼精疲労に効果的です。

【まとめ記事】疲れ目対策など、将来にわたって目の健康を守る対策

目の健康を守るための対策には、以下のものがあります。 疲れ目対策のマッサージをすること。 目に良い栄養素を取ること。 視力回復トレーニングをすること。