沸騰させた水を使って、自宅でも美味しい目覚ましコーヒーを飲みましょう

眠たい時、目覚ましのために飲むコーヒーは美味しいです。
自宅でも、そんな美味しいコーヒーを飲みたいです。

一度沸騰させた水で作るコーヒーは美味しい、と言われています。

家でコーヒーを作る際、水道水を沸騰させて「カルキ臭さ」を消しましょう。
沸騰させた水でコーヒーを作ったら、ちょっと美味しいコーヒーができます。

目覚ましのきっかけになる、コーヒーを飲むこと

コーヒー

仕事中の昼下がりの3時ごろ、いつも眠たいです…。
たぶん「寝付き」が悪いため睡眠不足になっており、そのため午後から眠いのでしょう。

何とか集中力を保とうとするために、集中力が落ちてきた時、コーヒーを飲んで休憩しています。
眠気を覚まして仕事に集中したい、と思うからです。

目覚ましのきっかけとして、コーヒーを飲むことは心地良いです。
コーヒーを飲んで目が覚めたら、その後元気で頑張れる気分になります。

実際に朝のコーヒーは、体を動かしやすくしてくれると言われています。

朝のコーヒーには、血流を良くする作用を期待できます。
なので朝に飲むと、元気が出てくると思います。

自宅でも、美味しい目覚ましコーヒーを飲みたい

仕事の休憩時間に、次のような市販の美味しいコーヒーを飲んでいます。

  • 自販機のボトル缶コーヒー
  • チルドカップコーヒー
  • 淹れたてのコンビニコーヒー

そんな時、自宅でも、市販のコーヒーに負けない「美味しいコーヒーを飲みたい」と思ったりします。

美味しくするため、一度煮沸させた水でコーヒーを作る

沸騰した水
沸騰した水・イメージ画像

一般的に自宅でコーヒーを作って飲む際、水道水を使う事が多いです。

日本の水道水については、外国の水道水と比べて綺麗な水であると言えます。
なので水道水をそのままコーヒーに用いても、特に大きな問題はないと言えます。

特に問題ない水道水を使うけれど、そのまま使わず、一度沸騰させてから使うという人がいます。

確かにアイスコーヒーやアイスティーを作る際、いったん煮沸した水を使うほうが味が美味しい、という指摘があります。

水道水を沸騰させることで、「カルキ臭さ」を消せます。
なので、そうした湯冷ましの水からコーヒーを作るほうが風味を良くできる、と思います。

ただし湯冷ましの水は、長期保存ができないそうです。なぜなら、煮沸した水は腐りやすいからです。
この点には、気をつけましょう。

ホットコーヒーを作る際は、沸騰した水が少し冷めたというお湯を使うことになります。
例えば、沸騰した水が90度から85度になったら、お湯としてコーヒーを作るのに使えます。

【まとめ記事】気分転換できて健康維持に役立つ、美味しいコーヒーを飲むこと

コーヒーは、心と体を元気にしてくれる素敵な飲み物です。 日々の生活でちょっと疲れた時、美味しいコーヒーを飲んで休憩してください。 そうしたら、きっと元気になりま…