日常生活でできる、腸活のための運動

腸活のために役立つ運動を、知りたいです。

腸活のための運動には、以下のものがあります。

  • 腸ねじり運動:両腕を左右に振って、腰をひねる運動。
  • 腹筋運動。
  • ウォーキング。

腸活のための運動を続けたら、「腸の動き」が活発になります。よって、便秘を解消できたりします。

腸ねじり運動

ここでは、普段から行なえる腸活のための運動を、ご紹介したいと思います。

やり方

腰をひねる運動
腰をひねる運動

腸ねじり運動は、簡単にできます。

床の上に立ち、腕の力を抜いて両腕を左右に振ります

両腕を左右に振ると、腰も少し動きます。腰をひねるような感じになります。

「この動き」で、腸の「ねじり」を改善してゆきます。

朝起きた後や食後に、20回を1セットとして行なってください。
セット数については、1日当たり、最大3セットまでにしてください。

体験談

ある人の体験談によると、

朝食後に腸ねじり運動をすると、5分ほどしたら腸がゴロゴロと動く感じがするそうです。

そして便意を催す場合もあるそうです。

腸ねじり運動を1週間やれば、腸の「ねじり」を改善できると言われています。
ぜひ試してみてください。

便秘がちな人に良い運動

便秘がひどくて「腸の動き」が悪いほど、超音波検査では腸がねじれていたりします。

実際に腸がねじれていると、便がスムーズに通過できなくなります。そのため、便が硬くなったり、便秘になったりすることがあります。

便秘がちな人は、腸をひねる運動を毎日すると良いです。

腹筋運動

腹筋運動
腹筋運動

日頃の運動不足は筋肉を弱らせ、腸が便を送り出すのを難しくします。
排便するには、基本的な筋力がいるからです。

普段から体を維持するために運動してください。

例えば腹筋を鍛えれば、腸内環境にも良いです。

まずは家にいながら、腹筋のような筋トレやヨガなどの体操をするだけでも良いです。

ウォーキング

歩く女性
ウォーキング

便秘を防ぐには、運動する習慣が大切です。
当たり前のことなのですが、この当たり前のことができない人がたくさんいます。

なぜ運動が腸にいいのかと言うと、運動すると酸素が体内を循環して、自律神経が整います。

自律神経が整うと「腸の働き」が活性化されるからです。

腸に良い運動は、例えば外を散歩するだけで良いです。

毎日30分のウォーキングでも十分です。

すぐに効果を感じられなくても、翌日には「お通じ」が良くなったりします。

激しい運動、例えばジョギングをする必要はありません。散歩で良いです。

ポイントは、なるべく運動する習慣をつけることです。

日頃の軽い運動が、腸を元気にします。

運動するタイミング

運動する時間帯は、便通を良くするのに関係あります。

基本的には、自分の都合の良い時間帯に運動すれば良いです。

ただし、できれば朝5時から7時の間に運動すると良いです。

朝5時から7時の時間帯は、腸が目覚めて動き出す時間です。この時間帯に運動すると、体が温まり、代謝が上がります。

よって「腸の働き」が、さらに良くなったりします。

朝食を食べる前に、「お通じ」があることもあります。

朝一番に動いて体温を上げることは、腸に良い刺激を与えます。

【まとめ記事】腸内環境を整えて「腸の働き」を良くする腸活

腸活は、腸内環境を整えることで「腸の働き」の向上を目指します。 腸内環境が良好になれば、便秘解消や病気の予防を期待できます。