良い寝具とは

一般的に良い寝具とは、ぐっすりと眠れる寝具の事を言います。寝具は洋服や下着と同じように、直接肌に触れる物です。なので、自分の体に合った物を選ぶ事が大事です。

もしも寝具に何らかの問題があるために快眠を保てないなら、寝具の改善を考える必要があります。
寝具を改善するために布団やベッドなどを購入する場合、値段が気になるかもしれません。予算内で購入したいと思い、販売価格の比較をする方もいるでしょう。
近年の寝具は、安価な物から高額な物まで多数販売されています。とりあえず安ければ良いと「お考えの方」でも、どの金額の物を購入すれば良いか、迷ってしまうかもしれません。

高品質な寝具を手に入れるためには、やはりある程度の「お金」をかける必要がある、と言えます。なぜなら基本的に、「価格」と「品質の良さ」は比例しているからです。一般的には、高価な寝具ほど良い物と言えます。

ちなみに寝具売り場を見渡すと、ベッドと布団は半々ぐらいと言えます。両者とも、同じくらいに人気があるのかもしれません。個人的にはベッドで寝る人のほうが多い、と思っていました。ですが布団のほうが良い、という人も多いようです。

寝具の見直し

なぜかわからないけれど、最近ぐっすりと眠れない。そう感じたら、一度自分が使っている寝具を見直してみましょう。寝具と不眠には結構深い関係がある、と言われているからです。

枕の見直し

まずは「枕の見直し」です。枕については、フィーリングで選んでも良いと言われています。首のカーブにフィットする物、頭を乗せていて心地良い物を選んでください。
もう少し詳しく言うと、程良い姿勢を保てる物が良いです。どんな姿勢かと言うと、立っている時の姿勢です。横たわっている際、頭から首、背中のラインが立っている時と同じようにカーブしている姿勢です。枕を使って「この姿勢」で横になれたら、快眠に繋がると思います。

枕を取り扱っている寝具店の中には、店員さんが最適な枕を選んでくれる所もある、と聞きます。自分では上手く選べないという人は、店員さんに相談してみましょう。

掛け布団の見直し

次は「掛け布団の見直し」です。寝ている際に汗をかくので、汗を発散できる布団が良いです。布団については、汗をかいても「快適さ」を保てる物であってほしいです。よって布団の「吸湿性」や「放湿性」が大事と言えます。

さらに掛け布団については、「重さ」に気をつけましょう。重すぎる布団は、体を圧迫してしまうからです。やや高額になりますが、ふわふわと軽い羽毛布団を使うと良いです。
睡眠中でも、身体は結構動いています。何度も「寝返り」を打ったりしている、と聞きます。なので布団は、「寝返り」を邪魔してはいけません。掛け布団を選ぶなら、「軽さ」も条件にして選ぶようにしましょう。

敷き布団の見直し

敷き布団やベッドのマットレスについては、程々に硬い物を選びましょう。硬すぎず柔らかすぎず、そして体が自然なS字型体勢を取れる物が良いです。
敷き布団は、体を支えるという役割を果たしています。よって敷き布団は、腰痛や血行、快眠などに大きく影響する物と言えます。

そして敷き布団は、「寝返り」のしやすさにも関係があります。寝ている間において、何回も寝返りすると思います。寝返りする際は、体が大きく沈みすぎないことが大切です。敷き布団布団やマットレスが、どのくらい体を支える事ができるかによって、寝心地が違います。

また、ベッドの場合では、ベッド幅も重要と言えます。「寝返り」を打つには、最低90cmほどの幅が必要です。それより狭いと、ベッドから落ちてしまう可能性があります。
目安の一つは、両手を広げたくらいの幅です。これだけの幅があれば、安心してぐっすり眠れるでしょう。

以上のようなことに気をつけて、自分に合う寝具を見つけて、ぐっすりと眠れる環境を作りましょう。

快眠するための布団選び

不眠に「お悩みの人」は不眠を解消するために、やはり「布団選び」が大切と言えます。体にストレスがかからない、リラックスして横たわることができる環境を作りましょう。

布団の種類

布団には、色々な種類があります。綿布団(わたふとん)を始め、真綿布団(まわたふとん)・羽根布団・羽毛布団・羊毛布団などがあります。一般的によく使われている物は、綿布団または羽根布団、羽毛布団でしょう。

綿布団とは、中綿(なかわた)に綿わた(めんわた)を50%以上使用した布団のことを言います。重量比で50%以上使用した物です。
綿には、木綿わた(もめんわた)と真綿(まわた)があります。一般的に綿布団と言うと、中綿に「木綿わた」を使った物を言います。

羽根布団と言われている布団があります。もしかしたら、羽毛布団と同じ物と思っている方もいるかもしれません。この羽根布団とは、布団の中に水鳥の羽根を詰め込んだ物です。「羽根」と「羽毛」の違いがあります。

羽毛布団とは、布団の中に水鳥の羽毛を詰め込んだ物です。この羽毛には、グースとダックがあります。一般的には、グースのほうが高価です。

ちなみに、羽根布団や羽毛布団は、掛け布団と言えます。つまりそれらの布団は、元々はベッドで使用することを前提としている掛け布団と言えます。

使う人が増えていると言われている羽毛布団

気分良く安眠するためには、「布団選び」が重要と言えます。
良い布団とは、違和感なく使用できる物だと思います。例えば布団が「ちょっと硬い」と感じる場合、その布団は自分の体に合っていない可能性があります。そんな場合、薄手のベッドパッドを敷いてみるなどして、布団の感触を改善してください。
基本的に掛け布団に関しては、身体に圧迫感をかけない物が良いです。羽毛や羊毛の掛け布団は、「軽い感じ」がします。なので良いと思います。

羽毛布団なお近年では、羽毛布団を使う人がどんどん増えてきているそうです。どの布団がいいか?選ぶのに迷ったら、羽毛布団の使用を考えてみましょう。

ところで羽毛布団を使っている人の中には、布団の中が「汗で蒸れている感じ」がする、という人がいます。もしも布団の中が蒸れている気がしたら、1枚のタオルケットを中に入れてみましょう。タオルケットが布団の中の汗を吸収してくれて、ずっと寝心地が良くなります。

質の良い睡眠を取るためには、布団を始め寝具がとても重要です。しっかり眠ることで「前日の疲れ」が取れて、再び元気になれると思います。快眠して毎日を元気に過ごしたいという方は、良品の布団や枕を使ってください。

あと、一年中「同じ布団」を使っている方もいる、と思います。だけど出来るなら、夏や冬などの季節に合わせて、最適な布団を使うようにしてください。そうするほうが眠りやすくなる、と思います。