短い長い、人によって違いがある睡眠時間

必要な睡眠時間って、みんな同じですか?

睡眠時間は、人によって違いがあります。
短時間睡眠者と長時間睡眠者に分けることができます。

睡眠効率において「効率が良い・悪い」という違いがあっても、健康であるなら特に問題ないです。

短時間睡眠者

朝なかなか起きられず困っていると、よく聞きます。

その一方で、

  • 目覚まし時計がなくても目覚めることができて、
  • 昼間になっても眠たくならない

という人もいます。

短時間睡眠者と呼ばれている人です。

短時間睡眠者の中で有名な人物と言えば、ナポレオン皇帝です。
ナポレオンの睡眠時間は平均して約3時間くらいだった、という記録が残っています。

短時間睡眠者の性格は、一般的に明るくて元気と言われています。
才能もあって、周囲の人とうまくやっていける人が多い、とされています。

また、仕事や趣味において、やりたい事がたくさんある人の中に短時間睡眠者が多い、とも言われています。

睡眠時間が短い分だけ、他の人よりも時間をたくさん持っていると言えます。

睡眠時間が短くても、実際に心身ともに健康であるなら、特に問題ないと言えます。

長時間睡眠者

一日当たりの睡眠時間が長い方、

特に9時間以上眠る事を必要とする人を、長時間睡眠者と言います。

長時間の睡眠が必要である人は、病気ではありません
だけど睡眠の取り方においては、効率が悪いと言えます。

このような方は充分な時間、睡眠を取らないと元気になれません。
なので多忙により睡眠時間が不足すると、日常生活がツラい状態になります。

ちなみに、睡眠時間と人柄には関連があるそうです。

長時間睡眠者はどちらかと言うと心配性の人、内気な人が多いとされています。
性別では女性の方が多いそうです。

あと、長時間睡眠者で有名な人を言うと、相対性理論で知られているアインシュタイン氏がいます。
彼は一日当たりの睡眠時間が10時間以上だった、と言われています。

なお、寝過ぎて起きた時、ちょっと頭痛があったという経験をお持ちの方もいるでしょう。

頭が痛くなるくらいに「長い時間」眠るのは、体に良くないと思います。
少し気をつけましょう。

なぜ長時間の睡眠が必要か?不明

なぜ長時間睡眠者が長時間の睡眠を必要とするのか、医学的な根拠はわかっていません(2008年当時)。

長時間とは逆の短時間睡眠者については、医学的に遺伝が関係している事がわかっています。

ですが長時間睡眠では、医学的に不明となっています。

短いと言われている平均睡眠時間

睡眠時間

睡眠時間には個人差がある。
睡眠時間が短くても、健康であるなら問題ない。

確かにこの通りですが、睡眠時間が短いほど不健康という指摘もあります。

睡眠時間に関する「ある調査結果」では、

睡眠時間が短いほど死亡率が高くなっている、

という調査結果が見られます。

もちろん個人差はあると思いますが、多くの人にとっては7時間から8時間くらい睡眠を取るほうが、健康に良いです。

ところで日本人については、他の国と比べて平均睡眠時間が「短い」と言われています(2008年当時)。

日本人の睡眠不足に対して、病気にならないように未然に防ぐという予防医学の立場からも、注意を促しています。

仕事や趣味などで多忙な人が多い、と思います。
だけどやはり、健康を優先して生活したいです。

人の健康は、睡眠と関係があります。

睡眠する事は、肉体的な疲労を効率良く軽減するのに「とても有効」とされています。
一定の睡眠時間を確保する事は、健康法において基本と言えます。

睡眠で大事、熟睡すること

熟睡している女性

自分自身の睡眠時間が他の人とあまりにも違っていたら、気になると思います。

確かに気になりますが、睡眠では「熟睡すること」が大事だと思います。
心身の疲労を回復するには、深い睡眠と充分な睡眠時間が必要です。

睡眠の役割について言うと、睡眠中ではエネルギーを保存しています。

起きている間は、体の中の物質を酸化させて、エネルギーを作り出しています。
そのエネルギーによって、体と心を活動させています。

これに対して睡眠中は「その作用」を抑えて、エネルギー源を保存しています。
特に深く眠っている徐波(じょは)睡眠中には、最もエネルギーの消費量が低下しています。

寝不足だと、体はエネルギー不足になるでしょう。
毎日元気で過ごすには、やはりしっかりと眠ることが大事です。

ちなみに分割して睡眠を取っていても、健康上「大きな問題はない」とされています。

人によっては、2回から3回に分けて睡眠を取っている人がいます。
これは、特に問題はないそうです。

熟睡したい場合、気をつける点

病気にならない体を作るためには、睡眠習慣を正す事が大事です。

健康維持のために熟睡したい場合、以下の点に気をつけましょう。

カフェイン摂取を控えること

例えば、コーヒーやコーラなどカフェインを含んだ飲料を控えることです。

このカフェインは、「眠気を軽減させる働き」があります。
夕食後に飲む事を控えましょう。

寝る前に考え事をしないこと

あと寝る前に、もしかして何か考え事をしているでしょうか。

「寝付き」を良くするためには、あまり深く考え事をしないようにしましょう。

早く寝たいと考えて意識すると焦ってしまい、かえって眠れなくなったりします。
布団の中ではあまり深く考えず、ぼんやりしているほうが眠れるでしょう。

寝坊しないこと

睡眠習慣を正したい場合では、寝坊しないほうが良いです。

グッズ太郎

明日は休みの日だから、寝坊しよう

確かに寝坊は楽しい事ですが、体のリズムを狂わせる原因となります。
なので、あまりお勧めできません。

寝坊や夜更かし、徹夜など行なうと、人間の身体のリズムを狂わせてしまいます。
その後就寝した際、快眠できにくくなってしまいます。

休みの日を含めて、規則正しい生活を送ることは快眠に繋がります。