【まとめ記事】健康になるための知恵袋、健康法

日常生活でできる健康法を実践して、毎日健やかに暮らしたいです。

健康法とは、体や心を健康にしてゆく方法です。
健康法には、伝統的なものから最新医学を参考にしたものまで、たくさんあります。

健康法の中には、簡単に行なえるものもあります。
日常生活で、健康法をぜひやってみてください。
健康維持に、きっと役立ちます。

ぶら下がり運動で「背骨の歪み」を改善できる、ぶら下がり健康法

健康のために、ぶら下がり健康器に毎日ぶら下がっている人がいます。
ぶら下がり運動は簡単な運動だけど、心身ともにリフレッシュできる運動です。

長時間、猫背などの姿勢で仕事していた時に背中を伸ばすと、気持ちがスッキリします。
ぶら下がり運動した際も、同じようにスッキリします。

「背骨の歪み」は、体の「神経の働き」を悪化させると言われています。

ぶら下がり運動で「背骨の歪み」を改善できるなら、それは健康に良い事です。

ちなみに、ぶら下がった後は、少し背が伸びたように感じるかもしれません。
実際に、背が伸びているようです。これは、骨と骨の間にある軟部組織が膨張したためです。

軟部組織は、普段の生活でも定期的に伸び縮みします。
人の身長が、朝と夜で1cm〜2cmほど違うのはそのためです。

なお、ぶら下がり運動によって背が伸びるのは一時的なことです。
一時的とは言え、背骨が伸びるのは、体の健康にも良いです。

現代人だからこそ、ぶら下がり健康法で背骨を伸ばしましょう

両手を使って何かにぶら下がるという健康法を行なうと、歪んだ背骨を矯正できます。 実際に背骨がまっすぐになったら、健康な体になり、立ち姿も美しくなります。

太陽の光を浴びると体内でビタミンDが作られる、日光浴

太陽の光は、骨を強くするのに必要なビタミンDの体内での生産量を増やすのに役立ちます。

紫外線の害を恐れすぎて、日光を避けるのは得策ではありません。
骨の健康のためには、十分な日光浴が必要です。

また太陽の光には、

  • 免疫向上
  • 体温上昇
  • 血行を良くする

これらの効果がある、と言われています。

さらに太陽の光には殺菌作用があるので、体にくっついている悪い菌を殺すことができます。

晴れた日に布団を干す理由の一つは、日光の殺菌作用を期待しているからです。
また、日光によって乾燥させることで、害虫を死滅させることもできます。

日光浴をしたら病気になりにくい体になると、よく言われています。

なので普段室内にいることが多い人は、天気の良い日に外を散歩してみましょう。
日光浴による健康効果を得られるからです。

太陽の光を浴びると体内でビタミンDが作られる、昔からある健康法の日光浴

日光浴は、昔からある健康法です。 太陽の光を浴びると、体の中でビタミンDが作られます。 この点からも、日光浴は健康に良いと言えます。

快眠して心身を休ませて健康になりたい、ぐっすり眠ること

快眠は、脳や体の健康に良いと言えます。

疲れた脳を元気にする方法は、睡眠しかありません。

睡眠によって脳が休まると、失われたエネルギーが充電されます。
これで脳が元気になり、集中力が回復します。

体を休めたい場合も、睡眠は役立ちます。

睡眠することで筋肉を休ませたり、疲労によって発生した乳酸を処理したりできます。

その他には、自律神経を休ませたり、細胞が新しく生まれ変わるのを助けます。

このように睡眠には心身を休ませる体を作るという役割があります。

そのため、それらの効果を十分に発揮させるためには、ぐっすりと眠るのが良いです。

寝る前に足裏マッサージするなど、ぐっすり眠る方法

体や心を元気に保つためには、熟睡する事が大事です。 ぐっすり眠る方法には、以下のものがあります。 寝る前に、足の裏をマッサージする。 寝る前に、軽い運動をする。 …

玄米や野菜を食べる健康的な食事、マクロビオティック

マクロビオティックの語源は、ギリシャ語で「偉大なる生命」という意味です。

マクロビオティックとは、肉や魚を使わず、玄米や野菜を中心とした健康的な食事のことです。

自然を意識して、地元の旬の穀物や野菜を主食とする健康的な食生活のことです。

僧侶が食べていた精進料理や、昔の人が食べていた素朴な「ご飯」を思い浮かべると、イメージしやすいです。

マクロビオティックの目的は、伝統的な食品や野菜、穀物をより多く食べることで、体質改善健康維持を目的としています。

  • アレルギー体質を改善したい
  • いつまでも若く美しくありたい

そう思っている人は、マクロビオティックという食事法を取り入れても良いです。

実際に、健康や自然に関心の高い人たちの中には、マクロビオティックを食生活に取り入れている人がいます。

玄米などの全粒穀物を主食とする食事法、マクロビオティック

マクロビオティックは、玄米などの全粒穀物を主食とする食事法です。日々の食事でマクロビオティックを実践したら、健康維持に役立つ可能性があります。

健康維持したいなら、マルチビタミン・ミネラルのサプリメント

健康維持を考えている場合は、ビタミンやミネラルを摂取すると良いです。

体内のビタミンやミネラルが不足すると、健康上の問題が生じます。
これは、体が正常に機能しないためです。一般的に栄養不足は健康障害につながる、と考えられています。

脚気など、ビタミン不足による病気

例えば、ビタミン不足によって起こる代表的な病気に「脚気(かっけ)」があります。
これは、ビタミンB1の欠乏が原因です。

症状としては、「足のしびれ」や「疲労感」などがあります。
このような症状が出た場合は、ビタミンB1の補給による治療が必要です。

骨がもろくなるなど、ミネラル不足による病気

ミネラルが不足すると、骨がもろくなり、骨折しやすくなります。

これは、年齢を重ねるごとに骨粗鬆症を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

免疫力アップなど、マルチビタミン・ミネラルのサプリメント

マルチビタミン・ミネラルのサプリメントなら、体に必要なビタミンやミネラルを手軽に摂取できます。 サプリメントを飲んで体に必要なビタミンやミネラルを摂取したら、免…

疲労回復を期待できる、健康法の入浴

慌ただしい現代社会では、仕事の残業が続いたり、飲み会で帰宅が遅くなったりします。
そんな時、お風呂に入るのが面倒に思えてしまいます。

しかし、ゆっくりと「お風呂に入ること」はとても大切です。

なぜなら、お風呂に入ることで血行が促進されて、血行不良による様々な体調不良が解消されるからです。

昔から「お風呂は疲れに効く」と言われています。
これは血液が流れることで、筋肉に溜まった老廃物が分解されるからです。

血行不良は、腰痛や肩こり、さらには頭痛の原因にもなると言われています。
このような体調不良を解消させるためにも、毎日入浴すると良いです。

個人的にも、クタクタに疲れていても、お風呂に入ると元気になれる気がします。

お風呂はリラックスできて疲労も回復できる、有効な健康法だと思います。

汗をかいて体の老廃物が外に出てゆく、健康法の入浴

お風呂に入ること、つまり入浴は優れた健康法です。 お風呂に入ると汗をかいて、体の中にある老廃物が体の外に出てゆきます。

健康維持のための薬用植物を用いた民間療法、ハーブ療法

ハーブを健康目的として用いたものに、ハーブ療法があります。

ハーブ療法は、薬用植物を用いた民間療法で、世界中で古くから行なわれてきました。
日本でも古くから、漢方薬や民間療法で東洋のハーブが使われてきました。

西洋医学が発達した現代でも、火傷にはアロエ、風邪にはショウガといったように、ハーブ療法は日常生活の中に存在しています。

体調が悪い人のための予防的な植物療法、ハーブ療法

ハーブ療法は、なんとなく体調が悪い人のための植物療法です。 ハーブ療法は民間療法ですが、代替医療としても注目されています。

健康になるための知恵袋、健康法

健康な女性

健康法と言われているものには、伝統的に受け継がれている方法から最新医学を参考にした方法まで、たくさんあります。

いつの時代でも、健康になる方法は関心が高かったようです。

健康法の基本的な概念は、江戸時代に生まれたと言われています。
それ以来、様々な健康増進の方法が登場しました。

ある時は医療を参考にして、ある時は生活体験を参考にして、健康法は生まれました。
そんな状況より、健康法は一種の文化と言えます。

そして健康法は、健康になるための知恵袋とも言えます。

もしも自分にピッタリな健康法が見つかったら、健康維持のため、ぜひやってみてください。

健康維持の「まとめ記事」

健康維持の「まとめ記事」

健康維持で役立つ「まとめ記事」を、公開しています。 あなたの健康生活に、ぜひ役立ててください。