【まとめ記事】トルマリン原石の「お風呂」など、冷え性を改善する方法

ツラすぎる冷え性を、なんとかしたい…。
冷え性を改善する方法、知りたいです。

まずは体を温めて、血行を良くすることです。

冷え症改善の方法には、以下のものがあります。

  • トルマリン原石を入れた「お風呂」に入ること。
  • 足湯に入ること。
  • 腹巻をすること。

実際に体を温めたら、冷え性を軽減できる可能性があります。

ツラい冷え性

冷え症の女性

冷え性を改善する方法の一つは、体を温めて血行を良くすることです。

なぜなら冷え性は、体内の血行不良が原因だからです。

血行不良の原因は、いろいろ考えられます。

  • 毛細血管までに、血液が届かないから。
  • 気温の変化で毛細血管が縮んで、元に戻らないため。

これらが原因で、手足の冷えにつながることがあります。

特に冬になると、体の冷えに耐えられないという女性も多いでしょう。

冬に「寒さ」を感じるのは、ごく普通のことです。

しかし部屋を暖かくしていても、以下のような症状を実感する方は、冷え性の可能性があります。

  • 体が、なかなか温まらない。
  • 手足が、いつも冷たく感じる。

近年、冬だけでなく、夏でも強い冷房により体が冷えることがあります。
よって一年中、冷えに悩まされる方が多くいます。

65歳以上の人では、6割から8割が冷え性だと言われています。
また、どちらかというと女性に冷え性が多い、と言われています。

トルマリン原石の「お風呂」

トルマリンを入れた「お風呂」は体を温めてくれるので、冷え性改善を期待できます。

トルマリンは電気石と呼ばれ、常に電気を帯びている状態です。
また、遠赤外線を放射しています。

この遠赤外線を体に当てると、体を温めてくれます。体の外側を温めるだけではありません。体の内側も温めてくれます。

なおトルマリンは、加熱したら遠赤外線を放出します。よって例えば、トルマリンを「お風呂に入れる」と良いです。

遠赤外線を放出している「お風呂に浸かること」で、体の芯から温まることができます。

トルマリン原石の「お風呂」で、冷え性を改善しましょう

トルマリン原石の「お風呂」は、体の血行を良くする「お風呂」です。 トルマリンの「お風呂」に入ったら血行が良くなり、冷え性の改善を期待できます。

フットバス

人間の体温は通常、一定に保たれています。

しかし冷え性で「お悩みの方」は、手や足の指は体の他の部分より冷えています

よって、手足が冷える人は多いようです。

一般的な冷え性対策では、体を温めることが目的です。体の冷えた部分や冷えやすい部分を温めることになります。

足湯は、冷え性改善に効果的です。なぜなら足湯は、足先を温めるのに効果的な方法だからです。

足湯で足先を温めると、血行が促進されます。これにより、体内の血行も良くなります。

実際に足湯を続けることで、冷え性が改善された方もいるようです。そのため、冷え対策のひとつとして、足湯について知っておくと良いです。

足湯の「やり方」

足湯の温度は、お風呂と同じ40℃くらいが最適です。
熱すぎず、ぬるすぎずという温度です。

フットバスを使用していると、お湯が徐々に冷めていきます。その場合は、お湯を足します。

お湯の中に、体を温める効果があるアロマオイルを少し入れても良いです。リラックス感を得ながら、冷え性対策を行なえます。

フットバスに15分ほど入った後、足の「お手入れ」をします。
水分をよく拭き取り、靴下を履いて足先の保温に努めます。

フットバス商品を使いましょう

自宅で簡単に足湯ができるフットバスもあります。
いろいろな商品を使って足湯をやってみてください。

足の冷え性を改善したいなら、フットバスをしましょう

フットバスをして足を温めることで体全体が温まり、血行が良くなります。 よってフットバスは、冷え性のために「足が冷たい人」におすすめの健康法と言えます。

【まとめ記事】ぽかぽか温浴

温かい「お風呂」は、体を温めるのにとても効果的です。

例えば冷え性を改善したい場合、ぬるめの「お湯」に15分以上ゆっくりと浸かることが効果的です。

体の中から温まるゲルマニウム温浴岩盤浴も、冷え性の改善に良いです。

【まとめ記事】体から老廃物を出して健康を維持、ぽかぽか温浴

温浴とは、一般的に温かい「お風呂」に入ることを言います。 温浴と言ったら、ゲルマニウム温浴や岩盤浴が知られています。汗をかいて老廃物を出せるので、健康法として…

腹巻

腹巻は、冷え防止に効果的です。

体が冷えている時は、上半身よりも「お腹」や「下半身」が冷えています。

体内の血液の約7割は、重力の関係で下半身に集中しています。そのため、「冷え」を軽減するためには下半身を温めることが重要です。

まずは、お腹を温めてください

お腹は内臓に近いので、お腹を冷やすことは内臓を冷やすことと同じです。「腸などの働き」が悪くなると、便秘や下痢などの症状が出ます。

お腹を温める腹巻

手先や足先の冷えには気づきやすいですが、お腹の冷えには気づきにくいものです。 そんな「お腹の冷え」を防ぐために効果的なのが、腹巻です。

唐辛子

唐辛子を食べると体が温まり、汗をかくのは、体内でエネルギーが消費されるからです。

そのため、唐辛子は冷え性で悩んでいる人に「おすすめの食品」と言えます。

唐辛子に含まれているカプサイシンは、「血行を良くする働き」があります。

「肩こり」や「冷え」を解消する、と言われています。

体を温めるので、ダイエットに良い唐辛子

唐辛子に含まれているカプサイシンは、血行を良くして「体温を上げる働き」があります。 体が温まると、体の代謝が上がると期待できます。代謝の向上はダイエットに良い、…

ホットヨガ

「体の冷え」は、血流不足が原因です。

例えば、座って仕事をすることが多い人は血流が悪く、冷え性にもなりやすいようです。ちなみに冷え性は、どちらかというと女性が多いようです。

ホットヨガは高温で多湿な室内で体を動かすので、血流を良くしてくれます

体内の血行が良くなると、「冷え」を改善できます。

また、汗をかくことも冷え性対策になります。
ヨガは汗をかくように見えないかもしれませんが、汗をかく運動です。

基礎代謝を高めるホットヨガ

高温で多湿な室内で行なうホットヨガは、通常のヨガと比べて汗をたくさんかきます。 よって通常のヨガよりも、より一層「基礎代謝の向上」を期待できます。

冷え性の漢方薬

西洋医学では、冷え症という病名はありません。特に治療もしません。

一方、漢方医学では、古くから冷え症は以下の事に関係している、と考えられてきました。

  • 水滞(すいたい)
  • お血(おけつ)

そして、冷えの症状に対する漢方薬が処方されてきました。

漢方では、体を温めながら末梢の血流を良くする漢方薬が処方されます。

体のバランスを崩した原因を突き止めて、改善することで、「体の冷え」を根本から治すことを目指します。

「体の冷え」は、体の自然治癒力を低下させます。放っておくと、より深刻な症状につながる可能性があります。

なので、なるべく冷え症を改善することが大切です。

東洋医学では病気と言える冷え性、漢方薬で改善しましょう

東洋医学では、冷え性は病気であると判断しています。 なので、冷え性を治す漢方治療があります。