【まとめ記事】ポッコリお腹や体調不調の解消、骨盤矯正

体調不良は嫌だから、「骨盤の歪み」を何とかしたい。

骨盤矯正の方法で、以下のような方法をご紹介しています。

  • 背筋を伸ばすなど、日常生活でできること。
  • 骨盤矯正クッションを使うなど、グッズを使うこと。

実際に「骨盤の歪み」を改善できたら、体調が良くなることを期待できます。

「骨盤の歪み」による体調不調

「骨盤の歪み」は、体のバランスを崩してしまい、

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛

という症状の原因になったりします。

  • ポッコリお腹
  • 太りやすい体質
  • 疲労感

などの原因にもなります。

また、

  • 女性では、生理不順や不妊症
  • 男性では、精力減退

など、体にさまざまな症状が現れる原因になったりします。

他にも、「骨盤の歪み」をずっと放置しておくと、ヘルニアなどの重い疾患につながる可能性もあります。

骨盤が歪む原因

骨盤は、どうして歪むのでしょうか。

骨盤が歪んでいると言っても、骨盤そのものが変形しているわけではありません。

「骨盤周り」の筋肉のバランスが悪くなり、その筋肉で支えられている骨までもがバランスを崩し、歪んでしまうということです。

  • いつもヒールの高い靴を履いていたりする。
  • バッグを同じ肩にかけていたりする。
  • 座る時に足を組んだりする。
  • 食事の時に、片方の歯だけで噛んでいたりする。

こんな事をしていると、骨盤はだんだん歪んでゆきます。

姿勢の悪さ、骨盤が歪む原因

骨盤が歪む原因でよく指摘されているものは、「姿勢の悪さ」です。 骨盤を歪ませる原因がわかったら、気をつけることで、「骨盤の歪み」を軽減できます。

骨盤矯正の方法

日常生活でできる骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤は、日常生活の中で徐々に変形したり傾いたりします。

「骨盤の傾き」はすぐに矯正できませんが、日常生活で少し気をつけることで、少しずつ矯正できます

以下に、日常生活でできる骨盤矯正の方法を、ご紹介したいと思います。

日常生活では、常に腹筋を意識してください。
少しでも時間があれば腹式呼吸をするなどして、常に腹筋を動かすように心がけましょう。

普段あんまり使わない手や足があったら、意識して使ってください。
例えば「右利き」の人は、「左手」も使ってください。

なお、神経質になって全部やる必要はありません。日常生活で「自然に行なう感じ」で良いです。

姿勢について

姿勢については、常に背筋を伸ばして、正しい姿勢を保つように心がけましょう。

椅子に座る時も、背筋を曲げないように深く腰を掛けた姿勢で座ってください。
座る際、なるべく足を組まないようにします。

寝る時の姿勢は横向きにならず、「仰向け」で寝るようにします。

歩くことについて

ガニ股の人は、骨盤がずっと開いたままになっています。なので意識して内股で歩くようにしましょう。

骨盤を閉じるには、歩く時や立っている時に、足の親指の内側にギュッと力を込めてください。

ハイヒールなどヒールの高い靴を履くと、足の外側に力が入って歩くことになります。それは、骨盤が開いてしまう原因です。

できれば、自分に合ったヒールの低い靴を履いてください。

骨盤矯正クッション

このクッションは骨盤を矯正するための物だから、普通のクッションとは大きく異なります。

  • 中央に「お尻を乗せる穴」と「くぼみ」がある物
  • 逆に、中央が盛り上がっている物

があります。

また、別のクッションでは、

  • 意図的に底の部分が不安定になっていたり、
  • 座った時に体が左右に揺れるように作られている物

もあります。

これらの骨盤矯正クッションは、上半身のバランスを骨盤によって取ることで、「歪み」を補正できるという考え方のようです。

使い方は座るだけ、骨盤矯正クッション

骨盤矯正クッションを使って骨盤を引き締めることで、余分な肉が付きにくくなったり、痩せやすい体にできたりを期待できます。

骨盤矯正ベルト

現在では、さまざまな骨盤矯正グッズが販売されています。
それらの中で、骨盤矯正ベルトは便利ということで人気があります。

その使い方は、骨盤にベルトを巻くだけです。
価格も安いです。なので人気のある矯正グッズです。

骨盤矯正ベルトの見た目は、「腰痛持ち」の人がよく腰に巻いているベルトと似ています。
腰の少し下、骨盤のあたりに巻いているベルトという感じです。

製品によっては、幅を広めに作り、腰までカバーする物もあります。
このタイプのベルトは、産後の女性にも非常に適しています。

特にワイドタイプは骨盤を矯正して、伸びた「お腹のたるみ」も引き締めます。
産後の女性にとって、「お腹のたるみ」を改善できることは嬉しいです。

使い方は体に巻くだけ、骨盤矯正ベルト

骨盤を正しい位置に固定してくれるという骨盤矯正ベルトがあります。 内部の「筋肉の衰え」によって開いてしまった骨盤を、正常な位置で支えてくれるベルトの事です。

「骨盤の歪み」を治せる、運動器具のステッパー

筋力低下による「骨盤の歪み」を治すには、骨盤を支えている筋肉を鍛えることが重要です。

運動器具であるステッパーは、骨盤矯正にも利用できます。

ステッパーを踏むことで、特定の筋肉に負荷がかかるように設計されているからです。
そのため、普通に歩く場合と比べて「骨盤の歪み」を矯正できます。

「骨盤の歪み」を治せる、運動器具のステッパー

ダイエットステッパーによる運動は、骨盤矯正の効果を期待できます。 ステッパー器具による足踏み運動を続けたら、「骨盤の歪み」を改善できる可能性があります。

骨盤矯正パンツ

体操や運動しながら骨盤矯正しようと思っている方は、骨盤矯正をサポートするパンツを使用できます。

骨盤矯正パンツを履くことで、骨盤を支えることができます
腰を安定させるパンツです。

このパンツを履いていても動きやすく、汗を吸収してくれます。よって、ジョギングやウォーキングにも使えます。

注意する点

しかし、この骨盤矯正パンツを着用するには、いくつかの制限があります。

連続しての着用は、1~2時間くらいまでとしてください。
一日中装着していると、体に負担がかかったりすることがあります。

また、就寝時の使用は避けてください。

腰痛で治療中の方は、主治医に相談してください。
なぜなら、このパンツは治療用ではないからです。あくまでサポート用として使われるからです。

より安全で効果的な骨盤矯正を行なうために、商品説明書の注意事項を読んでください。

スリムな体型に戻りたいなら、骨盤矯正パンツ

「骨盤の歪み」を矯正するグッズの一つに、骨盤矯正のサポートパンツがあります。 骨盤矯正パンツを着用することによって、骨盤を安定させる作用を期待できます。

体操して「骨盤の歪み」を治しましょう

「下半身太り」の人や腹筋が弱い人は、骨盤が開いていることが多いようです。

骨盤が開いている人は、以下のような「悩み」があるようです。

  • 冷え性。
  • 下腹が出ていることが気になったりする。

これらの「悩み」を解消するには、「骨盤の歪み」を矯正する体操を行なうと良いです。

骨盤矯正体操は、たくさんあります。
そんな中で、とても簡単にできる骨盤矯正体操を一つ、ご紹介したいと思います。

  1. まず、座ったまま足を伸ばし、足の指でじゃんけんをします。
  2. もちろん、手と同じようにはいきません。
    ですがグー、チョキ、パーという形を作るという意識で、足の指を思いっきり動かしてみてください。

骨盤とつながっている足の先を動かすことで、徐々に骨盤に影響を与える体操です。
普段あまり動かさない足の指を動かすことで、自然と骨盤に対して影響を与えることができます。

体操して「骨盤の歪み」を治しましょう

「骨盤の歪み」は、骨盤矯正の体操で改善できます。 骨盤矯正の体操を実践していると、骨盤は正しい位置に戻っていきます。 すると「お腹」の余計な肉が、取れたりします。

細い腰を目指す骨盤ダイエット

骨盤ダイエットとは「骨盤の歪み」を矯正することで、体全体の機能を高め、体重を減らすダイエット法です。

無理なカロリー制限をしたり、体に負担のかかる運動をすることなく、均整の取れた体型を手に入れることができる、と言われています。

また、新陳代謝の向上を利用したダイエットのため、リバウンドもしにくいと言われています。

特に、下半身のダイエットに効果的です。これは、女性に人気のダイエット法となっている理由の一つです。

細い腰を目指す骨盤ダイエット

骨盤ダイエットとは、ウエストやヒップサイズのダウンを目的としているダイエットです。 骨盤矯正のクッションなどの用具を使って、ダイエットを行ないます。

骨盤枕ダイエット

この骨盤枕を使ったダイエット方法は、まず歪んだ骨盤を矯正して、短期間でサイズダウンの実現を目指します。

さらに、骨盤を正しい位置にすることで、体が本来持っている代謝機能を高め脂肪を燃焼させます

なお、どんなダイエットでもそうですが、効果の現れ方には個人差があります。

始めたばかりでは結果が出ない方も、当然います。
それでも骨盤枕ダイエットを続けてみることで、体型の変化を実感できる日が来るようになります。

できるだけダイエット効果を実感できるように、骨盤枕ダイエットを始める前に、各部位のサイズを測っておくと良いです。

特に、ウエストを測っておきましょう。
「腰周り」が細くなったのを数値でわかったら、体型の変化を実感できるからです。

健康法から生まれた痩せる方法・骨盤枕ダイエット

骨盤ダイエットで使われている骨盤枕とは、形が筒型の細長い枕です。 その枕の使い方は、背中の裏側に骨盤枕を置いて、床に寝るだけです。

骨盤のストレッチをして産後ダイエット

産後に骨盤が開いたままだと、以下の可能性があります。

  • 太りやすい体質になる。
  • 腰痛などの症状を引き起こす。

また、骨盤が広がっていると、お尻周りに脂肪がたまりやすくなり、お尻がたるんでしまいます。

軽いストレッチ体操を少しずつ行ないながら骨盤を矯正して、体の「歪み」を改善するようにしてください。
そうすることは、余分な脂肪を落とすことにつながります。

骨盤矯正ストレッチをして産後ダイエット

骨盤矯正ストレッチは、産後ダイエットの方法の一つです。 骨盤矯正ストレッチ運動を続けたら、脂肪の代謝が改善して、痩せる可能性があります。