動植物や鉱物を組み合わせた薬・漢方薬

漢方薬

漢方薬とは、

生薬(しょうやく)と呼ばれている、薬効がある動植物や鉱物を「いくつか組み合わせた薬」

のことを言います。

漢方薬

生薬を複数組み合わせる点は、漢方薬の特長と言えます。組み合わせる事による複合効果は、他の医学には見られない特徴と言えるでしょう。漢方薬は、原則として2種類以上の生薬が配合されている薬です。ほとんどの漢方薬においては、4種類以上の生薬が配合されています。

漢方の長い歴史の中で、どの生薬を組み合わせると効果があるか研究されてきました。数多くの漢方による治療経験により、安全で有効な生薬と配合だけが今に残っている、と言えます。
生薬は、自然の中に存在している物です。植物の葉や茎、実や根、花や樹皮などがよく利用されています。植物以外の物では、鉱石や動物の化石、貝殻なども利用されています。何らかの薬効成分を含んでいる物が、生薬として利用されています。

生薬を組み合わせた漢方薬は、体全体に作用する薬です。現代の医療で用いられる現代薬のように、病巣だけに的を絞って直接作用する物ではありません。漢方薬は、体の全体に穏やかに作用するので、アレルギー性疾患や老人性疾患という全身的な慢性疾患に有効とされています。

一方、多くの現代薬(西洋薬や化学薬)は、有効な成分だけを分離して、精製した物です。非常に効力があり、治療の目標とする病巣部位に直接作用します。

ちなみに漢方は、日本に伝わった後では日本独自の発展を遂げているようです。
また、漢方には、漢方薬による治療だけではなくて、鍼(ハリ)や灸(きゅう)なども含まれています。

体質を改善する薬

漢方医学では、例えばアレルギー症状に対して、その人の体質の問題であると考えています。同じ物質に対して、アレルギー反応を起こす人と起こさない人がいるからです。そして漢方薬は、体質を改善するためのものと考えられています。
西洋医学の場合では、アレルギー反応を抑えるための治療を行ないます。根本的な治療というよりも、対処療法と言えるでしょう。

もしも漢方薬を飲み続けることで体質を改善できたら、その後、アレルギー反応は起きないでしょう。しかし体質の改善は、かなりの時間がかかります。なので多くの人は、長い間、薬を飲み続けることができないようです。
症状が少し治まったら、漢方薬を飲まなくなります。そして再び、アレルギーに悩むことになってしまうようです。

未病の場合で飲む薬

未病とは、漢方の考え方の一つです。病気と健康の間の状態、病気の一歩手前の状態の事を言います。完全に健康であるとは言えない状態ですが、西洋医学による検査では結果に異常が認められない状態となります。
未病の自覚症状としては、頭痛や肩こり、耳鳴り、倦怠感、朝起きられない事などの症状があります。自覚症状がまだない生活習慣病も、未病と言えるでしょう。

このような体調の不調をそのままにしておくと、実際の病気になってしまう可能性があります。よって未病の段階で対処する事が、大事です。病気になるのを予防する事が大切です。西洋医学においても、予防医学がますます重視されるようになってきています。
漢方においては未病も治療の対象になり、漢方薬が処方されます。

西洋医療でも使われ始めています

漢方薬と現代薬では、それぞれに一長一短があります。
最近では、漢方治療を取り入れている大学病院や公立病院も増えてきています。
また、西洋医療と組み合わせて、効率良く治療を進め、効果を発揮している場合もあります。
漢方薬と現代薬、それぞれの良い点を取り入れようとしている治療法と言えます。

漢方治療は、経験の医学と言われています。しかし漢方薬の作用について、科学的な研究も進められています。現代医学の面から、効果の裏づけが取れた漢方薬が増えてきています。

漢方の診察

漢方の診察には、4つの方法があります。「望診」「聞診」「問診」「切診」です。これらの事を四診と言います。医師の五感によって、患者の心身の状態を診察します。西洋医学で使われている検査機器を使わずに、診察します。

ところで患者の診察の際、患者はよく「体調が悪い」とか「気分がすぐれない」という「あいまいな言い方」をします。抽象的な言い方ですが、漢方の診断では重要な要素と考えます。
あと、漢方の診察では、頭痛の診断なのに腹部を診察したりします。これは、全身の状態を理解する事を基本としているからです。ある部分の症状に対して、全身の状態を踏まえて判断します。

緊急の場合は西洋医学

例えば、大したことはないと思われがちな腹痛において、食中毒や虫垂炎(盲腸)、腸閉塞など、急を要する病気である場合があります。
なので医師の判断を仰いでから、漢方薬の服用が適切であるかそうでないかを、決める必要があります。

漢方薬の処方

漢方薬漢方薬は西洋薬と違い、病名や症状だけから適切な処方を選択できません。

漢方薬を決定する際は、病気の人の体質・体力・抵抗力、病気の進行具合などを示す「証」から、総合的な判断をして決定します。
代表的な「証」には、「虚実(虚証と実証)」「陰陽(陰証と陽証)」「気・血・水」があります。例えば、その中の一つの「虚実」は、患者の体質と体力の充実度を示すものです。

漢方医学では、同じ症状を持つ人でも違う漢方薬を服用することがあります。それは、

人それぞれの「証」に基づいて有効な漢方薬を判断しているからです。

例えば同じ下痢という症状に対して、虚証の人に対して実証の人に用いる下剤を使うと、かえって病状の悪化を招く可能性があります。
「証」の診断については、漢方医学の専門医に任せることが理想的です。

代表的な証の判定

漢方医学では当人の体質や体力、抵抗力、病気の進行程度を意味する「証(しょう)」に基づいて、それに適した漢方薬を用います。
よって同じ病気でも、その人それぞれに応じて違う漢方薬が使われます。漢方医学において、その人の「証」を正確に把握する事が治療の最大のポイントとなります。

「証」の代表的なものには、次のものがあります。

虚実(虚証と実証)

「虚実」とは、患者の体質と体力の質的な充実度を示すものです。

陰陽(陰証と陽証)

「陰陽」とは、病気の進行の具合と体力の消耗度を示すものです。「病気の勢い」と「その人の体力」の関係を、量的な面からとらえます。

気血水

「気・血・水」とは、漢方医学における身体の生理機構を意味する言葉です。

虚実

漢方において虚実は、漢方薬を決定する重要な要因です。「証」の一つです。

虚証

虚証とは、病邪が体内に無いのに、その人の精気や体力がすでに衰えてしまっている状態を言います。虚証タイプの人の特徴として、皮膚や筋肉が軟らかくて、やせ型、顔色が青白くて弱々しく見える点です。このタイプの人には、体力低下を補う漢方薬が用いられます。

虚実について、虚証と判断される特徴をいくつか書きます。

  • 痩せ型。
  • 線が細い感じ。
  • 「まなざし」が細くて、疲れている。
  • 声が細くて、小さい。「声の高さ」が低い、または高い。
    口ごもり、発音が不明瞭。声の質はかすれて、にごっている。
    早口。
  • 胃腸が弱い。
  • 疲れやすく、回復が遅い。
  • 歩き方が弱々しい。
  • 静的。
  • 消極的。

実証

実証とは、病邪が体内に残っているけれど精気や体力が充実しており、病気に対抗できる状態を言います。実証タイプの人は、皮膚や筋肉が硬くて緊張しています。がっちりとした体格で、血色が良くて行動的な人です。
このタイプの人には、病邪を追い出す漢方薬を用います。このタイプの人なら、強力な発汗作用や下剤などの薬を用いることが可能です。

虚実において、実証と判断される特徴をいくつか書いてみます。

  • 筋肉質、筋肉が硬い。
  • 顔の造作が太く、大きい。
  • 「あご」が角ばっている。
  • 首が太い。
  • 自己肯定的。
  • 活動的。
  • 働いても、すぐに疲れが取れる。

陰陽

「陰陽(陰証と陽証)」とは、病気の進行具合と体力の消耗度を見るものです。「病気の勢い」と「その人の体力」の関係を、量的な面からとらえて割り出します。

病気の「かかり始め」で、体力が病邪よりも優位にある時期を、陽証期と言います。

病気が進行して、体力が病邪よりも劣った状態にある時期を、陰証期と言います。

漢方医学の重要な「証」の一つに、虚実があります。この虚実が、体力の「質的な充実さ」を示す証であるとすれば、陰陽は、体力を「量的なもの」から捉えたものと言えるでしょう。

陽証の人

陽証の人は、病気の状態が積極的・動的・開放的です。そして、熱性の傾向が見られます。
炎症や充血、発熱といった症状を示すことが特徴です。
体を冷やし、熱を取り除く作用がある漢方薬を用います。例えば「桂皮(けいひ)」や「麻黄(まおう)」などを含む物です。

陰証の人

陰証の人は、病気の状態が消極的・静的・潜伏的です。そして、寒冷の傾向があります。
このような人の場合、寒気を訴え、手足が冷えて、顔色も青白いことが特徴です。熱が出るといった症状はありません。
従って、体を温める作用がある「附子(ぶし)」や「乾姜(かんきょう)」を含む漢方薬を用いて、治療を行ないます。

気血水

「気・血・水(きけつすい)」とは、漢方医学における身体の生理機構を意味する言葉です。

漢方医学には「病邪侵攻」という言葉があります。身体が病気に犯されている状態と、病気の進行具合を意味する言葉です。
「気・血・水」では、体のどの部分が病邪侵攻を受けているか、注目します。

なお、漢方医学では、病気は「気・血・水」のどれか一つだけが原因になると考えません。複合的に関連することで症状が現れる、と考えます。

「気」とは、見えないエネルギーのことです。
漢方医学では、この「気」が体を循環することで健康な生活を送ることができる、と考えます。

この「気の流れ」が悪くなると、体に異常が生じます。神経や精神機能に障害が起きている、と考えます。
例えば、気が上に昇った状態の場合、症状としては「のぼせ感」として現れます。この場合、「流れ」を正常に戻す順気剤を用いることになります。

「血」とは、ホルモンや血液に当たるものです。
これらの循環に支障が生じて、血液が滞っている状態を「お血」と言います。この状態を改善する場合、駆お血剤を用います。

体内の内臓や筋肉、粘膜や関節などには、体液が存在しています。この体液は、身体を構成して維持するために「とても大切な働き」をしています。
漢方で言う「水」とは、体液のことです。漢方では、体の中にある血液以外の全ての水分の事を「水」と言います。体内にある組織液や消化液などの水分を、指しています。

漢方医学では、水分代謝の不調を「水の滞り」と考えます。体液が身体の一部に偏り、水分がうまく代謝できなくなった状態のことです。体液が体の一部に偏っている状態のことを、「水毒」と言ったりします。

例えば女性に多く見られる冷え性は、取りすぎた「水」がうまく体外に排出されない事から起こると、漢方では考えられています。体内に「水」が溜まって汚れて、「水滞」という状態になります。この「水滞」は、冷えの原因の一つとされています。
身体が冷える事を防ぐには、温かい料理が良いです。また、衣類や寝具において、腰や足などの身体を冷やさない物を使うようにしましょう。
あと、辛い食べ物や味の濃い食べ物を食べすぎると、水分の取りすぎになってしまいます。控えるようにしましょう。

水分代謝の不調に対しては、利水剤という漢方薬群が用いられます。
食生活によって水分代謝を整えるためには、冬瓜(とうがん)やキュウリを食べるようにしましょう。これらは、利尿作用が高い食べ物だからです。

副作用が少ない薬

漢方薬は、全般的に現代薬(西洋薬・化学薬)と比べて、作用が穏やかな薬と言えます。

副作用については、比較的少なくて軽いと言われています。

漢方薬しかし、副作用がない訳ではありません。なので、素人の判断で用いてはいけません。

以下に副作用を起こしやすい漢方薬と、その副作用の症状を書きます。

  • 大黄:腹痛、下痢、食欲不振。
  • 麻黄:食欲不振、多汗、不眠、動悸。
    重症の心臓病の人の場合、「狭心症を起こす恐れ」があります。
  • 甘草:むくみ、血圧の上昇。
    この甘草は鎮痛、消炎効果があるので、多くの漢方薬に含まれています。
  • 附子:熱感、ほてり、発汗、しびれ。
  • 地黄:胃の「もたれ感」。

漢方薬は、個人の「証(しょう)」に合わせて用いることが原則です。
漢方薬が「その人の証」に適していない場合、かえって症状が悪化してしまう危険性があります。例えば、虚証の人に対して強力な下剤や発汗薬を用いることは、不適切と言えます。

瞑眩

その人の証に合っている漢方薬を用いているのに、不快な症状が出る場合があります。
これは瞑眩(めいけん)と呼ばれる症状です。副作用と症状が似ているので、区別がつきにくいことがあります。

瞑眩の場合、症状が出るのは薬を服用し始めた最初の2日間から3日間です。その後は症状が治まり、快方に向かいます。
これは、薬が体に作用している証拠となります。漢方医学では、むしろ好ましい反応と考えられています。

昔から続いている日本の漢方

漢方の歴史について、簡単にお話したいと思います。
漢方のもとは中医学です。これは約2000年以上も前になる、中国の「漢の時代」に確立されました。

漢方は日本に伝わった後、日本独自の医療である漢方薬として発展しました。平安時代の後期から、日本独自の診断や処方が加えられてきました。ですが明治以降では、西洋の文化が伝来するにつれて、漢方は衰退してゆきました。西洋医学が、漢方に代わって主流となっていきました。
しかし、漢方が衰退してゆく中でも、漢方を支持する医師は存在し続けました。よって、完全に無くなる事はありませんでした。

漢方は、東洋医学の一つです。東洋医学とは、アジアの諸地域で発祥した医学の総称です。漢方を始め、中医学、イスラム医学、チベット医学なども含まれています。
日本においては、東洋医学と言えば漢方を指すことが多いです。ちなみに東洋医学には、鍼(ハリ)、灸、按摩(あんま)、マッサージなども含まれています。

漢方薬と健康保険

全ての漢方薬に対して、健康保険が有効ではありません。2008年当時では、処方数は147種と限られています。そして医師の処方箋がある場合に限って、保険診療が認められています。
もしも漢方治療において保険診療を希望している人は、事前に診察を受ける医療機関に相談と確認をしましょう。漢方の治療で保険診療を行なっているかどうかについて、確認してから診察を受けましょう。

漢方薬の分類において、保険診療が認められているもの、そうでないものがあるそうです。
漢方薬について、せんじ薬とエキス製剤(医療用漢方製剤)の二つに分類した場合、エキス製剤に対してのみ保険診療が承認されています。
さらに細かく言うと、エキス製剤の中にも、保険が適応されるエキス製剤と保険適応外のエキス製剤があるようです。わかりにくいと思うので、医療機関に確認するようにしてください。
保険が適応される範囲内で漢方薬を処方してほしいと、予め申し出ておくことが大切です。

タイトルとURLをコピーしました