「顧客サービスの高み」を目指しているAmazon.co.jp

通販サイトのAmazon.co.jp

パソコンやスマートフォンの活用例として、ネットショッピングがあります。パソコンやスマートフォンがあれば、自宅から欲しい物を簡単に注文できます。

パソコンやスマートフォンの多くのユーザーが利用しているネットショップの一つに、アマゾンがあります。顧客第一主義の会社であり、その拠点はアメリカのシアトルです。
日本では、Amazon.co.jp(アマゾン)という通販サイトが運営されています。東京にあるアマゾンジャパン株式会社が、日本版サイトの運営を行なっています。

アマゾンの通販サイトには、レコメンデーションという機能があります。これは、ユーザーの過去の購入歴から興味がありそうな商品を選び、サイト上やメールで案内するという機能です。
例えば「この商品を買った人は、こんな商品も買っています」という情報を、サイトに表示します。
この仕組からも、常に顧客サービスの最先端を目指している企業と言えます。

Amazon.com

キンドル端末

インターネット上で書籍などを販売しているAmazon.comは、ドイツ・フランス・イギリス・カナダ・中国でも、サイトをオープンしています。世界中で25か所以上のショッピングセンターが稼動しています(2010年当時)。

Amazon.comは、インターネットビジネスの電子商取引において、世界のリーダー的存在と言えます。
今では書籍以外にも、DVDや雑貨、宝石や家電など、様々な商品をインターネット上で販売しています。

今では巨大な企業となったアマゾンですが、元々は書籍販売などに全くの素人だった一人の男が始めた店でした。
アメリカ国内の大手書店が20万点の書籍を扱っている様子を見た際に、インターネット上に書店をオープンさせれば、もっと「たくさんの書籍を扱えるという考え」から始まったそうです。

Amazonアソシエイト

アマゾンと言ったら、通販だけでなく商品のアフィリエイト・サービスでも有名です。Amazonアソシエイトにまつわる個人的な体験談を、ご紹介したいと思います。

いつもよく聴いていたネットラジオのパーソナリティーさんが、ネットラジオのウェブサイト上から「Amazonの商品を買ってください」と冗談交じりに言っていました。
どうやらアマゾン商品へのアフィリエイトリンクが、ネットラジオのウェブサイト上に設置されているようです。そのリンク経由で買い物をすると、わずかな報酬ですが先程のパーソナリティーさんに支払われるようです(商品の売上アップに貢献したことに対する紹介報酬)。

いつも「そのネットラジオ」を聞いていることもあり、以前に1回だけですが、わざとアマゾンのアフィリエイトリンク経由で無線LANルーターを購入しました。パーソナリティーさんを応援するために、ひと手間かけて買い物しました。

ネットショッピング
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム