高校受験の歴史対策

高校受験の社会は、主に歴史と地理です。目指す分野においては公民も含まれますが、多くの生徒が受験するのは歴史と地理でしょう。

高校受験の歴史の勉強方法と言えば、とにかく暗記です。年号・人物名・施設名・時代の流れ・出来事など、これらを覚えることが歴史で点数を取るために必要な事となります。よって、暗記が得意な人と苦手な人で、得意・不得意が分かれる科目と言えます。

もしも暗記の苦手な人が高校受験の歴史で高得点を狙うなら、普通の勉強方法では難しいでしょうか?
実は、そうとも限りません。まずは、教科書を読み書きしてください。歴史では、他の分野と比較して、応用問題はほとんどないからです。
学校の中間テストや期末テストの場合では、先生によっては教科書に乗っていないような問題を出す事があるかもしれません。しかし高校入試では、そういうことはほとんどありません。
教科書の内容を覚えていれば、それなりの点数を取れます。そういう意味では、勉強方法の確立は、歴史の分野が一番簡単かもしれません。

年号を覚える場合は、月並みですが「語呂合わせ」が有効です。忘れにくくなるからです。暗記の負担が軽くなる、と言えます。

戦国時代最初に、歴史の勉強方法として「とにかく暗記する」と言いました。しかし一番良いのは、歴史そのものに興味を持つ事です。関心ある事や好きな事なら、自然と覚えられます。

例えばテレビのクイズ番組で、歴史に関する問題が出てきます。歴史上の偉人などを問題にしていたりします。そういった番組を見るなどして、歴史に興味を持つと良いです。

※この記事は2008年当時の記事になります。

タイトルとURLをコピーしました