日本のピアノメーカーの歴史

ヤマハ

ヤマハピアノ

楽器メーカーとして有名なメーカーの一つに、ヤマハがあります。楽器の製造だけでなくて、ヤマハ音楽教室もよく見かけます。子供の頃に通っていたという方もいる、と思います。
ピアノメーカーのヤマハは、ピアノを学んでいる人のほとんどがその名を知っている、と言えます。そのヤマハの歴史について、簡単にご紹介したいと思います。

1887年、山葉寅楠(やまはとらくす)氏が静岡県の浜松市で暮らしていました。
彼はある時、足踏みオルガンの修理を頼まれました。そして、その足踏みオルガンを見事に修理しました。この事より、「オルガン作り」を開始しました。
その後会社を設立して、ピアノの製造を始めました。そして1900年には、国産のアップライトピアノ「ヤマハカメンモデル」を完成させました。これは、国産アップライトピアノの第一号です。
1902年には、ヤマハ株式会社の前身である日本楽器製造株式会社が、グランドピアノの製作を始める事になります。
当時の日本は、かなり激動な時代だったと言えます。その厳しい時代を生き抜いて、今に至っています。

近年では、電子楽器の製造にも力を入れています。ヤマハは楽器のことを知りつくしたメーカーと言えます。だからこそ、電子楽器も作ることができると言えます。新しい楽器を作るには、それまでの実績や伝統が大事と言えるからです。
これからもヤマハは、多くの良質な楽器を作り続けてゆくでしょう。

カワイ

日本の代表的なピアノメーカーの一つであるカワイ(河合楽器製作所)の歴史を、ご紹介したいと思います。

その始まりは、創業者の河合小市 氏が河合楽器研究所を設立した事が始まり、と言えます。
その後の1929年には、河合楽器研究所を河合楽器製作所と改めました。
1952年には、小市 氏が亡くなります。そして河合滋 氏が、社長に就任します。河合滋 氏は、娘婿でした。
河合滋 氏は、事業の拡大に成功してゆきます。そして1980年には、河合楽器竜洋工場というグランドピアノ専門工場が完成しました。
そしてその翌年の1981年には、カワイフルコンサートグランド「EX」の生産が開始されました。その後、河合楽器製作所は順調に事業を伸ばしていくことになります。

ちなみにカワイの歴史を振り返った際、創業者である河合小市 氏は天才的技術者だった、という意見が多数あります。実際、天才として有名だったそうです。

近年有名な日本の楽器メーカー

近年の日本では、楽器メーカーとして次の3社が有名と言えます。

まずは、カシオです。カシオと聞いたら電卓のイメージがあるかもしれません。ですが電子楽器メーカーとして、世界に知られているメーカーと言えます。特にキーボードが有名と言えるでしょう。

次に、ピアノを中心とした楽器を製作しているメーカーとして、河合楽器があります。本格的なグランドピアノを始め、子供用の小さなピアノ、電子ピアノなど、多数のピアノを製作しているメーカーです。

最後に、日本で一番大きな楽器メーカーと言えるヤマハがあります。制作している楽器は多種にわたります。現代的な電子楽器からアコースティックな楽器まで、何でも揃っていると言えます。

もしもピアノやキーボードなどの楽器を買う際、特定のメーカーを決めていないなら、これら3社の楽器を選んでおけば、まず大丈夫でしょう。