誕生の「きっかけ」は?バービー人形の歴史

バービー人形が誕生した「きっかけ」は、何でしょう?

娘バーバラのために購入した、ドイツの人形リリが「きっかけ」でした。

人形リリはアメリカ人向けにデザインを変えて、バービー人形となりました。

バービー人形・誕生の「きっかけ」

バービー人形
バービー人形・イメージ画像

バービー人形は、ドイツの人形リリ(Lilli)をモチーフにして生まれました。

この人形リリは、マテル社の創業者ルース・ハンドラー(Ruth Handler)氏が、ヨーロッパを旅行中に、娘バーバラのために購入した物でした。

プロポーション抜群なリリ人形は、大人の男性をターゲットに作られました。
しかしファッションセンスが良いリリ人形は、女の子の間でも人気となりました。

マテル社は、アメリカでのリリ人形の販売権を獲得しました。

アメリカ人向けにデザインを変えて、娘のバーバラという名前にちなみバービー(Barbie)と名付けられました。

バービーは、1959年3月9日に「ニューヨークのトイフェアー」にてデビューとなりました。

本名は、バーバラ・ミリセント・ロバーツ(Barbara Millicent Roberts)です。
ファッションモデルをしている17歳という設定になります。

世界中で大人気のバービー人形

バービー人形は、世界中で年間約6300万体の売上があったと言われています。

そしてファッションリーダーとして、世界で活躍する有名デザイナーのファッションを次々と身にまとってきました。

例えば

  • ジバンシー
  • クリスチャン・ディオール
  • カルバン・クライン
  • ダナ・キャラン

などです。

しかし最初の日本では、人気なし

ところで日本でも、マテル社から販売されているバービーは、女の子に大人気です。

しかし最初は、人気がなかったようです。

1960年代

日本では、1960年頃から「アメリカのバービー」そのままの姿・形で発売されました。

しかし人気が出ず、リカちゃん人形の登場により日本から消えていきました。

当時他には、バービーの妹、スキッパー人形や、その後しばらくして「ツイストバービー」という人形が、流行ったそうです。

また、この頃「タミーちゃん」という人形もあったようです。
「タミーちゃん」については、あんまり聞いたことがないです。バービーと比べて童顔の人形だったようです。

1980年代

1980年代には、バービーは「日本人好み」に変身しました。タカラとの提携で、再度日本へやってきました。

どういう訳か、バービーはジェニーと名前を変えて販売される事になりました。

その後、マテル社はバンダイとも提携して(1999年当時)バービーを売り出しましたが、当時あんまり成功しなかったそうです。

実は日本で作られたバービー人形

バービー人形
バービー人形・イメージ画像

バービー人形は、実は「日本生まれ」でした。逆輸入ということになります。

初期の(1960年代の)バービー人形は、玩具問屋の株式会社国際貿易が日本で生産していました。

箱の文字や服に付いているタグなどは、英語で書かれていました。
なのでアメリカで製造されていると思いがちですが、実際は日本で作られていました。

アメリカ製(マテル社)だから値段が高いのか?と思っていた人もいたようです。ですが実際は、違っていました。

以上、バービーの着せ替え人形には、色々と古い歴史があったようです。