美味しく感じる、手作りの「お菓子」

クッキー午後のひと時に、「お菓子」を食べて休憩するとリラックスできます。夕方まで「もうひと頑張りしよう」と、元気が出るでしょう。

「お菓子」と言ったら、巷ではコンビニ・スイーツが話題になっています。だけどたまには、自分で作るのも楽しいでしょう。
自分で作ると聞くと、難しそうなので無理だと思うかもしれません。ですが、単に材料を混ぜるだけで作れる「お菓子」もあると聞きます。

例えば、食品スーパーや100円ショップの「お菓子コーナー」には、お菓子の食材が多数販売されています。

それら食材を適切に混ぜて、電子レンジでチンするだけで、美味しい「お菓子」の出来上がりです。

これなら自分でも作れそうだ、と思えるでしょう。そして自分で食材を選べるので、カロリー低めの「お菓子」を作ったりもできます。

「お菓子作り」が初心者の方は、手順が簡単なクッキーやガトーショコラなどから作ってみましょう。材料を混ぜ合わせて、オーブンで焼き上げる「お菓子」です。必要な器具と材料を揃えれば、簡単に作ることができます。

いつも食べるだけの「お菓子」ですが、ちょっと手間暇を掛けて手作りすると意外と楽しいかもしれません。そして自分で作った「お菓子」は、より一層美味しく感じられると思います。

「お菓子」を作れる「おもちゃ」

そう言えば最近では、「お菓子」を作れる「おもちゃ」があると聞きました。近年の「おもちゃ」は結構本格的であり、ちゃんと「お菓子」を作れる物になっています。

調理を助ける「おもちゃ」だそうで、電子レンジを使い、簡単に「お菓子」を作れるそうです。その「簡単さ」は、もしかしたらカップラーメンを作るくらいに手軽かもしれません。親御さんの間では、食育にも活用できる「おもちゃ」だと評判のようです。

調理の際に油を使わないので、健康に良い「お菓子」を作れます。お子様に限らず、普段お料理をしない大人の方でも、この「おもちゃ」なら楽しく「お菓子」を作れると思います。

贈り物に良い「お菓子」

手作りお菓子は、自分が食べるだけでなくて贈り物にも良いでしょう。たぶん友人や家族にあげるなら、問題ないでしょう。きっと喜ばれる贈り物となるでしょう。
ただし職場の上司や目上の人などに対しては、カジュアルな手作り「お菓子」を贈るのは避けたほうが良いです。

贈り物において手作り「お菓子」の良いところは、ラッピングを自由にできるところです。お菓子の形が不恰好になってしまった場合でも、ラッピングをすると見た目が「お洒落」で豪華になります。
リボンの色や袋など、「相手の好み」に合わせて選んでみましょう。

ただし、気をつけなければいけない点として、手作り「お菓子」は市販の物よりも日持ちしないという点があります。食中毒にならないように、衛生面にも気をつける必要があります。
手作り「お菓子」を贈る時は、相手の人数に合わせて適量を贈るようにしてください。すぐに食べ切れる量だけ、贈ると良いです。

お菓子
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム