殺菌力があるからニキビ薬として使える「はちみつ軟膏」

健康食品の「はちみつ」

蜂蜜「はちみつ」は、ただ甘いだけの食べ物ではありません。健康増進に役立つ食べ物です。

「はちみつ」の構成成分は、ほとんどがブドウ糖と果糖です。その他にはタンパク質や乳糖、リンゴ酸、ビタミンB群、カルシウム、パントテン酸など、様々なビタミンとミネラルが含まれています。

よく唇が荒れた時に、「はちみつ」を塗ると効くと言われています。これは、ビタミンB6とナイアシンの働きによるものです(唇だけでなくて、「肌荒れ」にも効果があります)。

「はちみつ」のニキビ薬

「はちみつ」には殺菌力があります。よって、ニキビに効果があるそうです。
以下に、はちみつ軟膏の作り方をご紹介したいと思います。

作り方

材料は、はちみつ20gと亜鉛華末1gです。※亜鉛華末とは酸化亜鉛の粉末です。薬局で買うことができます。
分量の割合は、「はちみつ」と「亜鉛華末」において「20:1」の割合となります。この割合で混ぜます。

作り方は、「はちみつ」に「亜鉛華末」を加えて、丁寧に練り合わせます。この時、均一に混ざるようにしてください。

はちみつ軟膏を作り置きする場合は、密閉できる容器に入れて、冷蔵庫で保存してください。

塗り方

使い方は、はちみつ軟膏をニキビなどの患部に塗ります。
べたべたするので、塗った上から絆創膏(ばんそうこう)などを貼ると良いです。
肌が弱い人の場合は、ガーゼの上から塗ると良いです。

「はちみつ」は、白く濁るものほど純粋です。混ぜ物が入っていると結晶化しにくいため濁りません。
ニキビ薬を手作りする際は、ぜひ純粋な「はちみつ」で作ってください。
ちなみに「この軟膏」は、かさぶたに塗った際、早く綺麗に治す効果があります。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム