体も心もあったまる鍋料理

鍋料理

鍋料理のイメージ画像

冬の定番料理と言えば、やはり鍋料理でしょう。鍋料理は、冬限定という訳ではありません。だけど冬に食べる鍋料理は、体の芯まで温めてくれます。心も温めてくれる食事と言えます。
一般的に鍋料理は、みんなで囲んで調理しながら食べることができます。なので、親しい仲間を招く時の「おもてなし料理」として、最適な料理だと思います。

鍋料理の中で人気の物は、寄せ鍋、水炊き、もつ鍋キムチ鍋などが挙げられます。
ご当地グルメとして有名な鍋料理もありますが、一般的には「おでん」と同じように、家庭で充分に楽しめる料理です。

鍋料理の調理法

よく知られている鍋の調理法について、ご紹介したいと思います。

おでん

「豆腐」や「こんにゃく」などの具材を、焼かずに煮込みます。なお関西では「関東炊き」と呼ばれているそうです。

すき焼き

関東の「煮るすき焼き」、関西の「あぶるすき焼き」というように、地域によって食べ方が違っているそうです。
今では「スキヤキ」と言えば、外国人の方も知っています。国際料理として親しまれています。

ちり鍋

具材の特徴として、白身魚を中心としています。
「昆布だし」の中に、白身魚、豆腐、野菜を入れて食べます。野菜については、アクのない物が好ましいです。
ちり鍋の呼び方については、「河豚(ふぐ)ちり」「鯛(たい)ちり」「鱈(たら)ちり」など、鍋に入れる魚の種類で呼ばれています。
魚ではなくて肉の場合でも、「鶏ちり」「豚ちり」など、肉の種類で呼ばれています。

水炊き

お湯で、鶏肉や野菜などを煮ます。具材が煮えたらポン酢などに付けて食べる鍋料理です。
野菜としては、「白菜」や「ねぎ」「豆腐」など好きな物を入れます。

湯豆腐

昆布出汁の「お湯」に、豆腐を入れて煮ます。醤油やポン酢に薬味を加えて、「たれ」にします。

寄せ鍋

白身魚、肉、野菜、貝類などを色々と組み合わせて煮た鍋です。色々な具材からできる煮汁は、充分に美味しいです。煮汁に薬味を加えると、さらに美味しいでしょう。

茹でるという料理法

鍋料理に限らず、一般的な料理において「茹でること」は、調理方法の基本の一つと言えます。茹でると聞くと、単に「お湯」に材料を入れて火にかけるだけ、と思うかもしれません。ですが茹でることにも料理のコツがある、と言えます。

茹でる際の料理のコツとして、塩を「ひとつまみ入れる」という工夫があります。例えばスパゲッティを茹でる際、お湯に塩を入れておくと、茹で上がったスパゲッティは「ひっつきにくくなる」と言われています。
また、ほうれん草などの綺麗な緑色をしている葉を茹でる際にも塩を入れておくと、そのまま綺麗な緑色に茹で上げる事ができます。

ちょっとした工夫なので、不要と言われればそうかもしれません。だけど美味しい料理を作るための豆知識として知っておきましょう。

汁の状態

鍋料理については、汁の状態によって大きく3つに分けることができます。

  1. 具材を水や出汁で煮込み、小皿などに取り分けた後に、ポン酢などで味をつけて食べるもの。例えば「水炊き」や「ちり鍋」など。
  2. 薄味で煮込み、具材と煮汁の両方が楽しめるもの。例えば「寄せ鍋」や「おでん」など。
  3. 「濃い味付け」で汁気がなくなるまで煮込み、食べるもの。例えば「すき焼き」など。

鍋の締め

ところであなたは、鍋料理の後の「締めの料理」にこだわりがあるでしょうか?
「好きな締めの料理」について、あるアンケートの結果をご紹介したいと思います。
雑炊」が、1位でした。とても美味しくて、定番と言える締めの料理でしょう。
「うどん」が、2位でした。これも定番でしょう。
そして3位は、「おじや」でした。

ところで「おじや」と「雑炊」は、どこが違うのでしょうか。一説によると、「雑炊」は「炊いたお米を洗って、ぬめりを取ったものを使ったもの」、「おじや」は「ぬめりを取らずに、そのまま使ったもの」だそうです。しかし単に呼び方が違うだけ、という説もあるそうです。