時間がかかる「洗濯物の収納」

洗濯という家事は、全体で考えると結構な時間を消費する作業と言えます。洗濯機が洗濯物を洗っている間については、手間はかかりません。ですが洗濯物を干したり畳んだりするのに、手間がかかります。
洗濯は人数が多いほど、洗い物が多くなります。よって家族の人数分だけ時間がかかる、と言えます。

そして意外と面倒なのが、洗濯物の収納です。乾いた洗濯物を取り込む、畳む、洗濯物に合わせてそれぞれの収納場所にしまう。ここまでの作業に時間がかかります。
これらの作業中に、何か他の用事が割り込む事もあったりします。特に子供さんのいる家庭では、色々と用事が発生したりします。その度に、洗濯物の収納作業が中断したりします。

そんな事より、洗濯し終わった洗濯物を収納できず、床に置きっぱなしという事もあるかもしれません。だけど洗濯して綺麗になった洗濯物は、きちんと畳んで収納したいです。

一時的な収納場所・洗濯かご

洗濯かご洗濯物を床に置きっぱなしにするくらいなら、一時的に「洗濯かご(ランドリーバスケット)」に入れて保管するほうが良いです。例えば籐(とう)などで作られた軽い「かご」の中に、とりあえず洗濯物を一時的に保管しておきます。忙しい時の収納場所として、「洗濯かご」を活用してみましょう。

また、洗濯する前において、つまり次回の洗濯まで一時的に洗濯物を保管するためにも、「洗濯かご」は使えます。洗う予定の洗濯物で部屋の中を散らかさないようにするためにも、「洗濯かご」は便利です。例えば、「大きい洗濯かご」があります。そのような「かご」を使うと、スッキリ保管できるでしょう。

洗濯物を「かご」に片付けるのは、面倒だと思うかもしれません。だけど洗濯という家事の全体にかかる時間を短縮するには、整理収納ができているという状況が重要と言えます。