人気が高まっている、家事代行型ハウスクリーニング

家事代行型ハウスクリーニング

「掃除やアイロン掛け」などの家事は日常的に行なうこともあり、結構疲れる作業と言えます。なので、たまには家事をサボりたいと思ったりします。
そう思ったことがある人に、ちょっと「おすすめのサービス」があります。家事代行型ハウスクリーニングと言われているサービスです。

ハウスクリーニングと聞くと、専門の業者による「きめ細かなクリーニングサービス」を思い浮かべるでしょう。普段掃除が行き届いていない場所まで、徹底的に掃除してくれるサービスになります。ですが業者のクリーニングサービスには、別のサービスとして家事代行型があります。

ハウスクリーニング業者家事代行型のハウスクリーニング・サービスでは、普段の家事で行なっている様な普通の清掃を代行してくれるサービスになります。

徹底的に掃除をしてくれるクリーニングサービスと比べて、気軽に依頼できるサービスと言えます。利用者として、「共働き」のために忙しくて掃除できない方や、育児や介護のために掃除できない方などが多い、と聞きます。

家事代行型のサービスでは、女性スタッフが多いと聞きます。奥様にとっては、女性のほうが自宅にやって来る際、安心できると思います。

さらに家事代行型のクリーニングサービスでは、掃除以外のことも引き受けてくれるそうです。例えば、「アイロン掛け」や「買い物の代行」「食事作り」なども対応可能なサービスがある、と聞きます。ここまでサービスしてくれると、クリーニングサービスというよりは「お手伝いさん」を雇っている感じになるでしょう。

まずは月に一度くらい利用してみましょう。部屋の中も掃除されて清潔になり、気分をリフレッシュできると思います。

トラブルに注意

ところでハウスクリーニングは、一昔前では特別なサービスという印象が強かったです。
しかし最近では、多くの人たちが気軽に家事代行型ハウスクリーニングを利用するようになって来ました。
よって、ハウスクリーニングの需要は増えてきている、と言えます。ですがそれに伴い、悪質なクリーニング業者によるトラブルも増えているそうです。

トラブルの事例は、いくつかあります。
電話で確認した時にはクリーニングできると言われたのに、当日になってできないと言われたり、キャンセルしたら高額な金額を請求されたり、という事例があります。
その他にも「かなりお安くクリーニングしますよ」ということで依頼したら、実は高額な掃除用品の勧誘が目的だった、という事例もありました。

以上のように、様々なトラブルが起きているようです。

ハウスクリーニング業者の選び方

たまにですが、悪質なクリーニング業者がいると聞きます。トラブルを防ぐためには、クリーニング業者を選ぶ時、どんな事に注意すると良いでしょうか。

良い業者かどうかを判断する目安の一つとして、「社団法人全国ハウスクリーニング協会」や「NPO法人日本ハウスクリーニング協会」という任意団体が認定する技能検定制度があります。
これらは国家資格ではありません。ですが、クリーニング業者が技能検定を持っているかどうか、参考情報として確認してみましょう。

クリーニングを依頼する前に、電話やメールで問い合わせてみましょう。そして対応が誠実な業者を、選ぶと良いです。
問い合わせの際、「受け答えの言葉遣い」や「丁寧さ」を確認しましょう。
作業内容に関しても、一方的に押し付けてこない業者が良いです。出来る事と出来ない事を、はっきり言ってくれる点も大切です。

あと、クリーニング費用が適正な金額かどうか、確認しましょう。
あまりにも安いと、クリーニング作業を簡素なものにしている可能性もあります。掃除の結果がイマイチということもあります。
費用の見積もり書を、必ずもらっておきましょう。口頭だけの「やり取り」は、トラブルの原因となります。別途料金などについても、確認してください。

作業内容に関しても、確認しておきましょう。
例えば、換気扇は分解清掃までしてもらえるのか?など、どこまで作業してくれるのかについて、確認しておきます。

また、クリーニング作業によって家電の調子がおかしくなってしまった場合など、トラブル発生時の補償についても、確認しておきましょう。