親の歯磨き姿を見せる事・子供に歯磨きさせる方法

子供の歯磨き、いつから始める?

歯磨きする子供「子供の歯磨き」を始める時期は、1歳前後に始めましょう。
歯が生え始めた子供には、一般的なガーゼや市販品の歯磨きガーゼなどを利用します。このガーゼで、拭いてあげてください。

1歳前後の子供は、まず大人しく歯を磨かせてはくれません。なので大変だと思いますが、頑張りましょう。
聞くところによると、大泣きしている子供を押さえつけて歯を磨くなんて事も、しょっちゅうあるそうです。

「歯磨き」の仕方としては、歯と歯の間、歯と歯茎の間、かみ合わせ部分について、よく磨いてあげましょう。

軽く「振動させる感じ」で磨きます。
強くブラシを当ててしまうと、子供は痛がります。特に、上の歯茎にある「一本の皮」の部分は、子供が「とても痛がる部分」です。なので注意して磨いてあげてください。

歯の内側については、カスが溜まりやすいです。なので歯ブラシの先で、かき出すようにしましょう。

なお、

「ちゃんと歯磨きをしないと、虫歯になっちゃうよ!」
というような事を、言わないでください。

余計に子供が「歯磨き」を嫌がってしまうことが、あるからです。

子供に歯磨きさせる方法

一般的に言って、子供は歯磨きするのを嫌うと言われています。ですが「歯磨き」は、虫歯予防に大切な事です。どうすれば、子供の「歯磨き」を習慣づける事ができるでしょうか?

その方法の一つは、

「お父さん」や「お母さん」が歯磨きしている姿を、見せてあげることです。

毎日毎日、歯を磨いている姿を子供に見せます。親が歯磨きしているのを見ると、子供は「歯磨き」に興味を持つようになって来ます。そして、物真似したくなって来ます。親子で一緒に歯ブラシを持って磨くことは良い、と思います。

その時、子供に歯ブラシを与えてみてください。子供自ら、「歯磨き」を始める事でしょう。
あとは、ほめてあげる事も忘れないでください。「子供の歯磨き」が無事に終わったなら、

「うまく磨けたね」
 

と、ほめてあげましょう。

子供に無理やり「歯磨き」をさせようとしても、かえって反発されてしまうものです。興味を持たせるように、仕向けましょう。

まずは子供に歯ブラシを持たせてあげましょう。歯ブラシを持たせて、自由にさせてあげます。それから最後に「お母さん」が、「仕上げ磨き」をしてください。「仕上げ磨き」の時は、水で歯ブラシを濡らして優しく磨くだけで良いでしょう。

なお、「歯磨き」をさせるタイミングは、子供の機嫌が良い時(例えば眠たくない時)が良いです。

虫歯を予防できる、子供用の歯磨きグッズ

子供用の電動歯ブラシ

「子供に電動歯ブラシを使わせて、問題ないの?」
 

歯磨き親御さんの中には、こんな疑問を持っている方がいるでしょう。ある歯科医によると、乳歯が生え揃っているなら、特に問題ないそうです。

ですが、子供が一人で電動歯ブラシを使うのは「おすすめできない」という事です。
なぜなら、うまく使えない事が多いからです。「磨き残し」があったり、歯茎を傷つけてしまったりというトラブルが、起きやすいからです。なので親の指導の下で、子供に歯磨きさせる事になります。

子供の中には、電動歯ブラシの振動を嫌がる子もいるかもしれません。そんな場合は、普通の「手磨き」にしたほうが良いです。

なお、子供用の電動歯ブラシという物もあります。やはり子供用のほうが、子供にとって使いやすい歯ブラシと言えます。販売店などで、子供用の電動歯ブラシを探してみましょう。

360度歯ブラシ

もうかなり昔の事になりますが、幼児だった頃、私は虫歯だらけでした。当時360度歯ブラシみたいな物があったら、虫歯を予防できたかも?と思いました。
幼い子供にとって、歯を磨く事はよくわからない事なのかもしれません。だから進んで歯を磨こうとしないのかもしれません。ですが虫歯を予防するには、「歯磨き」は欠かせません。

歯の治療は、子供にとって恐ろしい出来事と言えるでしょう。なので、360度歯ブラシみたいな便利な歯ブラシを活用して、お子さんの歯の健康を守ってください。

フッ素ジェル

フッ素ジェルは、虫歯予防に使われています。低濃度の物なら、家庭で使えます。歯医者さんで購入できます。
毎日継続して低濃度のフッ素ジェルを使うと、虫歯予防の効果を得られると言われています。歯磨き粉が使えない子供にも、フッ素ジェルを塗ってあげることができます。

なお、高濃度のフッ素溶液については、歯医者さんや保健センターなどで塗布してもらえます。定期的(3ヶ月おき)に通うと、より高い効果を得られるでしょう。

また、歯磨き粉の中にも、フッ素入りの物が市販されています。ぜひ利用してみましょう。

子供の歯を守ってあげましょう

「子育て」には、大変な事がたくさんあります。「子供の歯磨き」も、その中の一つでしょう。子供の歯を守ることは、親の大事な仕事です。

赤ちゃんで前歯だけの状態の時は、歯を拭いてあげるだけで充分です。
本格的に歯を磨いてあげるのは、前歯が生え揃って奥歯も生えて来てからです。

子供の歯は、とても小さいです。よって歯ブラシの先端だけを使って、細かく震わせるように動かします。
子供に「痛さ」を感じさせないように、優しく磨いてあげてください。上唇の内側あたりの、子供が嫌がる部分に特に気をつけながら、磨いてください。

もしも子供が、自分で「歯磨きをやりたい」と言ったら、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせてあげてください。子供は、歯ブラシをガジガジ噛んで、すぐにダメにしてしまいますが、持たせましょう。

そして、出来るだけ子供の機嫌を損ねないようにして、「歯磨きって楽しい事」という雰囲気を作りましょう。そのほうが、歯磨きしやすいでしょう。

親が愛情を持って「歯磨き」をしてあげれば、子供はきっとわかってくれるはずです。