親の歯磨き姿を見せる事・子供に自分で歯磨きさせる方法

子供の歯磨き、いつから始める?

歯磨きする子供「子供の歯磨き」を始める時期は、1歳前後に始めましょう。
歯が生え始めた子供には、一般的なガーゼや市販品の歯磨きガーゼなどを利用します。このガーゼで、拭いてあげてください。

1歳前後の子供は、まず大人しく歯を磨かせてはくれません。なので大変だと思いますが、頑張りましょう。
聞くところによると、大泣きしている子供を押さえつけて歯を磨くなんて事も、しょっちゅうあるそうです。

「歯磨き」の仕方としては、歯と歯の間、歯と歯茎の間、かみ合わせ部分について、よく磨いてあげましょう。

軽く「振動させる感じ」で磨きます。
強くブラシを当ててしまうと、子供は痛がります。特に、上の歯茎にある「一本の皮」の部分は、子供が「とても痛がる部分」です。なので注意して磨いてあげてください。

歯の内側については、カスが溜まりやすいです。なので歯ブラシの先で、かき出すようにしましょう。

なお、

「ちゃんと歯磨きをしないと、虫歯になっちゃうよ!」
というような事を、言わないでください。

余計に子供が「歯磨き」を嫌がってしまうことが、あるからです。

子供に自分で歯磨きさせる方法

一般的に言って、子供は歯磨きするのを嫌うと言われています。ですが「歯磨き」は、虫歯予防に大切な事です。どうすれば、子供の「歯磨き」を習慣づける事ができるでしょうか?

その方法の一つは、

「お父さん」や「お母さん」が歯磨きしている姿を、見せてあげることです。

毎日毎日、歯を磨いている姿を子供に見せます。親が歯磨きしているのを見ると、子供は「歯磨き」に興味を持つようになって来ます。そして、物真似したくなって来ます。親子で一緒に歯ブラシを持って磨くことは良い、と思います。

その時、子供に歯ブラシを与えてみてください。子供自ら、「歯磨き」を始める事でしょう。
あとは、ほめてあげる事も忘れないでください。「子供の歯磨き」が無事に終わったなら、

「うまく磨けたね」
 

と、ほめてあげましょう。

子供に無理やり「歯磨き」をさせようとしても、かえって反発されてしまうものです。興味を持たせるように、仕向けましょう。

まずは子供に歯ブラシを持たせてあげましょう。歯ブラシを持たせて、自由にさせてあげます。それから最後に「お母さん」が、「仕上げ磨き」をしてください。「仕上げ磨き」の時は、水で歯ブラシを濡らして優しく磨くだけで良いでしょう。

なお、「歯磨き」をさせるタイミングは、子供の機嫌が良い時(例えば眠たくない時)が良いです。

子供の歯を守ってあげましょう

「子育て」には、大変な事がたくさんあります。「子供の歯磨き」も、その中の一つでしょう。子供の歯を守ることは、親の大事な仕事です。

赤ちゃんで前歯だけの状態の時は、歯を拭いてあげるだけで充分です。
本格的に歯を磨いてあげるのは、前歯が生え揃って奥歯も生えて来てからです。

子供の歯は、とても小さいです。よって歯ブラシの先端だけを使って、細かく震わせるように動かします。
子供に「痛さ」を感じさせないように、優しく磨いてあげてください。上唇の内側あたりの、子供が嫌がる部分に特に気をつけながら、磨いてください。

もしも子供が、自分で「歯磨きをやりたい」と言ったら、赤ちゃん用の歯ブラシを持たせてあげてください。子供は、歯ブラシをガジガジ噛んで、すぐにダメにしてしまいますが、持たせましょう。

そして、出来るだけ子供の機嫌を損ねないようにして、「歯磨きって楽しい事」という雰囲気を作りましょう。そのほうが、歯磨きしやすいでしょう。

親が愛情を持って「歯磨き」をしてあげれば、子供はきっとわかってくれるはずです。