女性だからこそ慎重に選びたい、アロマテラピーサロンの選び方

アロマテラピーサロンの選び方

エステ施術最近では、アロマテラピーサロンが増えてきました。普通のエステサロンとは違い、マッサージに加えて「香りの癒し」があります。

しかし実際に行くサロンについては、慎重に選びたいものです。女性にとっては、裸になる場合もあるからです。

ここではアロマテラピーサロンを選ぶポイントについて、お話したいと思います。

大手のサロン

全国的に展開されていて流行ってそうなサロンなら、大丈夫そうな気がします。

ただしもしかしたら、アロマオイルやハーブティなどの美容グッズを勧められることが多いかもしれません。お店が大きくなっている理由の一つに「儲かっている」ということが、あるからです。物販というマッサージ以外の収入も多いのかな?と思ってしまいます。

電話で問い合わせ

次に、個人で経営されているアロマテラピーサロンについてです。これについては、事前に情報がないのに行くのは、不安があります。部屋に二人っきりになるからです。

選ぶポイントとしては、「電話で問い合わせ」です。声を聞けば話し方などで、少しは相手の様子がわかります。

顔写真

その他に事前にわかる情報としては、ホームページがあると思います。そこに顔写真があれば、さらに良いです。
個人サロンのホームページ(ブログ)で、アロマオイルの話題などをマメに書き込んでいるなら、仕事に熱意がある人と予想できます。

大手サロン・個人サロンのどちらにも言えるのですが、人間関係には相性があると思います。安心できて好きになれる「お店」を、選びましょう。

女性スタッフ

リラクゼーションのサロンでは、通常のマッサージは、衣服の上から行なわれます。そのため、マッサージをする人が男性であるか女性であるか、そんなに気にしなくても良いでしょう。

しかし、アロマオイルを使うマッサージでは、手が肌に直接触れます。なので女性側からすると、女性にマッサージをしてもらうことを希望することになります。

国家資格

アロマのマッサージ店に行く場合、アロマオイルの効能に詳しくて、その時の状態に合うエッセンスを使用してもらえる所に行きましょう。そのような店なら、マッサージとアロマオイルの相乗効果を期待できます。

ちなみに、店を開いてマッサージをする人は、エステサロンなどの一部を除いて国家資格が必要です。可能なら、国家資格を取得しているマッサージサロンに行くと安心でしょう。

気分に合わせて、マッサージしてもらいましょう

アロマオイルでマッサージすることは、鼻からの「香り」の作用と皮膚からの吸収というダブルの効果を期待できます。

また、アロマテラピーでは、その時の気分に合わせて調合できる点が魅力的です。
少し疲れ気味の時は、まるで森林浴をしている気分になれるローズウッドをベースに、調合してみましょう。

「体のだるさ」から「やる気のなさ」を感じる場合、レモンが良いでしょう。レモンのアロマオイルには集中力を高める効能、胃の機能を活性化する効能があります。「レモンの香り」は爽やかで、一瞬、鼻から「香り」を吸い込むだけでも「気持ち」がシャキっとするでしょう。

明るい気分になりたい時は、柑橘系が良いでしょう。
リラックスしたい場合は、「ラベンダー」や「甘い香り」も調合すると良いです。

お店のスタッフさんに、希望のアロマ製油を指定してマッサージを依頼しましょう。