3つの点で決めた、幼児英語教材の選び方

幼児英語教材の選び方

子供に幼児英語を学ばせたいと思った時、どの教材を選べば良いか?よくわからない人も多いと思います。

一つの例として、私が「教材選び」で重視した点を言うと、

  1. 家庭で学ばせることができる事
  2. リトミックなどの音楽を楽しみながら、学べる事
  3. 子供が本当に楽しんでいる事

これら3つの点でした。これら3つの点を満たす教材を選ぶために、無料で「お試しできる教材」について、いくつか資料を請求しました。

それぞれの教材において、子供が英語を覚えやすいようにする特徴が見られました。私が重要視した点が全て含まれている教材も、いくつか見つかりました。
それらの中から、デザインや学ぶ期間、料金やサポートなどが充実している教材を一つ選びました。

選んだ教材の良かった点

私が子供のために選んだ教材には、

  • 映像を見て楽しく学べる事
  • 可愛いキャラクターがいる事
  • アルファベットを覚えるテンポが良い事

など、良いと思える点がありました。

当初その英語教材は、アルファベットだけを集中的に覚える教材のように思えました。
しかしアップルやバナナなど、子供が覚えやすい単語を覚えさせる事を重視した教材でした。
アルファベットの映像を見せる場合についても、子供が真似したくなるようなリズム感がある映像になっていました。

他にも英語の絵本があったり、親がどうやって、この教材を使っていけばいいのかなど、親に対するサポートもありました。なので、とても満足でした。

ちなみに私は、子供を持つ「お母さんたち」の事を紹介しているサイトやブログの記事も、参考にしました。例えば「育児中のママ向けのサイト」では、子供に英語を学ばせている「お母さん」の様子を知ることができました。とても参考になりました。

結局、私が選んだ教材の料金は20万円ほどでした。かなり高額ですが、小学校就学前まで使えて、途中で退会できる教材でした。子供に合わない場合は途中退会できる点と、教材が豊富な点、デザインが良い点が気に入って、購入しました。

なお、幼児英語の教材については、高額な料金が掛かる場合が多いようです。
もしも高価な教材を購入する場合は、焦らずに情報を収集しましょう。料金が安い教材も、探すようにしましょう。

勧誘に注意

英語教材の人気が高いということもあって、多くの親たちにおいて困った問題が起きているそうです。その問題とは、英語教材の勧誘です。

私はあまり勧誘されませんでしたが、英語教材の「しつこい勧誘」に迷惑している親たちが多いようです。
もちろん、教材に対して自信を持って勧誘している会社もあると思います。しかし親たちから見れば、どの勧誘も同じと言えます。酷い会社は、断っても家に訪問して、営業をする場合もあるそうです。

以前に私が、子供に合う英語教材を探していた際、何回か電話が掛かってきました。ですが一度断ったら、その後電話を掛けてくることはありませんでした。

ちょっと変わった勧誘方法としては、スーパーなどの「くじ引き」を「きっかけ」に勧誘してくる方法もあったと聞きます。その「くじ引き」の賞品として、幼児英語を無料で学べるという賞品があったそうです。だけど無料で学べると言いつつ、結局は有料教材の勧誘だったそうです。

以上色々と言いましたが、お客のことを大切にしてくれる英語教材の会社は、きっとあると思います。信頼できる会社から、良い教材を買うようにしましょう。
もしも、しつこい勧誘とわかったら、「いらない」とキッパリ断りましょう。

子供の可能性を広げる幼児英語

英語を学ぶ子供たち子供に英語を学ばせたいという「お母さん・お父さん」は、多いと思います。
子供に英語を学ばせることは、子供を成長させて可能性を広げることに繋がると思います。

ところでネット上にて幼児英語の教材や教室を検索すると、多くの教材や教室が見つかります。幼児英語は、今では当たり前という感じになっています。
そして多くの親たちが、幼児英語を学ぶことは子供に良い影響を与えると、思っているようです。なので、英語の資料請求や無料体験を行なう親たちが結構いる、ということです。じっくりと幼児英語の教材を調べて、子供に合った教材をぜひ選んでください。

あと、学ばせたいけれど金額を多く出せないという人には、幼児英語のDVDやCD、英語の絵本を購入して一緒に見たり読んだりするだけでも、楽しく英語を学べると思います。

購入しなくても、レンタルショップでレンタルしたり図書館で借りたりできます。これなら格安で、英語を学べると言えます。
また、中古の幼児英語教材を販売しているサイトも、あるそうです。検索して探してみましょう。

子供はもちろんの事、親にもピッタリ合う英語の教材を使って、子供の英語力を伸ばしてあげましょう。

英語
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム