目的に合う香水の選び方

香水を使う目的

香水を使う目的は、

  • 他の人に対して主張するため
  • 自分が楽しむため

主に「この2つの目的」になるでしょう。

他の人に対して主張するとは、自分のイメージをアピールするといった意味になります。相手に対して、自分をどのように見せたいのかという点が重要となります。
可愛らしく見せたいのか、清潔感を演出したいのか、セクシーさを伝えたいのか、それぞれの目的に「ふさわしい香水」を選ぶ事になります。
例えば「石鹸の香り」は、清潔感を演出するのに良いでしょう。そして「オリエンタルでフローラルな香り」は、「あなたのセクシーさ」をアップしてくれるかもしれません。よく聞くのは、「桃みたいな香り」だったりします

次に、自分が楽しむために香水を使いたい場合、自分がどんな気持ちになりたいのか?理解しましょう。リラックスしたいのか、刺激を得たいのか、自分の希望を再確認しましょう。
一般的には、リラックスしたい場合は柔らかいフローラル系の香り刺激を得たい場合はシトラス系の香りが良い、と思います。

香調による香水の分類

香調(こうちょう・「どんな感じの香り」がするか)によって、香水を分類できます。主な分け方は、「シトラス」と「フローラル」という2つに分ける「やり方」です。
シトラスの香り」は、柑橘系のフルーツの香りです。「主な香り」は、レモンライムです。
フローラルの香り」は、「花の香り」となります。特に「バラジャスミンの香り」が多いようです。

その他の分け方では、「オリエンタル」「シプレ」「フゼア」という分け方もあります。
オリエンタルの香り」とは、バニラなどの天然樹脂系をベースにした香りです。
「シプレ」は、コティ社の香水「シプール」から付けられた名称です。ベルガモット、オークモスを基調とした香水の香りになります。
「フゼア」は、ウビガン社の香水「フゼア・ロワイヤル」から付けられた名称です。ラベンダーやゼラニウムという植物を基調にした香水の香りです。

香水の選び方

店員さんに相談する

どの香水を選んだらいいのか?よくわからない場合は、店員さんに相談しましょう。目的に合った系統の香水を教えてもらえる、と思います。

特に「初めて使用する香水を購入する」なら、実店舗に出かけて購入する事を「おすすめしたい」です。なぜなら「香り」を実際に確かめてから、買っていただきたいからです。「実際の香り」を確認して、心地良い香りである事を知った上で買うと良いです。

店舗で香水を購入する際は、出来るだけ店員さんに「希望する香りの系統」を伝えましょう。そしてアドバイスをもらいましょう。店員さんとコミュニケーションするのが苦手という方も、いるかもしれません。だけど出来る限り相談してください。

サンプルを試す

香水頭の中に描いているイメージ通りの香水が欲しい場合、いきなり一つの香水を買う必要はありません。店頭で実際にサンプルを試してみると良いです。
実店舗には、お試し用の紙が置いてあります。それに香水を吹きかけて「香り」を確かめます。お試し用の紙を使えば、自分の身体に香水を付けずに「香り」を確認できます。

なお、ボトルから直接匂いを嗅ぐのは、やめたほうが良いです。特に濃度が濃い香水の場合は、嗅いではダメです。「香り」がキツすぎるからです。実際に身体に付けた際の「香水の香り」と、かけ離れています。なので参考にならないでしょう。

あと、香りの確認に関する注意点として、香りの種類は「1日当たり2種類から3種類くらいまで」にしてください。一度に「たくさんの匂い」を嗅ぐと、最後のほうになると判別できなくなってしまうからです(匂いを感じ取れなくなってしまうからです)。

なお、香水販売店に行くと、「店内の香り」が強い事に驚くかもしれません。数多くの香水を置いてあるので、「匂いが強い」のは仕方がないと言えます。
たまにですが、「強い匂い」を嗅いだために体調が悪くなった人もいると聞きます。気をつけてください。

ところで、以前に使った事のある香水を再び購入する場合については、実店舗でも通販サイトでも良いです。「買いやすさ」や「価格の安さ」などでメリットを感じるほうで、購入すると良いです。