贈り物の「お菓子の選び方」

お世話になった方に何か贈り物をする際、お菓子を贈ってみましょう。けっこう喜ばれる品物だと思います。お菓子には様々な物がありますが、私だったらバウムクーヘンの「ちょっと高級な物」をもらってみたいです。バウムクーヘンなら私だけでなくて、家族みんなで美味しくいただけるので良い、と思いました。

贈り物として「お菓子」を贈る場合、一般的に和菓子または洋菓子のどちらかを選ぶことになります。そして一般的には贈る相手の年齢に合わせて「若い人なら洋菓子」を選ぶ、「年配の人なら和菓子」を選ぶようです。

和菓子の場合では、「せんべいの詰め合わせ」や「羊羹(ようかん)」を贈ることが多いです。
なお和菓子を贈る際に、注意したい点があります。それは相手が「お年寄り」の時、「おかき」や「おせんべい」を贈れば良い、と始めから決めつけない事です。もしも歯が弱い人の場合、それらを食べられない事(食べにくい事)があるからです。

洋菓子を贈る場合では、クッキーや焼き菓子など、色々とオシャレな物があります。お年寄りの方でも、意外と洋菓子を喜ぶ事が多いようです。

贈り物の「お菓子」の予算については、ちょっと聞いたところでは3000円あたりが多いようです。その他では5000円や10000円という答えもありました。

ちなみに「お菓子以外の贈答品」としては、ビールやハム、海産物などが人気のようです。もしも相手が「お菓子好きでない」なら、ビールなどの品物を贈るほうが無難でしょう。

贈り相手に合わせた選び方

贈り物の「お菓子」を選ぶ際、それを「いただく人の状況」によって選ぶほうが良い場面があります。
もしも大人数で「お菓子」を食べるなら、大缶に入っている「クッキー」や「おせんべい」が良いでしょう。みんなで一緒につまんで食べられるからです。

夫婦二人など少人数で「お菓子」を食べるなら、個別包装された「お菓子」が良いでしょう。少しずつ食べてゆけるからです。個別包装されているので、消費期限も長めだと思います。よって、あせらずゆっくりと食べる事ができます。

または、その時の季節を考慮して選ぶのもいいと思います。暑い夏の季節なら、アイスクリームが美味しいと思います。ひんやりしたアイスは、夏の贈り物としてとても良いと思います。

年齢層が幅広い場合は、和菓子と洋菓子が詰め合わせになっているセット品が良いでしょう。年配の方がいるなら、やはり和菓子があったほうが喜んでもらえるかもしれません。

幼い「お子様」がいるなら、「洋菓子の詰め合わせ」が良いと思います。子供さんは、クッキーやケーキが好きだと思うからです。
そう言えば、小さな「お子さん」がいる家庭では、甘すぎる「お菓子」を好まないと聞いた事がありました。その理由は、甘すぎる「お菓子」は子供の健康に良くない、と親御さんが考えているからです。せっかく甘くて美味しい「お菓子」を贈ったのに、喜んでもらえないのはがっかりです。「親御さんの考え」を事前に聞いておくほうが安心です。

もしも「コーヒー好き」の人に贈り物をするなら、クッキーを贈ると喜ばれるでしょう。

候補の一つ・お菓子のクッキー

クッキーの詰め合わせ贈り物用のクッキーは、色々な種類のクッキーが詰め合わせになっている物が多いです。「相手の好み」がよくわからない時は、洋風から和風まで様々な種類のクッキーが入っている物を選ぶと良いでしょう。

クッキーの包装のされ方も、確認しておきましょう。クッキーの全部が一袋に包装されている物や種類ごとにまとめて包装されている物、一つ一つのクッキーが個別に包装されている物などがあります。
相手の家族が多い場合は、一袋に包装されているクッキーでも問題ないでしょう。みんなで手軽につまんで食べられます。
家族が少ない場合や、一人暮らしの場合は、個々に包装されている物が便利だと思います。
相手に合ったタイプのクッキー商品を、選んでください。