汚れた壁を掃除する方法

壁の掃除方法

いつも床掃除だけ行なっているなら、たまには壁も掃除してみましょう。
なお、壁の掃除は、その材質や汚れの種類によって少し変わってきます。例えば洋室の壁を掃除する場合、出来るだけ水分を使わないほうが良いと言われています。
以下に、ビニールクロスの壁掃除の仕方について、ご紹介したいと思います。

黒っぽい汚れ

テレビなどの電化製品が壁に接近している場合に、薄くて「ぼや~ん」と黒くなっている「汚れ」が出来たりします。これは、ホコリやススが堆積した物です。

「汚れ」の部分を、まずは掃除機でよく吸い取りましょう。
その後、「少量の水を含ませたクリームクレンザー」と「亀の子たわし」で、こすります。
そして洗剤を落とすために「水拭き」をして、その上から「乾拭き」をして水分を残さないようにします。

ヤニなどの黄ばんだ汚れ

まずは掃除機で、表面のホコリをよく吸い取ります。
ホコリを吸い終わったら、住居用アルカリ性洗剤(スプレータイプ)などでスプレーします。
この時、洗剤が垂れないように注意してください。

次に「水で湿らせた亀の子たわし」などで、円を描くように丸く軽くこすっていきます。
「デコボコに入った汚れ」をかき出す事が、目的です。

小さな泡が出てくるので、その泡を清潔な布でコマメに拭っていきます。
汚れた部分が綺麗になるまで、何度か繰り返します。

ボールペンの汚れ

「ボールペンの汚れ」は、時間が経つほど落ちにくくなります。

ボロ布にエタノールをつけて、拭き取ってみます。多少薄くなるかもしれません。
その後メラミンスポンジに、少量の水分を加えたクリームクレンザーをつけます。
汚れた部分を、何回か軽くこすってみます。
最後は、歯ブラシにクリームクレンザーをつけて、少し水分を加えて擦ります。
その後、丁寧に「水拭き」をして、洗剤成分を残さないようにします。

それでも落ちない場合は、「白色の壁」の場合は、塩素系漂白剤を水で薄めた物を歯ブラシにつけて擦ります。
5分から10分経ったら、洗剤が残らないように丁寧に水拭きします。
何日か繰り返すと、少しずつ綺麗になって行きます。

「柄物の壁紙」の場合は、酸素系漂白剤を使います。使用方法は塩素系漂白剤と同じです。

子供の落書き

子供の落書き壁の掃除で「手こずる汚れ」と言えば、お子さんが「いたずら」で描いた落書きでしょう。マジックやクレヨン、鉛筆で描かれた落書きの「汚れ」を落とすのは、かなり大変です。

「マジックの汚れ」に対しては、灯油やマーガリンという油が有効とされています。

「クレヨンの汚れ」については、歯磨き粉をつけてブラシでこすると取れるそうです。あと、アイロンで熱すると取れやすくなるそうです。

「鉛筆の汚れ」については、消しゴムが一番有効です。なお、消しゴムを使って、「他の汚れ」を消せる場合があります。「壁の落書き」を消したい場合、まずは消しゴムを使ってみると良いでしょう。

補足:油性マジックやクレヨンの「汚れ」について。
住居用の弱アルカリ洗剤とクリームクレンザーを混ぜて、清潔な布につけて拭きます。
デコボコなクロスの場合は、歯ブラシなどのブラシに洗剤をつけて、軽くこすると落としやすいでしょう。

業務用の洗剤を使ってみましょう

「壁紙についた汚れ」を落とす、業務用の洗剤があります。

そのような洗剤の例として、天然植物系洗剤があります。「壁紙の汚れ」を落とし、ホルムアルデヒトなどの有害物質を吸着したり、低減したりします。
その他にも、100%電解アルカリイオン水のみで作られた物があったりします。界面活性剤やアルコールなどを使用していない洗剤なので、人体にも環境にも優しいということです。キッチンなどにも、安心して使えます。

使用方法は、布にスプレーしてサッと拭き取るだけです。「煙草のヤニ」や「油汚れ」など、なかなか落ちない「しつこい汚れ」を綺麗に落とせます。拭き取り後では、以前と比べてサラサラすべすべになるようです。

業務用の洗剤ということより、「汚れ」の内部に浸透する力が強くて、素早く「汚れ」を浮き上がらせます。よって、「細かいデコボコがある面に付いた汚れ」も、簡単に落とせるそうです。