乱視の矯正方法

レーシックによる乱視の矯正

もしも軽度の乱視なら、メガネでも十分に矯正は可能です。しかし強度の乱視の場合、メガネでは矯正しきれない事があります。そのような人の場合は、ハードコンタクトや乱視用コンタクトなどで矯正している場合が多いと思います。

でもコンタクトを装着するのは「やっぱり苦手」という人がいる、と思います。
その他にも、コンタクトを使っているためにマリンスポーツをできない。
乱視用コンタクトをしているけれど、希望の視力にならない。

このような不満を感じている方がいるかもしれません。そんな時、乱視のレーシック手術によって改善できるかもしれません。専門医に相談してみましょう。
以前では、乱視が複雑な場合は、手術で治療できなかったそうです。しかし新たな技術の進歩により、複雑な乱視でも治療できるようになってきました

近年では、レーシックは近視治療の方法として多くの人に受け入れられています。実は、レーシックで矯正できることは、近視だけではありません。乱視や遠視についても、レーシックで矯正できたりします。
特に、メガネやコンタクトレンズで矯正することが難しい乱視がある場合では、レーシックによる矯正を考えてみても良いでしょう。

安全と言える、メガネによる乱視の矯正

視力のトラブルにおいて、意外と厄介なのは乱視です。その乱視を矯正する際、

一番手軽で安全性の高い手段は、メガネを掛ける事でしょう。

眼鏡ご存知の通りメガネは、そのレンズが目の角膜に接触していません。コンタクトレンズと比べて、目の衛生上において、とても安心できると言えます。

ただしメガネによる矯正では、問題点もあります。
メガネを通して見た際、違和感を感じる点などです。空間視の違和感と言われたりすることで、確かに「はっきり見える」けれども、なんだか違和感を感じる視界になっている場合があります。

そのような違和感は、高度な検査処方技術によって、ある程度改善できるそうです。メガネを作る際は、眼科医で「しっかりと目の検査」を行ないましょう。そうすれば、自分の目の状況に合ったメガネを作れると思います。

ちなみに自分の目が乱視である場合、倒乱視なのか直乱視なのか重要であると言えます。なぜかと言うと、倒乱視は「頭痛や肩こり」という症状の原因となるからです。
日常生活において、恒常的に「頭痛や肩こり」があると支障が出てきます。放っておけない症状だと思います。

視力回復
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム