見た目が悪くて悩む、ニキビ跡の治し方

悩みの種・ニキビ跡

気になるニキビ跡以前にニキビができた際、自分で潰してしまい、ニキビ跡が残ってしまった。そして今現在、そのニキビ跡で悩んでいる。そんな方もいるでしょう。

ニキビ跡の中には、

  • 皮膚が陥没している物(ニキビ瘢痕・はんこん)
  • 茶色っぽい色素が沈着している物

などがあります。どちらも肌のトラブルと言えます。

ニキビ跡は、どのようにしてできるのでしょうか。
人間の皮膚は、傷ができても自分で治す力を持っています。その時、固い治癒性のコラーゲンがたくさん作られて、傷を治します。

毛穴に対しても同じことが起きます。ニキビが破裂して毛穴が傷つくと、治癒性のコラーゲンが集まります。そして開いた毛穴が「そのまま固まってしまった物」が、ニキビ跡となります。

小さなニキビ跡は、単なる「毛穴の開き」のようにも見えます。しかし実は、全く違う物です。

このようなニキビ跡を残さないようにするためには、正しい処置を行なう必要があります。自分で何となくケアするよりも(間違ったセルフケアをするよりも)、きちんと皮膚科を受診してニキビ治療を行なうほうが、より安全に治療できます。

ニキビ跡の治し方

ニキビ瘢痕に対する治療には、しわ取りレーザーを使って皮膚組織を整える方法があります。

または、浅い陥没の場合ならグリコール酸ピーリングを行なうことで、陥没の段差を目立たなくさせる事もできるようです。
深い陥没の場合では、トリクロロ酸やサリチル酸という、やや強めの酸を用いたピーリングが行なわれるようです。

色素の沈着による「しみ」の場合は、レーザー治療やケミカルピーリングを行なう事で目立たなくさせる事ができるそうです。

このような治療方法がありますが、ニキビ瘢痕を治すのは「結構大変な治療」となります。なのでニキビ跡を残さないように、正しい治療方法でニキビを治す事が大切と言えます。

治療方法の一つ・ビタミンC誘導体

以前では、ビタミンCは壊れやすくて肌に浸透しにくい成分でした。しかし現在では、ビタミンC誘導体という壊れにくい成分があります。
ビタミンC誘導体という成分は、肌に蓄積してしまったメラニンの生成を抑えて、「しみ」や「そばかす」などの肌トラブルを防いでくれます。

そしてビタミンC誘導体は、ニキビ跡の治療でも用いられています。

ニキビ跡の治療方法の一つとして、リン酸型ビタミンC誘導体を用いる方法があります。

リン酸型ビタミンC誘導体とは、ビタミンCとリン酸が「くっついた物」と言えます。通常のビタミンCの約10倍の効果を期待できる成分と言えます。

ビタミンC誘導体には、メラニン色素が作られる段階の手前で、黒色から淡色に還元する作用を期待できます。

ニキビ跡に対しては、メラニンを薄くする効果を期待できます。ニキビ跡として残っている色素沈着の「しみ」が、薄くなるでしょう。
また、メラニンの合成を阻止することから、色素沈着を防止できるでしょう。

フェイスケア
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム