食事をクッキーに置き換えて、ダイエットする方法

食事の代わりにできるクッキー

おいしいクッキークッキーでダイエットするメリットの一つに、食事の代わりになる事があります。

なお、食事の回数については、1日3食しっかり取る必要があります。
もしも食事の回数を減らして「まとめて食べる」と、糖分が分解しきれずに、どんどんインスリンが脂肪として溜まっていきます。

クッキーの置き換え方

クッキーダイエットの方法を、ご紹介したいと思います。すぐに痩せたい人は、

1日3食のうち朝食または昼食を、クッキー5枚くらいに置き換えてみましょう。

特に、朝食や昼食がカロリーオーバーとなっている人は、試してみましょう。

忙しい時期では、なかなか朝食を取れない人もいると思います。そのような人は、野菜ジュースなどと一緒に低カロリーなクッキーを食べると、朝食になります。
ダイエットクッキーなら、通勤電車の駅や勤務先でサッと食べたりできるので、とても便利です。

ところで夕食をクッキーに置き換えることは、なかなか難しいと思います。夜に「お腹」が空いてしまい、気になって眠れないかもしれません。
まずは朝食または昼食について、普段の食事メニューからクッキーに置き換えてみてください。

ダイエット用のクッキーなら「腹もち」が良いので、それほどツラくないと思います。
でも、どうしても空腹が我慢できない人は、初めは「ご飯」や「パン」の代わりにクッキーを食べて、「おかず」を控えめに食べるようにしてください。

普段の食事を低カロリーな物に置き換えるというダイエット方法は、よく行なわれている方法と言えます。例えば、朝食を野菜ジュースなどに置き換える方法などがあります。
ただし間違った「やり方」で行なうと、体調が悪くなったりします。健康管理に気をつけましょう。

よく噛んでクッキーを食べましょう

クッキーダイエットでは、よく噛んで食べましょう。噛むことによって、だ液の分泌を促進させて消化を助けることになります。

また、噛むことによって、

満腹中枢を刺激して「食べ過ぎ」を防いでくれたり、エネルギーの消費量を増やしたりする効果もあります。

実は噛むことは、ダイエットする際、とても大切なことです。噛むという行為は、交感神経を刺激してエネルギーの消費を高めます。

また、噛むことによって、ヒスタミンというホルモンを多く分泌します。このヒスタミンは満腹中枢を刺激してくれます。なので「食欲を抑える働き」になり、食べる量が自然と少なくなる事を期待できます。

ダイエット食品
この記事をシェアする

グッズ・メモランダム